仙台市

大崎八幡宮で仙台の歴史を感じよう!緑に囲まれた国宝の見どころは?【宮城県仙台市青葉区】


宮城県仙台市にある国宝大崎八幡宮は、杜の都として有名な東北最大の都市です。最近では「仙台と言えば牛タン!」というイメージですが、仙台の魅力は牛タンだけではありません。今回は、牛タンだけじゃない仙台の魅力の一つ【国宝大崎八幡宮】の魅力を紹介します。

スポンサードリンク

1.大崎八幡宮ってどんな場所?!

大崎八幡宮宮城県仙台市青葉区八幡にあります。仙台駅から北西に5キロほど離れた場所です。

大崎八幡宮は慶長12年(1607年)に伊達政宗公によって創建された400年の歴史のある神社です。

権現造の現存最古の建造物として、桃山様式を今に伝える貴重な存在として昭和27年に国宝に指定され、平成11年(1999年)からは6年の歳月をかけ、大規模な保存補修工事が行われました。

現在は改修工事も終了し、創建当時の様子が再現されています。

創建当時に思いを馳せながら、伊達政宗気分で訪れてみるのも面白いかもしれませんね。

2.大崎八幡宮の魅力は?!

大崎八幡宮の魅力は、仙台の中心地部からそれほど離れていないにもかかわらず、木々に囲まれた荘厳な佇まい仙台の歴史を感じるポイントが境内に点在しているところです。

・目印となる大きな鳥居 

大崎八幡宮の魅力を最大限に味わうには、国道48線沿いに立つ巨大な鳥居から境内に入り、本殿に向かっていくことをおすすめします。

鳥居をくぐると、石畳の通路があります。この通路をこつこつと音を立てて歩いて行くと、小さな石橋がかかっています。

・四谷用水跡

この石橋は【四谷用水】といい、伊達政宗の命により江戸時代に作られた用水路跡をまたいでかけられています。四谷用水はNHKのブラタモリでも紹介され、近年脚光を浴びており、仙台市でも四谷用水再発見事業なども行われています。

・石段

石橋を渡ると、長い石段が待っています。この石段をただ登るだけでは大変なので、何段あるのか数えながら登ってみましょう!!石段を登る辛さも忘れられるかもしれません?!

・杉木立に囲まれた参道

石段を登りきると、両脇を杉木立に囲まれた長い参道が広がっています。高い杉木立に囲まれた参道は荘厳な雰囲気を漂わせています。

・昔ながらの茶屋

参道を本殿に向かってしばらく歩くと、右手に昔の茶屋のような外観をした休憩所があります。この休憩所では甘酒やいろいろな甘味を楽しむことができます。石段を登った疲れを昔ながらのスイーツで癒してみてはいかがでしょうか。

・桃山様式による極彩色の様式美

本殿での参拝を済ませたら、是非その建築様式をじっくり見学してください。修繕により創建時の美しさが甦った極彩色の升組みなどから、桃山文化の様式美を堪能することができます。

本殿には土日であれば観光ボランティアの方がいて、無料で案内をしてもらえます。観光ボランティアの方のガイドを利用すれば、大崎八幡宮を2倍も3倍も楽しむことができます。

スポンサーリンク

3.大崎八幡宮を訪れるならいつがいい?!

大崎八幡宮は訪れる時期によって異なる魅力があります。いつ訪れたとしてもそれぞれの魅力がありますが、一番おすすめの時期は1月14日に行われる【どんと祭】の時です。

宮城県の各地の神社では毎年1月14日にどんと祭が行われます。どんと祭というのは、正月飾りや古いお守りを焼き、その御神火に当たることで新しい一年の無病息災・商売繁盛・家内安全を祈願するお祭りです。

大崎八幡宮で行われるどんと祭は宮城県でも最大規模です。境内では巨大な御神火が焚き上げられ、多くの人が参拝に訪れます。当日はおよそ10万人もの人で大崎八幡宮の境内は終夜賑わいます。

さらに、どんと祭の時には二千名を超える【裸参り】と呼ばれる参拝者がいます。裸参りと言っても本当に裸でお参りをする訳ではありません。

裸参りを行う参拝者は、白い鉢巻、白いさらし、白い足袋にわらじを履き、右手に鐘、左手に提灯を持ってお参りをします。

裸参りを見れば仙台通と言っても過言ではありませんが、機会があったら裸参りに参加してみてはいかがでしょうか?

大崎八幡宮近くの【ホズミ】という衣料店で裸参りに必要な衣装を購入することができますよ!

4.大崎八幡宮にはどうやって行けばいいの?

・路面電車風のバス「るーぷる仙台」で大崎八幡宮へ

大崎八幡宮は仙台の中心部から少し離れた場所にあります。

直接アクセスするには仙台駅西口バスプールの10番、15番乗り場から仙台市営バスに乗り「大崎八幡宮前」で下車するのが一番の近道です。

・「るーぷる仙台」で仙台観光

のんびり仙台観光を楽しみながら大崎八幡宮を訪れたい方には、シティーループバスの【るーぷる仙台】をおすすめしたいと思います!

