沖縄県宮古島市池間大橋

宮古島市

池間大橋は宮古島観光に外せない!車を停めて写真を撮りたくなる絶景!【沖縄県宮古島市】


沖縄県宮古島市にある池間大橋は見逃してはいけない絶景スポットです。透き通った青い海は、思わず飛び込みたくなってしまうほど美しいです。ドライブの際はどうか脇見運転に気を付けてください!本記事では池間大橋の魅力をご紹介します。

スポンサードリンク

池間大橋とは?

池間大橋は宮古島と池間島をつなぐ、全長1,425mの橋です。

ドライブコースとして大変有名で、歩いて渡ることもできます。もちろん自転車で走ることもできますよ。

無料で利用でき、橋の各所に車を停められる場所がある親切設計です。

池間大橋の高さ

こんもり盛り上がった部分は海底から25mほどの高さがあります。

これは30tクラスの漁船が通り抜けられる高さだそうです。

この橋の頂上部からは

  • 西平安名崎
  • 大神島

が一望できます。

晴れた日には一面に青空と飛び込みたくなるほど美しい明るく透けるようなエメラルドグリーンの海が広がります。

池間大橋を渡るとすぐ側に駐車場があり、トイレなども完備されています。

周辺には何があるの?

島ダコで有名な「すむばり食堂」

宮古島の池間大橋近くには「すむばり食堂」という島ダコ料理のお店があります。

こちらは夏になると行列が出来るほどの人気店で、

  • 柔らかく噛むほど旨味が出るタコを使った「すむばりそば」
  • タコの親子丼のような「たこ丼」

が有名です。

生のサトウキビを味わえる海美来(かいみーる)

池間大橋を渡って池間島の駐車場近くには、生のさとうきびをしぼったジュースやブルーシールアイスが食べられる「海美来」という売店があります。

沖縄県宮古島市池間大橋

島にはグラスボートに乗れる施設があります。池間島に入り少し直進すると左側に事務所があります。

船底が透明になっているため、珊瑚や熱帯魚の生息している様子を見ることができます。

大きさも色も様々に美しい、海の生き物を堪能したい方は是非利用してみてはいかがでしょうか。

池間大橋をもっと楽しむ予備知識

池間大橋は宮古島市にある島をつなぐ橋の中では最も古いもので、1992年に開通しました。

橋ができる以前、人々は船で宮古島から池間島までを移動していましたが、第7~8代の平良市長であった眞栄城徳松(まえしろとくまつ)さんの尽力により池間大橋が実現しました。

当時は夢物語と言われていた橋の建設を現実のものとした眞栄城徳松さんは、残念ながらその完成を見届けることなくこの世を去られました。

そんな眞栄城徳松さんの銅像が、池間島の池間大橋近くに建てられています。訪れた際には是非見ていただきたいスポットの1つです。

また、その銅像の近くには大きなコンクリートのオブジェのようなものが設置されています。

こちらは池間大橋に実際に使われているブロックで、内部にはどのような構造をしているのかを示す展示もあります。

建築物に興味のある方や詳しい方はチェックするとより楽しめること請け合いです。

スポンサーリンク

展望台から池間大橋をじっくり眺める

池間大橋を渡ると、すぐ近くに先ほど紹介した「海美来」という売店があります。

そのすぐ側に、池間大橋をじっくり見られる「お浜」に降りる少し急な階段があります。

池間大橋を渡ったなら、是非この浜から池間大橋を眺めて見て下さい。

真っ白な浜と静かな波、今しがた渡ってきた池間大橋が作り出す景色は、溜息が漏れるほど開放的で美しいですよ。

沖縄県宮古島市池間大橋

お土産屋さんの屋上が展望台になっており、そこからも池間大橋とお浜を見ることができます。

池間大橋のライバルは伊良部大橋?

2015年(平成27年)1月31日に宮古島と伊良部島を結ぶ”伊良部大橋”が開通しました!

長さは3,540m!無料で渡れる橋としては日本最長の橋だそうです。

こちらもエメラルドグリーンの海を突き抜ける、爽快な景色を楽しめる橋です!

