観光

古庄藍染處の見どころ!織りつなぐ、染めつなぐ藍染め体験を!【徳島県徳島市】


徳島県徳島市にある古庄藍染處。徳島市無形文化財指定、厚生労働省より国選定卓越技能章「現代の名工」として表彰され名実ともに、藍染めの第一人者として地位を確立されている、紺屋古庄六代目古庄紀治氏の工場です。藍染めという徳島ならではの伝統を見学・体験する事も出来ます。阿波藍染めの製作行程の見学や体験ができます。自然界の材料のみで藍液を作る「天然灰汁発酵建て」による藍染め体験で、貴方だけの特別な逸品を作ってみてはいかがでしょう!

スポンサードリンク

古庄紀治さん

古庄紀治は1947年生まれ徳島県出身紺屋古庄六代目。大学卒業後、先代の古庄理一郎氏の見習いとして紺屋職人としての経歴が始まる。

理一郎氏が化学染料を一切使わない昔ながらの天然藍染めにこだわり続け、そんな一徹な父親の背中をみて育った紀治氏は、化学染料を一切使わないのが当たり前だという環境で、藍に接しています

1998年には、理一郎氏と同じく、厚生労働省より

国選定卓越技能章現代の名工

として表彰され名実ともに、藍染めの第一人者として地位を確立している

また、現在徳島県藍染研究会の会長を務めています。

藍染とは

藍染めのための染料はタデ藍を発酵させて作リます。藍玉を用いることが多いです

藍染めは名前のとおり藍色の染色を行うことができ、色が褪せにくいという優れた特徴を持っています

日本において江戸時代には多くの藍染めが行われました。

かつては阿波藩における生産が盛んであり、現在でも徳島県の藍染めは全国的に有名です!

藍染のふるさと「阿波藍」で、貴方だけの藍染特別体験のご紹介

本藍染製品は、

肌荒れを防ぎ、毒蛇や毒虫を寄せ付けない

と言われています。

古くは、武士が戦場で野宿をする時などに効果を発揮し、燃えにくいため火消しの纏いや蒸気機関車の機関士の衣服として普及していました

体験施設では、徳島県の蒅(すくも)を使用し、自然界の材料のみで藍液を作る

天然灰汁発酵建て

によって、日本でも数少ないホンモノの本藍染製品を作っています!

天然灰汁発酵建てとは

藍染の染液をつくることを

藍を建てる

と言います。

天然藍灰汁醗酵建ては日本の藍染の黄金期である江戸時代を中心に行われていた方法です。

化学薬品を一切使わず、自然界からとれる原料のみを用いるため、布やそれを身につける私たちだけでなく、環境にとっても非常に優しい染色方法なのです

灰汁醗酵建ては、蒅と灰汁の他に

  • 日本酒
  • ふすま(小麦の外皮)
  • 石灰

を使用し、徐々にかさを上げながら液を発酵させていきます。

建てはじめてから1週間ほどで、ようやく布を染められる状態になります

スポンサーリンク

体験の流れ

  • 衣料(Tシャツ、ストール、ワンピース等)
  • テーブルクロス

など、貴方だけの藍染に仕上げたい品をお持ち下さい!

染められるものは

  • 綿
  • ウール等天然素材
  • レーヨン
  • キュプラ
  • テンセル等セルロース系繊維(ポリエステル、ラメ糸等は染まりません。)

手順1

デザインの決定型染め、ろうけつ染め、絞り染め等、デザインを決めます。

手順2

下準備デザインに応じて下準備を行います

手順3

染色開始染師の指導を受けながら、藍染作業を始めます。

染め液に浸けた状態で約2分経過の後、染め液から出して約2分空気に晒して発色を促します

※素材によって、染色時間が多少異なります。

手順4

手順3を数回繰り返します。回数を重ねるごとに濃い藍色に近づきます。褐色(かちいろ)※は、手順3を25回から30回繰り返します。

※褐色(かちいろ)藍染の濃紺は褐色(かちいろ)と呼び、音読が勝色に聞こえることから、日本古来より縁起の良い色として武士に愛用されました。

手順5

洗いと乾燥染め終わった品は、灰汁等の不純物を洗い落とし、乾燥して完成します。

日程に余裕がない場合は、最後の行程を染師職人に依頼し、後日郵送にてお手元にお届けします。送料は別途必要です

徳島から「ジャパンブルー」を世界へ

藍色は

ジャパンブルー

と称されるほど日本人の生活に浸透しており、来たる2020年東京オリンピック・パラリンピックの公式エンブレムにも藍色が採用されたことも追い風となり、注目を集めています。

