観光

安国寺は室町幕府の祖・足利尊氏の生家!一休さんのモデルにもなったお寺です【京都府綾部市】


京都府綾部市の安国寺は足利尊氏が生まれたといわれている場所です。足利尊氏は室町幕府の創設者であり、武家社会主導の政治を強引に推し進めようと奮闘しますが、未だ鎌倉時代の色濃く残る公家社会主体の世の中では、気苦労が絶えなかったでしょう。ここでは、そんな室町幕府が生まれる由縁となった安国寺の魅力をご紹介します。

スポンサードリンク

安国寺の歴史とその推移

光福寺と呼ばれていた

お寺の伝承によると、この安国寺は元々「光福寺」と言われてました。

足利尊氏の母方の縁故の地で、母の名は上杉清子で、父足利貞氏の側室でした。

母である清子は藤原氏の流れをくむ上杉氏の公家の出で、2人の間にこの尊氏が産まれたのです。

元々この一帯は上杉の庄で、ここから全国に上杉姓が広がって行きます。

公産湯の井

安国寺には、足利尊氏の「公産湯の井」というものがあり、当時、上杉の菩提寺であったこの寺で産湯を使ったとされています。

父の足利貞氏は鎌倉幕府が成立した当初の、源頼朝の時代をいつくしんでいたようです。

鎌倉時代の終わりには公家社会で、武家の威信は失墜しており、それを憂いていたのでしょう。

足利家も当時の幕府であった北条氏の家来の1人に過ぎませんでした。

しかし、源の家系であり、足利家が将軍にとの機運も高まりを見せていたのです。

足利尊氏はそうした流れによって、武家の棟梁にのし上がって行きます。

まだ公家の力が強かったこともあり、戦に勝利しても帝の一言で仇敵にされるこの時代を、うまく乗り切って見せたと言えるでしょう。

この頃から再び武家が力を増して行きます。

足利家と縁の深かった上杉家も公家から武家へと変わって行くのです。

安国寺の繁栄時代

尊氏が鎌倉幕府を倒すと室町幕府をおこします。

安国寺は、この足利幕府と上杉氏の後ろ盾により、隆盛期を迎えることになりました。

安国光福寺

1341年、釈迦三尊坐像を本尊とし、その名も「安国光福寺」と改められました。

当時、

  • 塔頭十六
  • 支院二十八

をもつ大寺院に成長しており、その知名度もかなりのものでした。

尊氏は元弘の乱の後に戦で亡くなった人々の死後の冥福をとむらうために、全国6カ所に安国寺を建てました。

しかし、室町幕府の衰退と共に、この安国寺も衰退の一途を辿ります。

また、山津波によって山門が破壊された歴史もあるそうです。

縮小化を余儀なくされはしましたが、歴代の住職と檀家さんにより、貴重な文化遺産が守られてきました。

安国寺の見どころ

全国安国寺の筆頭だったこの安国寺には、文化財も多く残っています。

仏殿

石段を登って行くと四脚門の山門が見えます。

すぐにお目当ての仏殿が見えることでしょう。

茅葺屋根のこの建物が本殿で「仏殿」と言われるものです。

この本堂の横には、

  • 庫裡
  • 方丈

も見えます。

スポンサーリンク

文殊菩薩・普賢菩薩

本堂には本尊に重要文化財のお釈迦様を祀っており、両脇には、

  • 文殊菩薩
  • 普賢菩薩

を従えています。

この内部の構造は禅宗の特徴を生かした作りとなっています。

境内のあちらこちらには、小さなお堂や祠があり庭の景色も情緒があります。

ツツジの紅葉が素晴らしい!安国寺もみじ祭りが開催されます

安国寺は紅葉の名所となっており、紅葉で真っ赤に染まったツツジが、池の水面にあざやかな深紅の色彩を添えています。

毎年11月中旬には安国寺もみじ祭りが開催され、見事な紅葉を目に焼き付けようと大勢の観光客が訪れます。

他にも、足利尊氏とその母上杉清子の墓もあり、直接お参りすることもできます。

安国寺の鐘楼なども文化財であり、目に見える一つ一つが貴重なものです。

木造地蔵菩薩半跏像

重要文化財の「木造地蔵菩薩半跏像」は母清子が尊氏を生むときに祈った像とされており、平安時代の像らしい優美さが感じられるでしょう。

安国寺文書

また、五巻三幅と言われるこの安国寺秘蔵の安国寺文書もこちらにあります。

当時の繁栄ぶりがうかがえる貴重な資料となっており、重要文化財の指定を受けています。

安国寺を訪れた人の口コミ・感想

紅葉の季節に訪れればその美しさに圧倒されること間違いなしの安国寺ですが、ここで実際に行った方の口コミ、感想を見てみましょう。

「本堂裏手のドウダンツツジが紅葉する頃に訪れたのですが、真っ赤に色づいた木々は手が行き届いており、まるで日本画を見ているかのようでした。樹齢160年といわれるツツジの木が長い間に渡ってみごとな紅葉を繰り返してきたかと思うと深い感慨にふけってしまいました。」

