ご褒美型わくわくダイエットアプリ!

ダイエットBOXは、今までの「ツラい」「キツい」「楽しくない」「我慢」といったダイエットをもっともっと楽しくするためのアプリです。

招待コード:goobaを使って登録すると、ナント100ポイントもらえます!

観光

唐人屋敷跡から見る鎖国期の貿易港は見どころ満載!【長崎県長崎市】


長崎県長崎市の唐人屋敷跡。1635年(寛永12年)から幕府は、鎖国政策を行いオランダ、中国との貿易は長崎だけで行うようになりましたが、中国人による密貿易が後を絶たず業を煮やした幕府は、1689年(元禄2年)に現在の館内町のほぼ全域を高い堀で囲み、そこに唐人屋敷をつくり唐人たちを住まわせたのが、唐人屋敷の始まりです。そんな歴史を持つ唐人屋敷跡地を今から紹介します。

スポンサードリンク

唐人屋敷跡へのアクセス

長崎駅より路面電車(正覚寺下行き)に乗車、築町電停で下車、徒歩約10分です。

マイカーでお越しの方は、駐車場がないので最寄りの駐車場に停めてからお越しください

唐人屋敷跡について

1635年(寛永12年)から、中国との貿易は長崎港一港に制限され来航した唐人たちは長崎市中に散宿していましたが、貿易の制限に伴い密貿易が増加し問題になったり、キリスト教禁制の徹底もあり幕府はこの密貿易の対策として1688(元禄元年)十善寺郷幕府御薬園の土地(現在の長崎市館内町)で、唐人屋敷の建築に着手し、翌1889(元禄2年)に完成しました。

周囲は堀と堀で囲われ、大門の脇には番所が設けられ、出入りを監視されていたそうです。

1784年の大火で、唐人屋敷全体が関帝堂を残し全焼、大火以後唐人が自前で住居などを建設することが認められました。

1859年の開国により、唐人屋敷は廃屋化し、1870年に焼失しました

明治維新後、唐人屋敷は廃止され在留中国人は港に近い新地蔵所跡地に移り住み、長崎独特の中国人町を作りました。

スポンサーリンク

今の「新地中華街」です

唐人屋敷は、現在「唐人屋敷跡」として、土神堂(どじんどう)観音堂(かんのんどう)天后堂(てんこうどう)福建会館(ふっけんかいかん)の四堂のみが修復改築してのこされています。

また唐人屋敷の敷地の範囲も東西南北の隅に石碑が建っているのでわかります

入場時間9:00頃~18:00頃 4堂への入場無料

※4つのお堂を散策するには、わかりにくい場所もあるので長崎総合観光案内所(長崎駅構内)か十善寺地区町つくり情報センター(長崎市館内町16-5)でパンフレット(唐人屋敷散策ガイド)を入手してからのほうが回りやすいです。

十善寺地区町つくり情報センター

・土神堂とは

土神とは「福徳正神」とも言われ、土地や家を守り豊作の神様として中国では古くから広く民衆の間で信仰されていたそうです。

昭和25年に老巧化および原爆の被害を受け、石殿を残し解体されてしまったそうです。

現在の建物は、昭和52年に長崎市が復元工事をした土神堂です。

・天后堂とは

天后堂とは、航海安全の神様・天后聖母(媽祖)・財神護国救明の神・関帝を併紀するお堂で、別名「関帝堂」とも呼ばれています

唐人屋敷は、1784年に天后堂を残し全焼しています(6年後の1790年に修復)。

現在の建物は1906年に全国にいる華僑の人たちの寄付で再建したものだそうです。

・観音堂とは

観音堂とは、堂内に千手観音菩薩像と関帝像が安置されており、本尊である観世音菩薩は慈悲の神様として慕われている菩薩で、関帝は商売繁盛の神様として信仰されているそうです。

観音堂は、1737年に建立、その後一度焼失し1787年に再建。

現在の建物は1917年に当地に居住していた中国商人によって改築されたものだそうです。

・福建会館(正門・天后堂)

福建会館は、1868年(明治元年)福建省泉州出身者により創設された「旧八閔(はちびん)会所」で媽祖(まそ)神を祀る唐寺で1888年(明治21年)焼失。

その後、1897年(明治30年)に全面的に改築され、「福建会館」と改称された

本館の建物は、原爆により倒壊し正門と天后堂のみが現存しているそうです。

唐人屋敷跡周辺の観光スポット

周辺の観光地スポットも沢山あります。

ランタンフェスティバルで有名な「みなと公園」、ちゃんぽん、皿うどんで有名な「新地中華街」、「長崎県立美術館」、「出島跡地」などありますが、今回は唐人屋敷跡のすぐ近く(徒歩で1~2分)の「みなと公園」と「新地中華街」を紹介します。

