富山県

高岡市美術館の見どころ!ドラえもんの世界に触れられる高岡観光の穴場!【富山県高岡市】


富山県高岡市にある高岡市美術館は公立美術館です。1994年(平成6年)9月に、伝統と創造が織りなす美術館を目指してオープンしました。

スポンサードリンク

子どもと楽しめるギャラリーがある! 

高岡市美術館の目玉は、なんといっても「高岡市 藤子・F・不二雄 ふるさとギャラリー」です。

藤子・F・不二雄先生の「まんが」の原点に触れることができると同時に、作品の楽しさ、面白さに改めて気づくことができるギャラリーです。

ギャラリーの入り口は「どこでもドア」です。

この演出にわくわくしますね。ドアを通り抜けると、ここでしか見ることのできない藤子先生の世界が広がっています。

少年時代の藤子・F・不二雄先生に会える! 

「高岡市 藤子・F・不二雄 ふるさとギャラリー」のみどころは、少年時代の藤子先生です。

これでもかというくらいに、藤子・F・不二雄の過去の貴重な作品が再現されています。

「原点としての高岡」には、藤子先生が、少年時代に作った手作りの「幻燈機」が再現されています。

幻燈機とは今でいうスライドやプロジェクターのことです。少年時代に、すでにそんな幻燈機を作っていたという事実に驚かされますよね。

そんな藤子先生の幼少、少年時代のお写真と昭和初期の高岡の風景を、先生の言葉と一緒に鑑賞することができます。

14歳の時に手作りした漫画雑誌「妖怪島」が全部読めるのも、大きなみどころです。

漫画・小説はもちろん、広告まで全て手書きで書かれています。

14歳で一冊の「雑誌」を作りあげた芸の細かさと、完成度の高さに圧倒されます。

手塚治虫に憧れて、「漫画家になりたい」という夢見た藤子先生の本気度が伝わります。

「まんが家、藤子・F・不二雄」では、藤子先生が愛用していた品を紹介しています。

先生のトレードマークとも言えるおなじみの「ベレー帽」や、執筆活動に欠かせなかった「カメラ」や「ペン」などを見ることができます。

藤子先生が上京した時に携帯していた「カバン」も展示されています。愛用品を見ると、藤子先生を身近に感じられますね。

「ドラえもん」のお話の中から、少年時代に藤子先生が見た高岡の風景を表現した作品の原画も展示しています。

藤子先生の少年時代にこだわっているギャラリーの姿勢が、この展示からもうかがえます。

原画を見るというめったにできない貴重な体験ができます。

出版物とは全然違う原画ならではの味があります。原画と出版物を比較できる「比較コーナー」があるのがうれしいですよね。

等身大のドラえもんに触れる!

館内には、高岡の伝統産業である「高岡銅器」により、製作された「ドラえもん像」もあります。

ドラえもんの銅像は、ぽてっとしたフォルムがかわいらしい初期ドラえもんをイメージして作られています

触ってもOKな体感型美術品なので、実際に触れて丸みなどを感じることができます。

ドラえもんの銅像に触って癒されてください。

スポンサーリンク

かわいいドラえもんグッズがいっぱい! 

「ギャラリーショップ」には、富山の方言「こわい=(固い)」のセリフが入った漫画の1ページがポストカードになったユニークなポストカード(原画)162円が販売されています。

マスキングテープA(顔)540円もオススメです。藤子先生が作った幻燈機と、いろんな顔のドラえもんがデザインされたおしゃれなマスキングテープです。

マスキングテープB(ペン)540円は、藤子先生愛用のかぶらペンを使ってドラえもんが文字を書いているかわいいデザインで、こちらもオススメです。

こういったこのギャラリーでしか買えない、オリジナルグッズも多くあるので、記念はもちろん、お土産にも最適です。

高岡市 藤子・F・不二雄 ふるさとギャラリーの入場料

「高岡市 藤子・F・不二雄 ふるさとギャラリー」のチケットは、高岡市美術館の2階のエントラスで販売しています。1階企画展示室とは別料金です。

入場料は

  • 一般・大学生は500円
  • 高校生・中学生は300円
  • 小学生・幼児(4歳以上)は200円
  • 3歳以下は無料

です。

ギャラリーショップのみのご利用はできません。

藤子・F・不二雄の魅力が、ぎゅっとつまった「高岡市 藤子・F・不二雄 ふるさとギャラリー」は高岡市美術館に来た時には、必ずおさえておきたい人気スポットです。 

藤子不二雄Aのゆかりのスポット

”藤子不二雄”は1人ではなく2人のユニットであることをご存知でしょうか?

