ご褒美型わくわくダイエットアプリ!

ダイエットBOXは、今までの「ツラい」「キツい」「楽しくない」「我慢」といったダイエットをもっともっと楽しくするためのアプリです。

招待コード:goobaを使って登録すると、ナント100ポイントもらえます!

観光

塩見縄手の訪問レポート!堀端の城下町通りは散策にピッタリ!【島根県松江市】


塩見縄手は島根県松江市殿町の国宝松江城北側堀川沿いにある、明々庵から小泉八雲旧居までの約500メートルの通りです。また、松江城は全国に現存する12の天守閣の内の一つであるため、塩見縄手とその周辺エリアは、とても歴史深い観光スポットとして有名な地であります。さて、ここからはもっと詳しく塩見縄手をみていきましょう!

スポンサードリンク

塩見縄手の歴史を知っておこう!

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの後、堀尾吉春は出雲・隠岐両国24万石を拝領した子の忠氏と共に月山富田城(安来市広瀬町)に至りました。

月山富田城は山城で交通の便も悪く、城下町も発展し難い地形である事から、当時は、開削されていなかった松江の将来性に着目して城地を移しました。

堀尾吉春は城普請の名人であり、孫の忠晴を助け松江城と城下町を建設し、現在の松江市の礎を築いたのです。

この一帯は江戸時代の侍町で、1638年(寛永15年)に松江城に移り住んだ松平直政の入府以降、城の北側に50石から1000石の中老格の武家屋敷がつくられました。

塩見縄手の名は、直政に従って信州・松本から松江に移り住んだ家臣の子孫で、かつてこの通りの武家屋敷の中ほどに一時的に住んだ松江藩中老で町奉行の塩見小兵衛の異例の栄進を記念したことが由来とされます。

江戸時代当時の面影が今も残っており、南側の堀端に連なる老松の大木は造成された当時に植えられたものです。

北側は

  • 武家屋敷
  • 長屋門
  • 白壁

などの建物が残されています。

塩見家の屋敷や、明治時代に『知られざる日本の面影』などの作品で日本を紹介したラフカディオ・ハーン(小泉八雲)が生活していた建物や小泉八雲記念館も通りに面して建っており、これも旧武家屋敷でした。

小泉八雲記念館から松平7代目の不昧公によって建てられた茶室の明々庵に至る500m区間は、松江市伝統美観指定地区(昭和48年指定)に指定されています。

1984年(昭和59年)には通りの歴史的景観を保存するため、電線を地中に埋めて無電柱化したり、信号機や街路灯もクラッシック型に取り替えるなど行われました。

また、「日本の道100選」(昭和61年建設省選定)に選定されているほか、沿道の松並木は、読売新聞社選定の「新・日本街路樹100景」(1994年)のひとつに選定されています。

松江が山陰の小京都と呼ばれるにふさわしい街並みをかもしだしています。

現在は2車線の舗装道路ですが、古くは、かごや大八車がやっと通行できる程度の細い縄手道であったようです。

塩見縄手のエリアにある主な施設を紹介!

武家屋敷

武家屋敷は江戸時代初期から松江藩の六百石程度の中級藩士が、屋敷替えによって入れ替わり住んだところです。

現在のこの屋敷は、1733年(享保18年)の大火で焼失後再建されたもので、約270年前の古い姿のままよく保存され、松江市の文化財に指定されています。

内部は資料館として活用されており、

  • 刀箪笥
  • 熨斗目着物(のしめの着物)
  • 化粧道具
  • お歯黒道具(おはぐろどうぐ)

といった、当時の暮らしぶりが伺える歴史的資料が陳列されています。

入口の長屋門(ながやもん)は武家屋敷の特徴のひとつで、中間(ちゅうげん)(武家奉公人)の住居としても使われていました。

母屋(おもや)はおよそ70坪で、表側の式台玄関から座敷にいたる部分と裏側の私生活の部分とは、造りも材料もとくに区別をして、武家の公私の別の厳しさを示しています。

正面の入口は内玄関で、ここは家族などの私用に使う出入口です。

つぎに続く十畳の座敷は邸内で最も立派な部屋で、客は式台玄関から上り、床には香をたき、床脇にはよろい、かぶとなどを飾りました。

写真座敷の裏側に続く庭園は飾りを省いた素朴なつくりで、自然を生かした質実剛健の気風がうかがえます。

屋敷の裏側にまわると家族の部屋があり、天井も低く造りもいよいよ質素になって、井戸・湯殿・台所などもご覧になると、当時のつつましい生活がしのばれます。

現在の休憩所も、かつてあった味噌部屋を想定して再建したものです。

この屋敷のような中級武士の住んだ建物が、当時のまま保存されているのは全国的にも貴重なものといえます。

武家屋敷の開館時間

  • ・4月1日~9月30日 8:30 ~ 18:30(受付終了 18:10)
  • ・10月1日~3月31日 8:30 ~ 17:00(受付終了 16:40)
  • ・年中無休

