佐賀県佐賀市佐賀城跡

佐賀城跡

佐賀城跡の見どころ!明治期の戦乱の痕跡が生々しい【佐賀県佐賀市】


佐賀県佐賀市にある佐賀城跡は、佐賀県を領有していた鍋島氏の36万石の居城の城跡で、佐賀県佐賀市のシンボルとなるのが佐賀城跡です。佐賀城は戦国大名、龍造寺氏の築城した城を鍋島氏が拡張しました。本丸には5層の天守閣が聳えていましたが(享保年間に焼失)、明治維新期の佐賀の乱で大半の建物が破壊され、鯱の門と続櫓のみが現存しており国の重要文化財に指定されています。城跡の周辺は県立佐賀城公園として整備されていて、桜、ツツジ、水濠の蓮が季節の彩を添えています。春の季節にはこの公園一帯は絶好のお散歩コースになります!

スポンサードリンク

佐賀城跡へのアクセス。JR佐賀駅からは少し離れた場所にあります

佐賀城跡への行き方ですが、JR長崎本線佐賀駅からの場合は徒歩30分の距離にあります。

JR長崎本線佐賀駅からはタクシーを利用すると10分で着きます。

自動車の場合、長崎自動車道佐賀大和インターチェンジを降りると20分ほどで着きます。

バスを利用する場合は、佐賀市営バス佐賀城跡線に乗り、バス停「佐賀城跡」で下車すると、徒歩1分です。

佐賀県佐賀市佐賀城跡

小規模ながらも駐車場も用意されており、自動車を10台まで無料で駐車することができます。

佐賀城跡の構造のあらまし

佐賀城佐賀県佐賀市に位置しており、城郭の構造的には複合式平城です。

堀は幅50メートルもありますが石垣ではなく土塁が築かれています。

平坦地に城が位置しているので、城内の眺望一覧を防ぐために、松や楠が植えられています。

佐賀城が別名「沈み城」と呼ばれていたのは、樹木の中に沈み込んで見え、幾重にも築かれた外濠に有事には水没をさせる城郭構造になっていたためです。

江戸期の慶長年間に描かれたとされる「慶長御積絵図」(佐賀城の完成予想図にあたります)と、城跡の現状は大きく異なっており、佐賀城は未完成のまま存続してきたと言えるでしょう。

明治時代の初期に発生した佐賀の乱は大きな破壊を佐賀城にもたらしました。大半の城内建築は火災によって失われ、残ったのは鯱の門と続櫓のみです。

これらは佐賀城の貴重な遺構として日本国の重要文化財に指定されています。

明治時代に先立つこと江戸の享保年間に焼失したのが本丸の天守閣で形態的には小倉城天守閣並みであったことが最近では推定されています。

佐賀城跡は佐賀城公園として整備されている

佐賀城跡の現在は佐賀城公園として整備が続けられています。

佐賀城公園の見どころ!日本近代化を先導した佐賀藩の歴史を学ぼう!【佐賀県佐賀市】

特に佐賀城の本丸とその周辺は東堀や土塁が復元されました。

佐賀城公園としての佐賀城跡には

  • 佐賀県庁
  • 合同庁舎
  • NHK佐賀放送局
  • 佐賀県立博物館 
  • 佐賀県立美術館

などの各種公共施設が設置されています。

佐賀県立博物館と佐賀県立美術館の見どころ!岡田三郎助のコレクションが自慢【佐賀県佐賀市】

スポンサーリンク

佐賀城跡に至る沿革―江戸期から明治

佐賀城は本来は中世・戦国大名の龍造寺氏が築城した城郭を改修したものです。

戦国の争乱の中で龍造寺氏が滅ぼされると、家臣の鍋島氏がその当初の城郭を継承しました。

鍋島氏が江戸幕府に佐賀藩主として認められると、鍋島氏は佐賀城の改修を行いました。

佐賀県佐賀市佐賀城跡

この時期に、小倉城の天守閣を参考にして外観4重内部5階建ての天守閣も築造されましたが、1726年(享保11年)の大火で本丸の大部分の建築物とともに焼失しました。

その後、本丸が再建され藩の政務は本丸で行われるようになりました。

現存の重要文化財(国指定)である鯱の門(本丸の表門<大手門>の役割を果たしており、名前の由来は屋根に乗せている青銅製の鯱です)と続櫓は1838年の本丸再興で完成したものです。

