沖縄県那覇市南窯

南窯(ふぇーぬかま)

南窯(ふぇーぬかま)は沖縄県唯一の現存荒焼釜!カフェもある”やちむん通り”のくつろぎスポット【沖縄県那覇市】


南窯(ふぇーぬかま)は沖縄に現存する唯一の荒焼窯として沖縄県の文化財にも指定されています。沖縄県那覇市と言えば必ず一度は訪れたい観光地として有名ですよね!今回は、その沖縄県那覇市にある南窯(ふぇーぬかま)をご紹介させていただきます。沖縄への観光を検討されている方は、ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです!

スポンサードリンク

南窯(ふぇーぬかま)ってどんな所?

沖縄県那覇市南窯

沖縄県那覇市南窯

南窯のある壺屋という街は、琉球王朝時代に沖縄各地にあった窯場を統合したのが始まりです。

また、南窯は首里王府の拝領窯として伝えられ、県の文化財にも指定されています。

平成8年頃まで窯に火が入っており、酒甕・獅子・花器などが荒焼として焼かれていました。

荒焼とは、色づけせず火の具合で焼しめる焼物のことで、素朴な色合いと温かな手触りが特色です。

カフェは絶好の休憩スポット

この登り窯に隣接してカフェが設置されております。

独特な雰囲気のあるお店で通りでもひときわ目立つ名所となっています。

沖縄県那覇市南窯

カフェで使われている器はもちろん壷屋焼で、リゾート気分を盛り上げてくれると共に、希望すれば窯の見学も可能とのことで知識欲も満たしてくれます。

ゆるやかな雰囲気のジャズが流れる店内に入ると、壷屋焼のギャラリーかと思うほどの立派なシーサーや壷が数多く並んでいます。

沖縄県那覇市南窯

カフェで供される飲み物は

  • コーヒー
  • さんぴん茶
  • ジュース
  • ビール
  • 泡盛

など各種取り揃えられていて、軽食もホットサンド、ホットケーキなどがあります。

ジュースは

  • 生シークヮーサー
  • マンゴー

など、沖縄の定番も!

ビールはお約束の”オリオンビール”、泡盛も30年物の古酒があるなど、嬉しい限り!

サイドーメニューの

  • ちんぴん(沖縄風クレープ)
  • ポーポー(味噌入りクレープ)

は、沖縄ならではのメニューですね!

店内の階段を上がった先には、ちょっとした個室のような落ち着く空間になっています。

このお店は、やちむん通りの丁度真ん中くらいにあり、壷屋焼の買い物で歩き回った疲れを癒すのに最適です。

沖縄モノレールを利用して訪れる際には、牧志駅もしくは安里駅が最寄駅ですが、安里駅で下車しひめゆり通りを経由してやちむん通りに向かうのをおすすめします。

やちむん通りに入って壷屋焼の古風なお店がすぐに見つかり、買い物をした後に南窯(ふぇーぬかま)で休憩することができるからです。

スポンサーリンク

 意外と知らない壺屋焼(つぼややき)のアレコレ

沖縄に壺屋焼のお店はたくさんありますが、壺屋焼には種類があるのはご存知でしょうか?

いい作品に巡り合う為には、その作品の背景を知る事も大切な事です。

ということで、続いてはその壺屋焼の種類についてご紹介させていただきます。

まず壺屋焼とは何か?壺屋焼は沖縄県那覇市壺屋地区及び読谷村、その他で焼かれる陶器です。

登り窯を中心に、灯油窯やガス窯なども用いながら伝統の技法を受け継いでいます。

琉球の焼き物の歴史は、縄文時代の出土例などが知られていますが、より本格化するのは高麗瓦が出現する12、3世紀以降です。

浦添城などから「癸酉年高麗瓦匠造」の銘のある高麗瓦が出土しています。

この「癸酉(みずのととり、きゆう)」は1153年か1273年かのいずれかを指すという説が有力(諸説あり)となっています。

ですが、この高麗瓦が沖縄で焼かれたのか、朝鮮半島で焼かれたのかはまだ明らかになっていません。

近年では、浦添ようどれの発掘現場から高麗瓦の窯跡らしきものが発見されたとの報道がされました。

しかし、時期は14世紀後半から15世紀前半とみられ、これが事実である場合は当時から琉球では独自の高麗系瓦を造っていた事になります。

16世紀には、中国からの帰化人で琉球最初の瓦工とも言われる渡嘉敷三良の活躍が知られています!