武家屋敷の入館料

  • ・大人 300円(240円)
  • ・小人(小・中学生) 150円(120円)
  • ・外国の方 150円 【小人 80円】
  • ( )内は団体料金 ※20名以上
  • 障がい者手帳、療育手帳などの所持者及び介護者1名は無料

スポンサーリンク

小泉八雲旧居

八雲は明治37年(1904)、東京で亡くなるまでの14年間を日本で過ごし、その間、松江・熊本・神戸・東京と四つの都市に住みました。

松江では1年3ヶ月弱暮らし、その内の約5ヶ月間をこの家で過ごしました。

八雲が住んでいた当時のままで保存されているのは、現在では松江の小泉八雲旧居だけです。

所在地

松江市北堀町315

営業時間

  • 4~9月 8時30分~18時30分(受付終了18時10分)
  • 10~3月 8時30分~17時(受付終了16時40分)
  • 定休日など  年中無休

料金

  • 大人300円、小人150円
  • 団体(20名以上)大人240円、 小人120円

小泉八雲記念館

小泉八雲に関する資料約200点を展示しています。

開館時間

  • 4月1日~9月30日: 8:30-18:30(受付は18:10まで)
  • 10月1日~3月31日: 8:30-17:00(受付は16:40まで)
  • 年中無休

入館料

  • 個人 団体割引
  • 大人 400円 320円
  • 小・中学生 200円 160円
  • 団体割引は20名以上
  • 障がい者手帳、療育手帳などの所持者及び介護者1名は無料
  • 外国人割引があります
  • 松江城天守閣、小泉八雲旧居などとの共通券もあります

お問い合わせ

  • 〒690-0872 島根県松江市奥谷町322
  • TEL: 0852-21-2147
  • FAX: 0852-21-2156

明々庵

茶人として知られる松江藩七代藩主松平不昧公の好みによって、松江市殿町の有澤(ありさわ)家本邸に建てられた不昧公もしばしば臨まれた茶室です。

一時は東京の松平伯邸に移築されていましたが、その後松平家から郷国の出雲に帰され、昭和3年菅田庵(かんでんあん)のある有澤山荘の向月亭(こうげつてい)に隣接した萩の台に移築されました。

大戦後は管理が行き届かず荒廃していたのを、昭和41年に不昧公150年祭を機に現在の赤山の大地に移されたのです。

茅葺の厚い入母屋に不昧公筆の「明々庵」の額を掲げ、茶室の床の間は五枚半の杉柾の小巾板をそぎ合わせた奥行きの浅い床です。

また二畳台目の席は中柱もなく炉も向切りといった軽快なものとなっており、定石に頓着しない不昧公の好みの一端を伺うことができる。

観覧料

  • 個人
  • 大人410円
    小人200円
  • 団体(20名以上)
  • 大人300円
    小人150円
  • 大人・・・高校生以上
  • 小人・・・小学生・中学生
  • ※幼児(小学生未満) 無料
  • ※障がい者手帳、療育手帳などの所持者及び介護者1名は無料。
  • 抹茶一服:410円

営業時間

  • 【4月1日~9月30日】
  • 観覧時間:8:30~18:30(最終受付18:10)
    お抹茶時間:9:50~17:00(最終受付16:30)
  • 【10月1日~3月31日】
  • 観覧時間:8:30~17:00(最終受付16:40)
    お抹茶時間:9:50~16:30(最終受付16:00)

