ご褒美型わくわくダイエットアプリ!

ダイエットBOXは、今までの「ツラい」「キツい」「楽しくない」「我慢」といったダイエットをもっともっと楽しくするためのアプリです。

招待コード:goobaを使って登録すると、ナント100ポイントもらえます!

観光

島根県津和野町の魅力をご紹介!山陰の小京都の見どころは?【島根県鹿足郡津和野町】


島根県津和野町は江戸時代には亀井氏という大名がおさめる地でした。現在でもその当時の美しい町並みを受け継ぎ、さらに発展させ、水路に鯉を泳がせるなど、綺麗なものにしています。地元ならではの食事もあり、様々な楽しみ方のできる津和野町をご紹介いたします!

スポンサードリンク

津和野ってどんなところ?

津和野が中心であった津和野藩江戸時代に、亀井氏という大名が治めた地で、今では城跡のみとあっていますが、津和野城というお城も築かれていました。

歴代の藩主は産業や教育に力を入れ、よく繁栄したと言われています。

その中で、街並みはよく整備され、小京都と呼ばれるほどきれいなものとなっています。

このような町並みも、日本の多くの町では開発のために無秩序に建物が建てられ、壊されてしまったところが多いのですが、この津和野では大規模な町の開発がなかったこともあり、通りや水路は当時の様子を残し、殿町通りを中心に江戸時代の町の雰囲気を今に伝えています。

スポンサーリンク

津和野へのアクセス方法

鉄道では、JR山口線の津和野駅からのアクセスとなります。

東京や大阪からは東海道新幹線、山陽新幹線で新山口駅まで行き、山口線に乗り換えて、普通列車で1時間40分、特急では1時間ほどで津和野駅に着きます。

また新山口駅からはSL「やまぐち」号が土日祝日を中心に津和野駅まで運行されており、そちらも合わせて楽しむこともできます。

なかなか乗る機会のない蒸気機関車での旅も楽しんでみるのも良いのではないでしょうか。

車では中国自動車道の六日市インターチェンジから45分ほどで津和野の中心部に達します。

中心部での移動は、街並みをゆっくりと見て、回るのがおすすめですので、徒歩かレンタサイクルがいいでしょう。

小京都!津和野の街並み

津和野の中心の通りである殿町通りには伝統的ななまこ塀が続き、その前には掘割があり、そこを鯉が泳ぐという景観を眺めることができます。

ここの鯉は1000匹もいると言われ、町の中でありながら、自然に触れ合い、その美しい色で彩りを与えてくれる存在となっています。

またもちろん津和野では重要伝統的建築物群保存地区であることもあり、建物も当時の姿であるとてもきれいな形で並んでおり、その建物の美しさも体感することができます。

このほかの部分でも、酒屋などの商店ももちろんこのような建物であり、そこで選ぶのもまた一興です。

また商店街も江戸時代のようとはいかないまでも、現代の綺麗に整えられたものではなく、古き良き時代の雰囲気が残されているものとなっています。

珍しいものとしては、郵便局までもがその町並みに調和するために茶色系の外観をしており、その町並みへのこだわり、綺麗なまま残していこうという意識を見ることができます。

津和野で楽しむ郷土料理!

うずめ飯

津和野で有名な郷土料理にはうずめ飯があります。これは深川めしやさよりめしなどとともに日本五大名飯にも含まれています。


この写真の左のものがうずめ飯です。

みつば、椎茸、人参、豆腐、のりなどが入ったお茶漬けで地域によっては魚や肉をいれるところもあるそうです。

このうずめ飯の起源ははっきりしていませんが、山間であるために山菜程度しかもてなすものがなく、

  • ごはんの中に具材をうずめて、控えめにお客に出したことからうまれたという説
  • 贅沢を禁止するような時代に役人に、庶民が贅沢しているのを隠すためい生まれたという説

など様々な説があります。

いずれにしても、庶民のアイディア豊かな中から生まれたものであるようで、その知恵をも感じさせてくれるものとなっています。

様々な具材が入っており、美味しい郷土料理のうずめ飯、中心の通りのお店でも食べることができますので、津和野を訪れた際には是非ともご賞味ください!

朱塗りの千本鳥居が迎える太鼓谷稲成神社!