天守閣は享保年間の大火以来再建されることはありまませんでした。

1874年(明治7年)には、江藤新平らが佐賀の乱(佐賀の役)をおこし、佐賀城は反乱軍の占拠するところとなりました。

政府軍が城郭奪還のために戦闘を行ったことから、城内の建築物はその大半が破壊されました。

この戦闘の痕跡は、鯱の門に残された銃弾の弾痕として認めることができます。

明治以降、佐賀城跡には、県庁などの公共施設が建築されました。

佐賀城跡に至る沿革ーそして現在へ

現存する唯一の遺構である鯱の門と続櫓が重要文化財に指定されたのは、県指定が1953年(昭和28年)、国指定が1957年(昭和32年)でした。

本丸御殿の一番奥にあった「御座の間」は藩主の居室として使われていましたが、1958年(昭和33年)に佐賀市内の公園に移築されました。

2004年(平成16年)には、本丸御殿(江戸期天保年間築造)を模して復元した佐賀県立佐賀城本丸歴史館が完成をしました。

2012年(平成24年)からスタートしたのは天守台の大規模な発掘調査です。それと並行して文献の調査も行われています。

調査の結果、外観は4重、内部は5階建ての天守閣であったことが明らかにされました。

天守閣が描かかれた絵図は寛永年間と慶長年間のものが今日まで2種類伝えられていますが、最上部を除いて破風がまったく描かれていない建築様式であり、小倉城の天守閣に共通する建築様式を特徴しています。

佐賀市の観光・お出かけスポット

佐賀市の他の見どころをまとめました。

佐賀県佐賀市の見どころ9選!知ると行きたくなる魅力の観光スポット【佐賀県佐賀市】

佐賀城跡の見どころ!明治期の戦乱の痕跡が生々しい佐賀県佐賀市】のまとめ

佐賀城跡を多く訪れるのはミドルやシニアの世代の歴史や歴史的建造物に興味・関心がある観光客です。佐賀城本丸歴史館では地元テレビ局サガテレビが主催するする春フェスティバルが開かれますので、イベントには若い世代も多くやって来ますよ!

 

関連コンテンツ

ピックアップ記事

  1. 角館武家屋敷通りの見どころ!紅葉がライトアップ!【秋田県仙北市】
  2. 美郷ラベンダー園で白いラベンダーが見られる?【秋田県美郷町】
  3. 真田幸村の墓で伝説に思いを馳せる!【秋田県大館市】
  4. 伝統的な行事「なまはげ柴灯まつり」とは?【秋田県男鹿市】
  5. 秋田県五城目町の観光スポットは?ほっとできる昔ながらの田園風景!【秋田県南秋田郡…

関連記事

  1. アイキャッチ画像

    佐賀県

    からつ焼炎群(からつやき・ほむら)の見どころ!唐津焼を世界に発信!【佐賀県唐津市】

    佐賀県唐津市の中心街、呉服町商店街にある唐津焼の専門店「からつ焼炎群」…

  2. 佐賀県唐津市大杉皿屋窯

    佐賀県

    大杉皿屋窯の魅力と唐津市のおすすめスポット。伝統工芸の唐津焼に触れる旅【佐賀県唐津市】

    佐賀県唐津市には400年以上の歴史を誇る「唐津焼」を代表する窯元「大杉…

  3. 268機関車

    268号機関車の見どころ情報!鉄道ファン必見の歴史的文化財!【佐賀県鳥栖市】

    佐賀県鳥栖市にある268号機関車は現在日本に2両しか残されていません。…

  4. 丸山遺跡

    丸山遺跡の見どころ!典型的な古式古墳で歴史を学ぼう!【佐賀県佐賀市】

    佐賀県佐賀市の丸山遺跡は、縄文時代後期から弥生時代前期に作られたと云わ…

  5. 唐津城 花火

    佐賀県

    唐津市の観光スポット9選!日本の歴史を楽しめる場所【佐賀県唐津市】

    佐賀県唐津市は佐賀県北西部玄界灘に面した、昔から貿易の拠点として栄えた…

  6. 佐賀県

    石塔院の歴史と見どころ!元寇の勅願祈祷所として建てられた古刹!【佐賀県神埼郡吉野ヶ里町】

    佐賀県神埼郡吉野ヶ里町の石塔院は、鎌倉時代日本に侵攻を企てた元軍を撃退…

スポンサーリンク

カテゴリー

  1. 佐賀県佐賀市松原神社

    佐賀市

    松原神社で鍋島家の歴史を振り返ろう!佐賀県が誇る神社の見どころ!【佐賀県佐賀市】…
  2. 宮城県 仙台市 仙台城跡 夜景

    仙台市

    宮城県仙台市青葉区の厳選観光スポット!歴史やグルメ、魅力あふれるまち!【宮城県仙…
  3. 東伯郡

    鳥取県東伯郡湯梨浜町の見どころ!カフェでまったり!【鳥取県東伯郡湯梨浜町】
  4. 島根県

    有福温泉の見どころ!山陰の伊香保と呼ばれる美人の湯に行ってみよう!【島根県江津市…
  5. 宮崎市

    宮崎県立美術館は建物のデザインも素晴らしい!前衛美術家・瑛九の世界に浸る【宮崎県…
PAGE TOP