ご褒美型わくわくダイエットアプリ!

ダイエットBOXは、今までの「ツラい」「キツい」「楽しくない」「我慢」といったダイエットをもっともっと楽しくするためのアプリです。

招待コード:goobaを使って登録すると、ナント100ポイントもらえます!

観光

最上義光歴史館の見どころ!山形市の基礎を創り上げた戦国武将の歴史館!【山形県山形市】


山形県山形市にある最上義光歴史館のご紹介です。皆様は山形繁栄の基礎を築いた戦国武将最上義光をご存じでしょうか。悪役や脇役のイメージが付き纏いますが、本来の最上義光の人物像を知っている方はそう多くはないかもしれません。実際に最上義光の生きた軌跡を辿れば、側室に娘を取られて秀吉に殺された悲哀な運命の中、文人としての才も備え、連歌では戦国大名中随一といわれているなど、魅力ある武将だったという事が分かり、見方がすっかり変わるのではないでしょうか。そんな奥深い人物である最上義光の貴重な資料や、実際に使われていた数多くの展示品を紹介する最上義光歴史館を、存分にご紹介いたします。

スポンサードリンク

美しい外観の最上義光歴史館の建造物

最上義光歴史館は、散逸の危機にあった最上家関係の資料を収集、保管、調査研究を行い、その資料から研究結果まで広く一般に公開しています。

義光公はもちろんの事、最上家を顕彰する施設として山形市が建設し、平成元年12月1日に開館しました。

建物の前には前庭として白を基調とした泉が創られ、開館当時は鉄筋コンクリート造平屋建でした。

屋根が日本風の切り妻造りで、建造物自体はヨーロッパ風の建築様式が用いられ、前庭との調和を図った建物になっています。

その後、平成4年2月に

  • 収蔵庫
  • 第二展示室
  • 研修室
  • 喫茶室等

を増設し、現在の鉄筋コンクリート造平屋建一部二階建になっています。

最上義光公ってこんな素敵な人物だった! 

最上義光公は今から約450年前の天文15年(1546年)1月に山形城で生まれました。

その山形城は現在の霞城公園になっている所にあたります。

霞城公園の見どころ!山形城跡を利用した市民憩いの桜の名所!【山形県山形市】

父親は義守(よしもり)といい、最上家の10番目の殿様です。義光公はその長男として生まれ、子供のころは「白寿丸(はくじゅまる)」という名前で呼ばれていました。

15才で「元服」し、将軍足利義輝から「義(ぎ)」という字をもらい「義光(よしあき)」と名乗ることになります。

25歳の時に11番目の殿様になり、戦争では無駄な命はとらず、降参した人や賢い人は家来にしています。

死ぬ人の数が少く、大切な町や田畑がこわされなくてすむ戦いを行っています。

その後数々の功績が認められ、57万石(徳川・豊臣を除いて全国第5位)という広い土地を管理する大大名(大名よりも格が上)になります。

66才のころには、慶長16年(1611)に従四位上・近衛少将という位をもらいました。

この様に長きにわたり山形市の土地を守り広げた大名として、山形市の歴史を語る上ではなくてはならない大名になるのです。

必ず見ておきたい義光公の兜

日本の甲冑は、鉄・皮革・漆・組紐・金工などさまざまな工芸技術を使って製作されており、世界の甲冑のなかでも彩りが豊かで独特の美しさがあります。

頭にかぶる兜は、

  • 頭部を護る半球状の鉢(はち)
  • 鉢の下縁に付けて頸部から顔の左右を保護するシコロ

からなります。

平安時代から江戸時代にかけて、

  • 星兜(ほしかぶと)
  • 筋兜(すじかぶと)
  • 当世兜(とうせいかぶと)

などが用いられていました。

その星兜や筋兜を手本とした復古的な兜は、現在の五月人形の兜にその面影を伝えています。

お子様と一緒にご覧になられてもきっととても印象に残るこの兜ですが、年齢問わず普段こんなに立派な兜を見る機会も早々ありませんので、是非一度ご覧になることをおすすめします。