るーぷる仙台は路面電車風のかわいいデザインをしています。

大崎八幡宮にはもちろん停車しますが、仙台城跡などの仙台市中心部の主要な観光地をぐるっと一周まわってくれます。

るーぷる仙台に乗ってのんびり観光をすれば、一日で仙台通になれるかもしれませんよ?!

5.大崎八幡宮周辺のグルメ

大崎八幡宮の近くにはグルメスポットがたくさんあります。参拝の後は、地元のグルメを是非楽しんで行ってください!

実は、大崎八幡宮近くは鰻の名店が複数ある場所なのです。

・とんかつ石亭 八幡茶屋

住所:宮城県仙台市青葉区八幡4-5-9

昔ながらのとんかつ屋さんです。大崎八幡神宮の入口真横にあるためすぐに見つけられます。ゴールデンポークを使用したおいしいカツが食べられます!

・いわま亭

住所:宮城県仙台市青葉区八幡3-18-19

創業40年老舗の鰻屋さんで、仙台でも有名なお店です。高級感のある落ち着いた雰囲気の店内で、鰻を楽しんでください!

・うなぎ割烹「いとう」

住所:宮城県仙台市青葉区八幡3丁目2-14

知る人ぞ知る鰻の名店です。営業時間が短いため事前に営業時間を確認してから訪れたほうがいいかもしれません!

仙台市青葉区の観光・お出かけスポット

仙台市青葉区のその他の見どころをまとめました。

宮城県仙台市青葉区の厳選観光スポット!歴史やグルメ、魅力あふれるまち!【宮城県仙台市青葉区】

大崎八幡宮で仙台の歴史を感じよう!緑に囲まれた国宝の見どころは?【宮城県仙台市青葉区】のまとめ

仙台は観光で行ける場所が少ないと言われていますが、大崎八幡宮のように地元民に親しまれている穴場スポットがたくさんあります。大崎八幡宮は、桃山様式の建築や四谷用水など仙台の歴史がぎゅっとつまった穴場の観光スポットです。伊達政宗が創建した大崎八幡宮を訪れて、仙台の歴史を感じてみてください。

 

関連コンテンツ

ピックアップ記事

  1. レゴランドではこどもが主役!大人も楽しめる!【愛知県名古屋市港区】
  2. 八郎湖は釣りの名所!ブラックバスや鯉、ワカサギを釣ろう!【秋田県南秋田郡八郎潟町…
  3. 田沢湖の魅力!四季が彩る、泊まるも食すも良し!【秋田県仙北市】
  4. 八軒駅ってどんな駅?【学園都市線を北上するプチ旅行へ③】
  5. 比内とりの市ってどんなイベント?【秋田県大館市】

関連記事

  1. 仙台市

    宮城県庁(展望台 観光情報発信センター)の見どころ!素晴らしい眺望が楽しめる穴場!【宮城県仙台市青葉…

    宮城県仙台市にある宮城県県庁舎と、その中にある展望台・観光情報発信セン…

  2. 宮城県

    十符の里パーク(利府町中央公園)の見どころ!温水プールで1年中水遊びが楽しめる!【宮城県宮城郡利府町…

    宮城県宮城郡利府町にある「十符の里パーク(利府町中央公園)」は、利府町…

  3. 多賀城市

    多賀城廃寺跡の見どころ!東北地方の驚きの歴史に触れる旅!【宮城県多賀城市】

    宮城県多賀城市にある特別史跡「多賀城廃寺跡」は、多賀城とともに建立され…

  4. 仙台市

    仙台駅は牛タン弁当など駅弁が充実!東北地方最大都市の玄関口!【宮城県仙台市青葉区】

    宮城県仙台市にある仙台駅は、伊達藩のおひざ元である仙台市にある、ご存じ…

  5. 宮城県

    仙台うみの杜水族館の見どころ!仙台の新たな観光名所を堪能!【宮城県仙台市宮城野区】

    宮城県仙台市宮城野区にある仙台うみの杜水族館は、三陸の海と世界の海を一…

  6. 仙台市

    仙台駅牛たん通りの見どころ!仙台で牛タンを食べるならココ!【宮城県仙台市青葉区】

    宮城県仙台市にある牛たん通りには仙台名物、牛タンの専門店が多く立ち並び…

スポンサーリンク

カテゴリー

  1. いの町

    にこ淵の見どころは秘境の中の“神秘の仁淀ブルー”!【高知県吾川郡いの町】
  2. アイキャッチ画像

    さいたま市

    さいたま市見沼区の見どころ!田園風景とフルーツ狩り!【埼玉県さいたま市見沼区】
  3. 奈良県 桜井市 大神神社 遠景

    大神神社

    大神神社の見どころやイベント!日本最古の神社!【奈良県桜井市】
  4. 愛知県

    田原市の観光情報!渥美半島の先にある市?【愛知県田原市】
  5. 仙台市

    宮城球場の見どころ!コボスタ宮城から楽天生命パーク宮城に愛称変更【宮城県仙台市宮…
PAGE TOP