”藤子不二雄”は

  • 藤子・F・不二雄(藤本弘)
  • 藤子不二雄A(安孫子素雄)

の2人の共同ペンネームなのです。

高岡市の隣に位置する氷見市は、藤子不二雄Aの出身地として知られています。

氷見市には

といった、藤子不二雄Aゆかりのスポットがあります。

こちらもあわせて訪れると、”藤子不二雄”の世界がより一層膨らみますね!

高岡の伝統美術を楽しもう

高岡市美術館の建物は地上2階、地下1階です。

1階には受付、企画展示室などがあり、2階には、高岡市 藤子・F・不二雄ふるさとギャラリーなどがあります。

地下1階にはショップ、駐車場などがあります。

高岡美術館では、美術工芸、金属造形を中心としたみごたえのある展示もしているので、こちらもお楽しみください。

外観のデザインは茶色のタイルがやわらかな印象で、館内のいろんなところで自然光を取り入れているため、美術館の堅苦しさはなく、肩の力を抜いて楽しめます。

開館時間は、午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)で、休館日は月曜日です。

観覧料は、企画展・特別展だと展覧会によって異なります。

高岡市美術館へのアクセス情報

新高岡駅からバスに乗り、高岡駅経由富山駅前行きの「中川」で下車して徒歩2分です。

高岡駅からだと職業安定所前行きのバスで「工芸高校前」から徒歩1分、駅から歩くと約20分で着きます。

JR氷見線だと「越中中川駅」下車して徒歩2分です。

万葉線だと「志貴野中学校前」下車して徒歩10分です。

車で行く場合は、北陸自動車道だと小杉ICから約25分、砺波ICからだと約30分で着きます。

高岡市美術館の見どころ!ドラえもんの世界に触れられる高岡観光の穴場!【富山県高岡市】のまとめ

高岡伝統の美術工芸に触れられ、ドラえもんと遊べる高岡市美術館は、子供も大人も楽しめる人気スポットです!富山県高岡市にお越しのさいには、ぜひお立ち寄りくださいね!

 

関連コンテンツ

ピックアップ記事

  1. レゴランドではこどもが主役!大人も楽しめる!【愛知県名古屋市港区】
  2. 千秋公園で久保田城など歴史に触れる!【秋田県秋田市】
  3. ゴジラ岩で写真を撮ってみよう!【秋田県男鹿市】
  4. 出戸浜海水浴場で海を満喫!【秋田県潟上市】
  5. 雄平フルーツライン(アップルロード)をドライブ!【秋田県横手市】

関連記事

  1. みなとオアシス魚津

    みなとオアシス魚津の見どころ!「蜃気楼の見える港」としてPRしています!【富山県魚津市】

    富山県魚津市にあるみなとオアシス魚津は、旅客ターミナルや周辺の緑地にマ…

  2. 富山県

    湊川カラクリ時計 虹の橋の見どころ情報!忍者ハットリ君の寸劇を堪能!【富山県氷見市】

    富山県氷見市の湊川カラクリ時計 虹の橋は、藤子不二雄A氏の作品「忍者ハ…

  3. 下新川郡

    朝日町歴史公園の見どころ!水車や小川に心洗われる!【富山県下新川郡朝日町】

    富山県下新川郡朝日町の朝日町歴史公園は国が指定する史跡である「不動堂遺…

  4. TOYAMAキラリ

    TOYAMAキラリはガラスの街とやまの集大成!隈研吾の建築美とカフェもおススメです【富山県富山市】

    富山県富山市にあるTOYAMAキラリ(とやまきらり)は、富山市中心部に…

  5. 富山市

    富山県中央植物園のオオオニバスは必見!約5,000種の植物と出会える緑のオアシス!【富山県富山市】

    富山県富山市にある富山県中央植物園は平成元年度から整備が始められ、平成…

  6. おみやげ処富山

    おみやげ処富山は営業時間の長さも魅力!富山県のお土産を買うならここ!【富山県富山市】

    富山県富山市にあるおみやげ処富山はJR富山駅前にあり、北陸新幹線開業と…

スポンサーリンク

カテゴリー

  1. 太宰府市

    だざいふ遊園地の見どころ!太宰府天満宮に隣接するレトロな遊園地!【福岡県太宰府市…
  2. 南都留郡

    鳴沢氷穴の見どころ!信玄きなこパフェが絶品!【山梨県南都留郡鳴沢村】
  3. 青森県 大鰐町 観光果樹園

    南津軽郡

    青森県大鰐町のおすすめスポット7選!豊かな自然と温泉を堪能しよう!【青森県南津軽…
  4. 双葉郡

    福島県双葉郡浪江町の見どころ!観光スポット7選!【福島県双葉郡浪江町】
  5. 北海道

    清水沢駅と観光名所シューパロ湖とは?【石勝線全駅制覇⑪】
PAGE TOP