「アニメが好きなのでいきました。一休さんのもととなった場所です。雰囲気が同じで人も少なくてオススメです。紅葉も綺麗ですが、きらびやかなお寺と言うよりは、小さなお寺が集まり落ち着きのある空間です。かやぶきのような屋根もおもむきがありよかったです。」

安国寺の基本情報

  • 名称:安国寺
  • 住所:〒623-0104 綾部市安国寺町寺ノ段1
  • 電話番号:0773-44-1565
  • アクセス方法:◆JR山陰線「綾部」駅からあやバス(黒谷線)で「安国寺前」下車、徒歩10分
    ◆JR舞鶴線「梅迫」駅から徒歩15分

京都府綾部市の観光・お出かけスポット

綾部市の他の見どころをまとめました。

京都府綾部市の見どころ!寺院、温泉を楽しむ観光スポット10選!【京都府綾部市】

安国寺は室町幕府の祖・足利尊氏の生家!一休さんのモデルにもなったお寺です【京都府綾部市】のまとめ

安国寺と言えば一休さんですが、その一休宗純もこの寺に居ました。様々な著書や名言を残しながらも、晩年はマラリアにかかり「死にとうない」と言いながらこの世を去ったのだそうです。紅葉の名所にもなっている安国寺を一度訪れてみてはいかがでしょうか。

 

関連コンテンツ

ピックアップ記事

  1. 秋田県大仙市の観光スポットは?大曲の花火に唐松神社など【秋田県大仙市】
  2. 三峡の秘湯 上畑温泉さわらびの魅力とは?【秋田県横手市】
  3. サルスベリ並木の見どころ!爽快にドライブを楽しもう!【秋田県南秋田郡井川町】
  4. ハチ公よさこい祭りの見どころ情報【秋田県大館市】
  5. 男鹿半島を遊覧船で島めぐり!【秋田県男鹿市】

関連記事

  1. 観光

    岐阜県加茂郡八百津町の見どころ!緑や水が町中に溢れていてとても癒される!【岐阜県加茂郡八百津町】

    岐阜県加茂郡八百津町は岐阜県の中南部にあり、面積の80%が山林と緑に囲…

  2. 観光

    付知峡の見どころ!豊かな自然がそのまま残っています!【岐阜県中津川市】

    岐阜県の中津川市にある付知峡とは木曽川自然公園の一部であり、手つかずの…

  3. 観光

    熊本県上天草市の観光スポット10選!美麗な眺望に感動【熊本県上天草市】

    熊本県上天草市は天草地域の玄関口でもあり、大小さまざまな島々を天草五橋…

  4. アイキャッチ(1)

    日本

    大阪市中央区の見どころ9選をまとめました!大阪らしさが感じられる街!【大阪府大阪市中央区】

    大阪府大阪市中央区は観光に事欠かないエリアであり、大阪らしいエリアとな…

  5. 観光

    豊根村観光おススメスポット10選!人口1,200人のアットホームな村【愛知県北設楽群豊根村】

    豊根村は愛知県内最高峰1,415メートルの茶臼岳の麓、人口1,200人…

  6. 観光

    京都府伊根町の見どころ8選!舟屋と新鮮な魚介類があふれるまち【京都府与謝郡伊根町】

    京都府伊根町は丹後半島の北東部に位置する舟屋で知られている町で、漁業が…

スポンサーリンク

カテゴリー

  1. 観光

    吾岡山文化の森公園の見どころ情報!遊具がいっぱい!【高知県南国市】
  2. 観光

    平賀神社の見どころを紹介します!高松市北西にある平賀八幡宮です!【香川県高松市】…
  3. 観光

    女化神社の見どころとは?珍しい親子狐が迎えてくれる神社【茨城県牛久市】
  4. 観光

    山口県熊毛郡田布施町の観光スポット10選! 2人の総理大臣を輩出した古墳のまち!…
  5. 観光

    福沢諭吉旧居は大勢の人が訪れる!今も生き続ける明治の偉人【大分県中津市】
PAGE TOP