今日、壺屋焼があるのはこの民芸運動家らによるところが大きく、彼らは日本国内で生産される日用雑器の「用の美」と呼ばれる実用性と芸術性に注目しました。

壺屋焼の、本土の陶磁器にはない鮮やかな彩色が目を惹き、庶民の日用品でこれほどまでに装飾性を兼ね揃えたものは珍しいと評価もしています。

太平洋戦争(沖縄戦)で沖縄全土が焦土と化してしまう中、壺屋地区は比較的軽微な被害で済みました。

しかし、一帯の都市化の進行とともに薪窯の使用が規制されると、伝統的な技法を失った当地では再度、存続の危機を迎えます。

そのため、今日では薪窯を認可した読谷を始め、壺屋地区以外にも窯元が分散することとなり、およそ100ほどの窯元が県内に見られます。

南窯(ふぇーぬかま)は沖縄県唯一の現存荒焼釜!カフェもある”やちむん通り”のくつろぎスポット【沖縄県那覇市】のまとめ

南のリゾート地としての魅力だけではなく、焼き物の歴史も沖縄県には詰まっています。今回はその歴史について長くなってしまいましたが、壺屋焼の歴史を知ることで、ただ眺めているよりもこれにはこういった背景がある、という認識で見るのでは見るととでは、焼き物への興味がわいてくる度合いが違うのではと、個人的には感じます。目の前の焼き物に、より没頭できる時間も増えて、有意義な旅を楽しめるのではないでしょうか。是非いい作品との出会いをお楽しみいただき、歩き疲れた時には南窯で一休みしてゆっくりと、出会った作品を鑑賞する時間をお楽しみください。ぜひ、本物を鑑賞してみましょう。

 

関連コンテンツ

ピックアップ記事

  1. 秋田駒ヶ岳の見どころ!美しい山の風景を楽しもう!【秋田県山本郡藤里町】
  2. 秋田県潟上市の観光スポットは?天王グリーンランドや梅の里など【秋田県潟上市】
  3. 秋田県大仙市の観光スポットは?大曲の花火に唐松神社など【秋田県大仙市】
  4. 横手やきそば四天王決定戦の見どころ情報【秋田県横手市】
  5. 千秋公園で久保田城など歴史に触れる!【秋田県秋田市】

関連記事

  1. 沖縄県宮古島市下地島空港

    下地島空港

    下地島空港の観光情報!訓練用空港から国際線ターミナルを備えた空港へ飛躍します【沖縄県宮古島市】

    沖縄県宮古島市にある下地島空港は沖縄で最も大きい環礁にある空港です。伊…

  2. 沖縄県那覇市福州園

    沖縄県

    福州園は那覇市と中国の福州との架け橋!ライトアップされる夜は幻想的です【沖縄県那覇市】

    福州園は沖縄県那覇市の玄関口となる那覇空港からすぐ近くにある観光スポッ…

  3. 沖縄県うるま市ビオスの丘

    うるま市

    ビオスの丘は自然のテーマパーク!水牛車とカヌーを楽しもう!【沖縄県うるま市】

    沖縄県うるま市にあるビオスの丘は、自然豊かな沖縄県北部の自然と触れ合う…

  4. 沖縄県那覇市屋台村

    国際通り屋台村

    国際通り屋台村で沖縄料理に舌鼓!口コミでも評判のグルメスポット【沖縄県那覇市】

    沖縄県那覇市の国際通り屋台村は、那覇市随一の繁華街である国際通りにある…

  5. 沖縄県那覇市公設市場

    沖縄県

    牧志公設市場はお土産も充実した沖縄の台所!持ち上げで沖縄グルメを満喫しよう!【沖縄県那覇市】

    沖縄県那覇市の牧志公設市場は、泡盛やソーキそばをはじめ、カラフルな魚や…

  6. よしもと沖縄花月

    よしもと沖縄花月は沖縄のお笑いの発信基地!移転してリニューアルしました!【沖縄県那覇市】

    沖縄県那覇市にある「よしもと沖縄花月」は沖縄本島から渡嘉敷、座間味など…

スポンサーリンク

カテゴリー

  1. 亀岡市

    京都府亀岡市の見どころスポット情報!歴史と自然の観光地【京都府亀岡市】
  2. 岐阜県

    岐阜県瑞穂市の見どころ10選!自然の中に文化財の数々!歴史に触れる【岐阜県瑞穂市…
  3. 春日市

    春日市の見どころ!弥生の文化を今に伝える公園都市【福岡県春日市】
  4. 三戸郡

    青森県新郷村で見るピラミッドと歴史を感じるキリスト祭【青森県三戸郡新郷村】
  5. 兵庫県

    相生市の見どころおすすめスポット7選!自然を満喫するならココ!【兵庫県相生市】
PAGE TOP