ピークに近いところに車を停められるスペースがあるのも共通してます。

どちらが優れているか、優劣をつけるのは野暮ですね・・

実際に訪れた感想

池間大橋は晴れた日を狙って必ず訪れてほしいと感じました。

宮古島から池間大橋に入る直前、鮮やかなエメラルドブルーの海が突然視界の上半分に現れ、車の中では「おお〜!」という歓声が。

渡っている間は、欄干が少し邪魔をして海をしっかりと見ることはできません。

しかし恐らくもう少し欄干が低かったら、脇見運転で事故が多発してしまうだろうと思います。

途中車が何台が停まることのできる駐車場があり、ここから海を見渡すことができました。

沖縄県宮古島市池間大橋

池間大橋は途中船舶の航行のためアーチを描くように盛り上がっており、そこから下る瞬間が最も感動的でした。

目の前には池間島、橋、両脇には海が広がっています。

じっくり見られない景色は、是非ご自分の目に焼き付けて持ち帰って欲しく思います。

実際に渡ってみると、この橋は単に島と島をつなぐだけのものとして作られたわけでは無く、訪れる人々に美しい海を楽しんでほしいという思いが込められているように感じました。

その付近には車が1、2台駐車できるスペースがあり、そこから写真を撮ることも可能です。

沖縄県宮古島市池間大橋

しかし自転車で通る方の妨げにならないよう注意してくださいね。このスペースは行き帰りのどちらでも停められるようになっています。

橋の途中で釣りをする方も数名見られました。調理設備のあるホテルに宿泊する方は釣りも検討してみてはいかがでしょうか?

冒頭でも触れましたが、歩いて渡る方も数名いらっしゃいました。

池間大橋は他の伊良部大橋や来間大橋よりも全長が短いため、ゆっくり景色を楽しみたいという方は徒歩で渡ると良いかもしれません。

実際に訪れると、あまりに壮大な海の美しさは車で走り抜ける間ではとても堪能しきれないと思いました。

池間大橋は宮古島観光に外せない!車を停めて写真を撮りたくなる絶景!【沖縄県宮古島市】のまとめ

池間大橋の魅力を是非ご自分の目で確かめて下さいね。ただ、訪れる方に気をつけて頂きたいのがゴミの始末です。本記事でご紹介した「お浜」にはたくさんのゴミが捨てられていました。美しい海を守るために、自分のゴミは持ち帰りましょう。この記事が池間大橋を訪れる方の参考になれば幸いです。

 

関連コンテンツ

ピックアップ記事

  1. 小林多喜二の碑を見て文学の歴史に浸る!【秋田県大館市】
  2. 秋田県羽後町は癒しとくつろぎの町!羽後町の歴史や自然に触れる厳選おすすめスポット…
  3. 八坂神社の見どころ!神社巡りが好きな方におススメ!【秋田県山本郡藤里町】
  4. フェライト子供科学館は子供も大人も楽しい施設あり!【秋田県にかほ市】
  5. 沼ノ沢駅の今は?レストランも要チェック!【石勝線全駅制覇⑨】

関連記事

  1. 沖縄県名護市まちなか

    まちなか

    まちなかは沖縄の雰囲気が味わえる商店街!名護市営市場の魅力に迫る【沖縄県名護市】 

    沖縄県名護市の「まちなか」は市街地の中でも昔ながらの地元の台所の役割を…

  2. 国頭郡

    琉球村で琉球文化を満喫!体験メニューも豊富な沖縄観光に外せないテーマパーク【沖縄県国頭郡恩納村】

    琉球村は沖縄県恩納村にある、昔ながらの沖縄”琉球”を再現したテーマパー…

  3. 沖縄県本部町美ら海水族館

    国頭郡

    沖縄美ら海水族館で南の海を満喫しよう!ジンベイザメがお出迎え!【沖縄県国頭郡本部町】

    沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館は沖縄県国頭郡本部町(くにがみぐんもとぶ…

  4. 沖縄県那覇市南窯
  5. 沖縄県那覇市公設市場

    沖縄県

    牧志公設市場はお土産も充実した沖縄の台所!持ち上げで沖縄グルメを満喫しよう!【沖縄県那覇市】

    沖縄県那覇市の牧志公設市場は、泡盛やソーキそばをはじめ、カラフルな魚や…

  6. やんばる自然塾

    やんばる自然塾でマングローブ林を満喫!トレッキングで!カヌーで!【沖縄県国頭郡東村】

    沖縄県国頭(くにがみ)郡東村(ひがしそん)のやんばる自然塾では、太平洋…

スポンサーリンク

カテゴリー

  1. さぬき市

    香川県立亀鶴公園の見どころをご紹介します!四季折々の花と自然を楽しもう!【香川県…
  2. 神奈川県 横浜市 日産本社

    日産グローバル本社ギャラリー

    日産グローバル本社ギャラリーでドキドキ・わくわく!試乗も楽しもう!【神奈川県横浜…
  3. 長崎県

    雲仙市は見どころいっぱいの観光スポット!湯けむりの中で息づく歴史【長崎県雲仙市】…
  4. 秋田県

    秋田県仙北郡美郷町の見どころ観光スポット7選をご紹介【秋田県仙北郡美郷町】
  5. アイキャッチ画像(6回使用済)

    千葉県

    千葉県松戸市、野田市と流山市の日帰り温泉一覧!安近短レジャーの代名詞!【千葉県松…
PAGE TOP