北海道

北海道札幌市内の観光客向けの定番観光スポット7選!【北海道札幌市】


北海道札幌市にはテレビ塔、時計台、JRタワー、大通公園など、本州から見ても魅力的な、全国的にも名前の通っている観光スポットが数多く存在しています。しかし、それらを巡るだけではせっかくの大都市札幌を存分に味わい尽くしたとは言い切れないのが事実です。札幌についてより深く知り、有名な場所では味わうことのできない体験をすることが出来る観光スポットも市内には数多く存在しています。せっかく訪れた札幌を120%満喫するためにも、こういった穴場スポットや通常とは一味違ったスポットで楽しむことは大変有意義なものになると言えるでしょう。今回は、そんな札幌市内を満喫できる観光スポット、通常の観光コースにはなかなか含まれてこないおすすめの観光スポットを、7つ厳選して紹介したいと思います。ご家族でワンランク上の思い出を作るためにも、ぜひチェックしておきましょう。

スポンサードリンク

モエレ沼公園

巨大な「ガラスのピラミッド」がシンボルとなっているこちらの公園は、「公園全体が総合的な芸術作品である」というコンセプトで配置された様々な造形美を感じられるオブジェや遊具が特徴の、家族みんなで楽しめるスポットです。

世界的な彫刻家「イサム ノグチ」が設計したことでも知られています。

Fotolia_90018872_S-min

公園の設備はその全てが自然と調和しており、緑豊かな中で安らいだ時間を過ごすことが出来ます。

Fotolia_90089452_S-min

公園中心部にある小高い丘からは、360度の札幌市街の大パノラマを眺めることもできますよ。

花火大会も開催され大人気になっています。

参考⇒札幌市及び近郊で花火大会を楽しむ!【おすすめ7選】

  • 住所:北海道札幌市 東区モエレ沼公園1−1
  • 電話番号:011-790-1231

アサヒビール北海道工場

こちらでは、アサヒビールの工場で工場見学を楽しむことができます。

工場見学はご家族で楽しんでいただくことができ、ビールがどのようにして市場に流通する状態になっていくのかということが良く分かるようになっています。

見学後には20歳以上の方はビールの試飲をすることができ、約20分間の試飲タイムでタンブラー3杯までのビールを味わうことが出来る、大変太っ腹なサービスも行われています。

すぐそばには、ジンギスカンが楽しめるアサヒビール園もあり、ここ1カ所でお腹も満足させることができます。

  • 住所:北海道札幌市白石区南郷通4丁目南1−1
  • 電話番号:011-863-3515
  • 備考:工場見学は無料

ノースサファリサッポロ

定山渓へ向かう途中にある「ノースサファリサッポロ」は、「ありえない動物園」をコンセプトとした小さいながらもアクティブに動物と触れ合うことが出来るサファリパークです。

動物へのエサやりはもちろん、小動物たちが人間を恐れずに自分たちから近づいていくさまはこちらでしか経験できない貴重な体験だと言えるでしょう。

2015年からは水陸両用車や四輪バギーに乗ってジャングルを進んでいく体験ができる、「ノースサファリアドベンチャー」という新たな企画も開始され、ますます人気を集めている施設となっています。

  • 住所:北海道札幌市南区豊滝469−1
  • 電話番号:080-1869-6443
  • 営業時間:時期によって異なる
  • 定休日:時期によって異なる
  • 入園料:大人1,100円 小人400円

札幌ドーム

札幌市内でもシンボリックな建物である札幌ドーム。

Fotolia_83839133_S-min

こちらでは、イベント等が開催されていない場合、ドームの施設内を見学することが出来ます。

施設見学では普段降りることの出来ない野球のベンチにも座ることができ、選手たちがどんな環境でプレーを行っているのかが良く分かるようになっています。

  • 住所:北海道札幌市豊平区羊ケ丘1
  • 電話番号:011-850-1000
  • 見学料:大人1,000円 小人500円

札幌ウィンタースポーツミュージアム

大倉山ジャンプ競技場に隣接しているこちらの施設では、

  • 1972年の札幌オリンピックにまつわる展示
  • 冬季オリンピックの歴史に関する展示
  • ジャンプシミュレーター

をはじめとした、冬季オリンピックの各競技を体験できるブースが揃っています。

Fotolia_96000679_S-min

また、ここからは札幌の夜景も楽しむことができます。

特にオリンピックのシミュレーターに関しては、子供から大人まで楽しめる精巧なものばかりですので、大倉山展望台と合わせてご家族で楽しんでいただける施設です。

  • 住所:北海道札幌市 中央区宮の森1274
  • 電話番号:011-641-8585
  • 営業時間:9:00~18:00(冬期間は17:00まで)
  • 定休日:年中無休
  • 入館料:大人600円 小人無料