お問い合わせ

  • 明々庵
  • 〒690-0888 松江市北堀町278
  • 電話:0852-21-9863
  • FAX:0852-21-9863

塩見縄手のオススメポイント

塩見縄手の老松は、伝統美観地区に指定され老松と武家屋敷の立ち並ぶ通りは江戸時代の風情を残しています。

歩行者は松の間をくぐりますので、歩行の邪魔になったりします。

よそ見をして歩いていると頭をぶつけたり、根っこに引っかかったりしますので気をつけて下さい。

また、是非「ハートの松」を見つけて下さい!縁を引き寄せるかもしれません。

お昼時には、塩見縄手にあるおそば屋を一押しで紹介します。

出雲そばといえば「割子」が有名ですが、「八雲庵」で一番人気なのは「鴨南蛮そば」です。鴨のダシがきいて大変いい味をだしています。

しかも、割子そばとのセットもできるので、両方食べたい人にもオススメです。

また、池に泳ぐ錦鯉や日本庭園を借景に贅沢なランチタイムを体感出来ます。八雲庵は蕎麦がうまいだけではありません。

あのテニスの錦織圭や大リーガーのイチローも訪れるお店です。

お問い合わせは雲庵まで。

  • 住所:松江市北堀町308
  • 電話番号:0852-22-2400

松江市の他の観光・お出かけスポット

松江市には夕陽とシジミが有名な宍道湖や長い歴史を誇る玉造温泉などの見どころが沢山あります。

そちらにも是非、足を延ばしてみてくださいね。

島根県松江市の観光スポット10選!国宝松江城の城下町の雰囲気が色濃く残る街【島根県松江市】

島根県松江市の旧東出雲町の見どころ!多くの神話が残る町【島根県松江市】

塩見縄手の訪問レポート!堀端の城下町通りは散策にピッタリ!【島根県松江市】のまとめ

塩見縄手は小泉八雲旧居を始め武家屋敷風の家が堀に面して軒を連ねる、松江で最も城下町らしいたたずまいを残している通りで、松江を語るには最もノスタルジーを感じる地域です。小泉八雲も何かを感じないではおられないようでした。かつて中老格の藩士の屋敷が並んでいました。武士が毎日登城する姿を思い巡らすと、自分も当時に時代スリップしたような気分になります。ちょんまげ姿で刀を差して歩いている武士に遭遇しそうな街並みです。また、その中程には、そば屋もあり宍道湖に飛来する冬鳥のカモをイメージする鴨なんばが名物である事など観光するには興味ある縄手です。堀沿いに立ち並ぶ老松も堀川の流れとあいまって江戸時代さながらの風情を漂わせています。ぜひ、皆様も塩見縄手に観光でお越しくださいね!

 

関連コンテンツ

ピックアップ記事

  1. 八塩山で登山デビュー!【秋田県由利本荘市】
  2. ゴジラ岩で写真を撮ってみよう!【秋田県男鹿市】
  3. 忠犬ハチ公像は渋谷だけじゃない!【秋田県大館市】
  4. 石田ローズガーデンでバラの香りに包まれる!【秋田県大館市】
  5. 秋田県大潟村は日本最大の干拓地!大潟村の観光スポットをご紹介【秋田県大潟村】

関連記事

  1. 日本

    長浜市の見どころ観光情報!スケール感漂う琵琶湖で有名!【滋賀県長浜市】

    滋賀県長浜市の琵琶湖は全国的にも有名な湖ですが、周囲の森林なども含めて…

  2. 観光

    三井郡大刀洗町の歴史を感じられるおすすめ見どころスポット10選!【福岡県三井郡大刀洗町】

    三井郡大刀洗町は福岡市からほど近くでありながら、豊かな自然に恵まれてい…

  3. 観光

    城下町日出(ひじ)の見どころ!大分観光で必見の歴史的スポット!【大分県速見郡日出町】

    大分県速見郡日出町の日出は城下町と呼ばれている町です。このように呼ばれ…

  4. 観光

    笹々峰は伊予の三名山!日帰り登山を楽しもう!【愛媛県西条市】

    愛媛県西条市にある笹々峰は愛媛県西条市と高知県本川村の境にあり、石鎚国…

  5. 日本

    神戸市須磨区の見どころ観光スポット7選!自然と歴史に触れ合おう!【兵庫県神戸市須磨区】

    兵庫県神戸市須磨区は、六甲山系の西端、神戸市の西方に位置し、豊かな自然…

  6. 観光

    富山民俗民芸村の見どころ!様々な資料館が集まった学びのスポット【富山県富山市】

    富山県富山市安養坊にある富山民族民芸村は、博物館や資料館・美術館など9…

スポンサーリンク

カテゴリー

  1. 観光

    三重県川越町のおすすめ観光スポットまとめ!神社仏閣が多いパワースポット【三重県三…
  2. 奈良県 葛城市 二上山

    観光

    奈良県葛城市の観光スポット8選!国宝と史跡に恵まれた街【奈良県葛城市】
  3. 観光

    塚原古墳公園の見どころ!景色も楽しめる国内最大級の公園!【熊本県熊本市南区】
  4. 観光

    山形市郷土館(旧済生館本館)の見どころ!擬洋風建築が美しい国の重要文化財!【山形…
  5. 観光

    石田ローズガーデンでバラの香りに包まれる!【秋田県大館市】
PAGE TOP