・みなと公園

みなと公園は、唐人屋敷跡から徒歩で約1分、長崎市の中心部である繁華街に隣接しており、観光地新地中華街をひかえています

園内に入ると中国様式の立派な石造りの門が建っており、床面には幸せを運ぶ「鶴」が描かれていたり中華風な庭園となっています。

みなと公園では毎年催しものがありますが、なかでもランタンフェスティバルではメイン会場になり、オブジェやランタンが公園いっぱい展示され、夜はライトアップされて異国情緒に染まり、幻想的な風景を堪能できますよ。

・新地中華街(北門)(南門)

新地中華街は、南北250メートルの十字路に石畳がひかれ、中華料理や中国雑貨店など約40軒が軒をならべています

四方にはそれぞれ色鮮やかな中華門(東、西、南、北門)があります。

各門には、青龍、白虎、朱雀、玄武(蛇と亀)と、方角の神である中国伝説上の動物があしらわれています

それと南門に関しては「みなと公園」と、道路一つまたいで隣接しており、便利です。

新地中華街は、横浜中華街や神戸南京町と比較すると規模的には小さいですが、日本三大中華街の一つとされています

どうぞ皆さんちゃんぽん、皿うどんなど食べ歩いてみてはいかがでしょうか。

長崎新地中華街独特の食文化を堪能!

唐人屋敷跡から見る鎖国期の貿易港は見どころ満載!【長崎県長崎市】のまとめ

広い範囲での散策になりますが、長崎は坂の町と言うほど坂が多いので夏場の散策は水分補給を十分にしつつ、最後は新地中華街で美味しものを食べてくださいね。

 

関連コンテンツ

ピックアップ記事

  1. 石勝線ってどんな路線?【石勝線全駅制覇①】
  2. 八軒駅ってどんな駅?【学園都市線を北上するプチ旅行へ③】
  3. ゴジラ岩で写真を撮ってみよう!【秋田県男鹿市】
  4. 五輪坂スポーツガーデンの見どころ!家族でスポーツを楽しもう!【秋田県雄勝郡羽後町…
  5. 秋田駒ヶ岳の見どころ!美しい山の風景を楽しもう!【秋田県山本郡藤里町】

関連記事

  1. 日本

    徳島市の見どころ10選!文化と歴史が豊富な人気のスポット【徳島県徳島市】

    徳島県徳島市といえば阿波踊りを連想する方も多いはず。ですが徳島市は、文…

  2. 観光

    高知県立坂本龍馬記念館の見どころ情報!幕末の志士【高知県高知市】

    高知県高知市の高知県立坂本龍馬記念館は、竜馬の故郷である途にほど近い、…

  3. 観光

    道の駅みろくの見どころについてご紹介します!【香川県さぬき市】

    香川県さぬき市にある道の駅みろくは、高松と徳島を結ぶ主要幹線道路県道1…

  4. アイキャッチ画像

    観光

    喜多方市でおすすめの観光スポット10選!ラーメンだけじゃない!【福島県喜多方市】

    福島県喜多方市はラーメンの町といわれていますが、ラーメン以外にもたくさ…

  5. 日本

    千葉中央観光農園を満喫!果物好きにオススメの見どころは?【千葉県千葉市若葉区】

    千葉中央観光農園は千葉県千葉若葉区にあります。果物狩りは大変人気のある…

  6. 沖縄県宮古島市東平安名崎

    観光

    東平安名崎の観光情報!灯台から日本百景を眺めてみよう!【沖縄県宮古島市】

    沖縄県宮古島市の東平安名崎は、宮古島に来たなら必ず訪れるべき絶景スポッ…

スポンサーリンク

カテゴリー

  1. 日本

    鹿児島県姶良市の歴史・自然・食を楽しめるおすすめ観光スポット【鹿児島県姶良市】
  2. 観光

    華蔵寺公園の見どころ!休日レジャーの宝庫!【群馬県伊勢崎市】
  3. 観光

    芝政ワールドはキャンプもできるテーマパーク!イベントも沢山!【福井県坂井市】
  4. 秋田県 三種町 釜谷浜海水浴場

    日本

    秋田県三種町の見どころ!じゅんさい生産量日本一を誇る、歴史遺産と温泉の町!【秋田…
  5. 観光

    鹿児島県肝属郡錦江町でおすすめの観光スポット!家族連れも楽しめる!【鹿児島県肝属…
PAGE TOP