藍は、徳島を語るうえで欠かせない存在であり、歴史的、文化的に大きな影響を及ぼしています

「五輪の顔」

とも言えるエンブレムに藍色が採用されたことは、徳島の藍を全国・世界へ発信し、普及させるための追い風となります。

今こそ、藍を再興させる絶好の機会が到来しています

古庄藍染處の基本情報

  • 所在地:徳島市佐古七番地9-12
  • アクセス:・JR徳島駅→車で15分・JR蔵本駅→徒歩10分・徳島市営バス上鮎喰行き「佐古七番町」下車→徒歩3分
  • 料金:見学無料 体験1000円~
  • 休業日:日曜日、祝日、お盆期間
  • 営業時間:9:30~15:00
  • その他:電話にて要予約(前日まで)
  • TEL:088-622-3028
  • 駐車場:5台

(平成29年6月現在)

古庄藍染處の見どころ!織りつなぐ、染めつなぐ藍染め体験を!【徳島県徳島市】のまとめ

徳島県徳島市の古庄藍染處、藍染めはどうでしたでしょうか?伝統的な染め方であり、自然界からとれる原料のみを用いるため、布やそれを身につける私たちだけでなく、環境にとっても非常に優しい染色方法であることがわかると思います。みなさんも伝統ある藍染めをぜひ体験してみて下さい!!!

 

関連コンテンツ

ピックアップ記事

  1. 秋田県東成瀬村の観光スポットは?赤滝や大柳沼で自然満喫!【秋田県雄勝郡東成瀬村】…
  2. 八坂神社の見どころ!神社巡りが好きな方におススメ!【秋田県山本郡藤里町】
  3. サルスベリ並木の見どころ!爽快にドライブを楽しもう!【秋田県南秋田郡井川町】
  4. 角館武家屋敷通りの見どころ!紅葉がライトアップ!【秋田県仙北市】
  5. 山梨県南都留郡忍野村の見どころ!忍野村で忍者になろう!【山梨県南都留郡忍野村】

関連記事

  1. 観光

    三河湾スカイラインはどのような道路なのか【愛知県蒲郡市】

    愛知県蒲郡市には三河湾スカイラインという道があります。額田郡幸田町から…

  2. 観光

    又兵衛茶屋で八甲田山の秘湯温泉ときのこ鍋を楽しむ!宿泊施設もあります!【青森県青森市】

    青森県青森市にある又兵衛茶屋は、きのこ汁と山菜そばが好評で、気軽に入る…

  3. 山形県 大江町 大朝日岳 雲滝

    観光

    山形県大江町は自然と調和した町!大江町のおすすめ観光スポット7選【山形県西村山郡大江町】

    山形県大江町は、山形県の中心部に位置する町です。縄文時代の遺跡が数多く…

  4. 観光

    日本二十六聖人記念館に秘められた悲しき過去と見どころを紹介【長崎県長崎市】

    長崎県長崎市にある日本二十六聖人記念館は、1962年6月10日、日本二…

  5. 観光

    熊本城は熊本県のシンボル!その見どころと魅力に迫る【熊本県熊本市中央区】

    熊本県熊本市中央区の熊本城は、戦国武将 加藤清正公が中世の城郭を改築し…

  6. 観光

    宮崎県の海水浴場9選!口コミで評判のきれいな砂浜で海水浴を楽しもう!【宮崎県】

    宮崎県は九州南東部に位置する、日向灘沿いに広がるところです。県の木はヤ…

スポンサーリンク

カテゴリー

  1. 観光

    碁石海岸の見どころ!絶景で雄大な風景が美しい!【岩手県大船渡市】
  2. 日本

    鶴仙渓で風景美と出会う!名物の川床で優雅なひとときを楽しもう!【石川県加賀市】
  3. 奈良県 宇陀市 室生寺 五重塔

    観光

    奈良県宇陀市の観光スポット7選!女人高野の室生寺が有名【奈良県宇陀市】
  4. 観光

    盛岡手づくり村の見どころ!職人の技が光る!手作り体験も魅力いっぱい【岩手県盛岡市…
  5. 観光

    青葉神社の見どころ!伊達政宗公のゆかりの地!【宮城県仙台市青葉区】
PAGE TOP