サッポロさとらんど

丘珠空港からほど近い場所にある「サッポロさとらんど」は、「都会と農業をつなぐ田園テーマパーク」をコンセプトに、緑豊かな自然とたわむれて過ごすことが出来る大規模な公園です。

原っぱや広場でスポーツに興じたり、ピクニック気分でお昼を食べるのもよし、レンタサイクルで札幌の風を感じながらサイクリングするもよし。

利用する側のアイデア次第で、公園での過ごし方は無限大に広がります。

  • 住所:北海道札幌市東区丘珠町584−2
  • 電話番号:011-787-0223

藻岩山

テレビ塔やJRタワーなど、札幌駅から徒歩圏内で行ける夜景の名所は数多くありますが、余裕がある方は札幌を代表する夜景スポットである「藻岩山」にも、ぜひ足を延ばしてみてはいかがでしょうか。

Fotolia_90310486_S-min

参考⇒札幌市内で夜景スポット!【藻岩山などおすすめ5選】

藻岩山の展望台からは札幌の百万ドルの夜景を遠くまで見渡すことができ、石狩湾や恵庭岳などの自然の雄大さを感じられる場所も見渡せることから、自然に抱かれた街・札幌の全景を存分に味わうことが出来ます。

外にある展望台なので、ガラス面を介さず外の風を感じながら見ることができる札幌の景色はまた一味違ったものになるでしょう。

  • 住所:北海道札幌市南区藻岩山
  • 電話番号:011-561-8177
  • 営業時間:10:30~22:00(12~3月11:00~22:00)
  • 定休日:施設整備期間以外無休
  • 料金:ロープウェイ 大人:1,700円 小人(小学生以下):850円

北海道札幌市内の観光客向けの定番観光スポット7選!【北海道札幌市】のまとめ

200万人近い人口を抱える大都市でありながらも自然と調和したまちづくりが行われている北海道札幌市。自然との調和は公園であったり、山や川であったりといった部分に現れており、札幌という街を魅力的なものにしているひとつの要因だと言えるでしょう。今回はそういった自然と調和した部分を楽しむことが出来るスポットもいくつか含まれていますから、これらの場所を巡ることで札幌という街の魅力をより深く知ることが出来るのではないでしょうか。観光において十分に時間がある、という方は、ぜひとも検討してみてください。

スポンサーリンク


ピックアップ記事

  1. 出戸浜海水浴場で海を満喫!【秋田県潟上市】
  2. 八塩山で登山デビュー!【秋田県由利本荘市】
  3. ハチ公よさこい祭りの見どころ情報【秋田県大館市】
  4. 秋田県大潟村は日本最大の干拓地!大潟村の観光スポットをご紹介【秋田県大潟村】
  5. 能代七夕「天空の不夜城」で灯籠が夜空を彩る!【秋田県能代市】

関連記事

  1. 恵庭市

    札幌市とその近郊で花火大会を楽しむ!【北海道札幌市】

    北海道札幌市をはじめ、その周辺のエリアでは毎年数多くの花火大会が開催さ…

  2. 北海道

    鹿ノ谷駅の周辺には幸福の黄色いハンカチ想い出ひろばがある!【石勝線全駅制覇⑫】

    鹿ノ谷駅は夕張市の平和炭鉱の近くに位置している駅で、輸送する人の数が減…

  3. 北海道

    北海道木古内町の薬師山の「芝桜」は道南で最も低い山に咲く!【北海道木古内町】

    北海道木古内町の観光スポットに薬師山の芝桜がありますが、見ごろはいつ頃…

  4. 函館市

    北海道函館市の観光なら市電乗り放題でお得に巡る!【北海道函館市】

    北海道函館市は、北海道を代表する観光都市ですが、その函館の観光をもっと…

  5. 八軒駅

    八軒駅ってどんな駅?【学園都市線を北上するプチ旅行へ③】

    八軒駅は学園都市線の3番目の駅であり、学園都市線一路線だけが乗り入れる…

  6. 北海道

    北海道札幌市内でもラベンダーが楽しめる!おすすめスポット8選【北海道札幌市】

    北海道札幌市でラベンダーを見るなら幌見峠ラベンダー園や滝野すずらん丘陵…

スポンサーリンク

カテゴリー

  1. 大阪府

    松原市の見どころ8選まとめてみました!歴史のある街【大阪府松原市】
  2. 鳥取市

    鳥取砂丘情報館の見どころ!鳥取の情報を知りたいならまずはココへ!【鳥取県鳥取市】…
  3. ミラージュランド

    ミラージュランドの見どころ!プールとバーベキューも楽しめる遊園地【富山県魚津市】…
  4. さぬき市

    さぬき市歴史民俗資料館の見どころ!遠い過去から現代へ、時間旅行の旅に出よう!【香…
  5. ザ・ミュージアムMATSUSHIMA

    ザ・ミュージアムMATSUSHIMA(旧松島オルゴール博物館)の見どころ!ヨーロ…
PAGE TOP