スポンサーリンク

長谷堂合戦の屏風

館内には有名な作品や展示物は幾つもありますが、その中の1つが長谷堂合戦の屏風です。

長谷堂合戦とは慶長5年(1600)の関ヶ原合戦の地方戦です。山形県のほぼ全域で、東軍の最上軍と西軍の上杉景勝の重臣直江兼続の軍が戦いました。

長谷堂は山形城から目と鼻の先、山形市の西方に位置します。

屏風の右隻が9月15日の様子、左隻が10月1日前後の様子が描かれています。

最上軍、直江軍とも有名な武将は名前が表記され、大将の最上義光も直江兼続もしっかり描かれています。

とても貴重な屏風で、作者はこれまで戸部正直といわれてきましたが、近年その伝承について見直されています。

金をあしらい、色彩豊かに描かれた屏風を是非一度間近でご覧になってはいかがでしょうか。

最上義光歴史館の基本情報

  • 住所:〒990-0046 山形県山形市大手町1-53です。
  • 開館時間:午前9時 ~午後5時(入館受付は午後4時30分まで)で入館料は無料です。(2017年6月現在)
  • 休館日:月曜日(国民の祝日と重なる場合はその翌日)
    ※臨時で開館・休館する場合もあります
  • 鉄道:JR山形駅より徒歩約15分。
  • バス:霞城公園前バス停留所(大手町バス停)より徒歩1分。
  • 自動車:山形自動車道山形蔵王インターチェンジより約20分の距離にあります。

どの交通手段でもとてもアクセスしやすくなります。

山形市の他の観光・お出かけスポット

山形市の他の見どころをまとめました。

山形県山形市のおすすめ観光スポット7選!懐かしい古里を思わせる自然と歴史の町【山形県山形市】

最上義光歴史館の見どころ!山形市の基礎を創り上げた戦国武将の歴史館!【山形県山形市】のまとめ

最上家を没落した地方名族から大大名に押し上げ、全盛期を築き上げた英雄である最上義光公。教養豊かで人情味に溢れた人物ということが調査によりどんどん分かってきています。今までは表に出てきていませんでしが、今後更に調査が進むにつれてその類まれなる才能と、人柄に人気が集まるのも時間の問題ではないでしょうか。そんな魅力あふれる最上義光公の歴史に触れるために、是非一度足を運んではいかがでしょうか。

 

関連コンテンツ

ピックアップ記事

  1. 能代七夕「天空の不夜城」で灯籠が夜空を彩る!【秋田県能代市】
  2. 男鹿半島を遊覧船で島めぐり!【秋田県男鹿市】
  3. 夕張駅周辺の食事と観光スポットとは?【石勝線全駅制覇⑬】
  4. 雄平フルーツライン(アップルロード)をドライブ!【秋田県横手市】
  5. 不動滝で自然のパワーを感じる!【秋田県湯沢市】

関連記事

  1. 観光

    阿蘇神社を参拝してみましょう!歴史が古く神々の宿る神社【熊本県阿蘇市】

    熊本県阿蘇市にある阿蘇神社は、全国にある500の阿蘇神社の総本山です。…

  2. 観光

    小林一三記念館!小林一三の功績と美しい木々が見どころ!【大阪府池田市】

    大阪府池田町の小林一三記念館は、阪急電鉄の創始者でもあり、ビジネスの世…

  3. 観光

    石割桜の見どころ!今年のお花見は盛岡へ行ってみませんか?【岩手県盛岡市】

    岩手県盛岡市にある「石割桜」、あなたは見たことがありますか?日本の春を…

  4. 観光

    TOSC(トスク)本店の見どころ!鳥取の特産品を買うならココ!【鳥取県鳥取市】

    鳥取県鳥取市のTOSC本店について紹介します。鳥取県には「松葉ガニ」や…

  5. 観光

    ワインセラーよしもとの見どころをご紹介!徳島でワインといえばここ!【徳島県徳島市】

    徳島県徳島市にあるワインセラーよしもとは、熟成された美味しいワインをお…

  6. 観光

    岡山県立博物館の見どころをご紹介します!岡山県の歴史と文化の情報発信基地です!【岡山県岡山市】

    岡山県岡山市の岡山県立博物館は、に残る数多くの貴重な文化遺産を収集・保…

スポンサーリンク

カテゴリー

  1. 観光

    ぶらんど~む一番町商店街の見どころ!仙台市青葉区といえばここ!【宮城県仙台市青葉…
  2. 観光

    朝倉郡筑前町の人気見どころ観光スポット8選!花や緑に癒されるスポットが目白押し【…
  3. 観光

    鳥取砂丘こどもの国の見どころ!子供のたくましい体をつくる!【鳥取県鳥取市】
  4. 日本

    群馬県渋川市の見どころ10選!日本の真ん中!【群馬県渋川市】
  5. 観光

    岳温泉の見どころ!酸性湯が美肌を作る!女性にお勧め!【福島県二本松市】
PAGE TOP