津和野城の鬼門、北東方向にあたる方角に設けられた太鼓谷稲成神社は、千本鳥居で有名な伏見稲荷神社から勧請を受け、津和野藩7代藩主によって創建されました。

江戸時代歴代の藩主が崇敬したのはもちろんのこと、明治維新後には庶民も参拝できるようになり、中国地方有数の稲荷神社となっています。

現在では年間の参拝者数は100万人を超えると言われ、日本五大稲荷の1つにも数えられています。

ここでは伏見稲荷とおなじように、千本鳥居が出迎え、それをくぐりながら階段を登っていくこととなります。

この千本鳥居の参道の途中や境内の駐車場や手水舎近くの売店で蝋燭と油揚げを売っています。

これは頂上の神社のおいなりさまにおさめるためのもので、神様の使いの狐の好物が油揚げとされていることによるとされています。

蝋燭は本殿、旧殿、命婦社に燭台が用意されているのでそちらに、油揚げは御供物台にお供えします。

稲荷神社は日本に多く存在していますが、なかなか油揚げをお供えするのがここまで一般的なところはないのではないでしょうか?

津和野に訪れた際にはぜひ参拝も楽しんでみてください!

太皷谷稲成神社のご利益は商売繁盛だけじゃない?朱塗りの鳥居が美しいパワースポット!【島根県足鹿郡津和野町】

津和野城跡から見る津和野の町並み

最後に、津和野のお城から眺める景色をご紹介します!

津和野城は明治に入った時に廃城となり、現在はありませんがその城跡はまだ残っています。

最初に書いた通り、津和野では大規模な開発は行われておらず、高い建物はありません。このため、少し山を登るだけで町を一気に見下ろすことができます。

ここへは、さきほどの太鼓谷稲成神社の近くからリフトであがっていくことができます。

山道を登っていくこともできますので、ハイキングを楽しみたい方はそちらでもいいかもしれません。

綺麗な町並みを上からという違う角度から簡単に眺めることができるのもこの津和野の魅力です。

ぜひ様々な視点で津和野を楽しんでみてください。

津和野を訪れたのならここも外せません⇒森鴎外を知るなら森鴎外記念館!

島根県津和野町の魅力をご紹介!山陰の小京都の見どころは?【島根県鹿足郡津和野町】のまとめ

津和野の町並みの魅力、その周辺に広がる神社や城跡からの景色の良さをおわかりいただけましたでしょうか?津和野には景色だけでなく、うずめ飯という美味しい郷土料理もあります。町並み散策と共に参拝、お食事を楽しんでみてください!

 

関連コンテンツ

ピックアップ記事

  1. 横手やきそば四天王決定戦の見どころ情報【秋田県横手市】
  2. 石田ローズガーデンでバラの香りに包まれる!【秋田県大館市】
  3. 秋田県八峰町の観光スポットは?大自然の恵みに感謝!【秋田県山本郡八峰町】
  4. 東追分駅って秘境駅なの?【石勝線全駅制覇④】
  5. なまはげ館で伝説に触れよう!【秋田県男鹿市】

関連記事

  1. 佐賀県佐賀市与賀神社

    観光

    與賀神社(与賀神社)の見どころ!欽明天皇の代の創建といわれる歴史ある神社【佐賀県佐賀市】

    佐賀県佐賀市にある「與賀神社」は、欽明天皇の代の創建といわれる古社です…

  2. 観光

    鳥取砂丘情報館の見どころ!鳥取の情報を知りたいならまずはココへ!【鳥取県鳥取市】

    鳥取県鳥取市の鳥取砂丘情報館は鳥取県内観光地の情報発信を行うための拠点…

  3. アイキャッチ画像

    日本

    島根県益田市の見どころ!〜雪舟ゆかりの地〜【島根県益田市】

    島根県益田市は人麻呂と雪舟が多くの作品を生み出した町です。益田の風景が…

  4. 観光

    槍ヶ岳の見どころ!山頂から絶景を見よう!【長野県松本市】

    長野県松本市の槍ヶ岳は日本で5番目に高い山として有名です。非常に美しい…

  5. 観光

    四季の里公園の見どころ!いま流行りの農村テーマパーク!【福島県福島市】

    福島県福島市にある四季の里公園は農村テーマパークです。即ち、見て食べて…

  6. 観光

    三分一湧水の見どころ情報!美しい湧水が飲める!【山梨県北杜市】

    山梨県北杜市の三分一湧水(さんぶいちゆうすい)は自然の湧水がキラキラと…

スポンサーリンク

カテゴリー

  1. 観光

    茨城県守谷市の見どころ7選!乗馬や温泉が楽しめる!【茨城県守谷市】
  2. 観光

    熊本市東区の観光スポット7選!幕末藩士の想いが宿っていた街の見どころ【熊本県熊本…
  3. 観光

    水天宮の見どころのご紹介!筑後川花火大会の起源!【福岡県久留米市】
  4. 観光

    ゴールデンウィークなら絶対に行くべき!ひろしまフラワーフェスティバル【広島県広島…
  5. 観光

    清水寺の見どころ!一度は訪れてほしい清水の舞台【京都府京都市東山区】
PAGE TOP