絵金蔵

絵金蔵の見どころ!生々しい芝居屏風絵をいまに伝える美術館!【高知県香南市】


高知県香南市の絵金蔵幕末から明治期にかけて活躍した「絵金蔵」こと天才絵師「弘瀬金蔵」の芝居絵、屏風絵を23点保管する美術館で、JR高知駅から車で約40分のところにあります。

スポンサードリンク

絵金蔵のアクセス情報

絵金蔵へのアクセスは県庁所在地の高知市からちょっと遠めですね。

下に挙げるような交通手段でアクセスすることができます。

  • 車の場合:JR高知駅からは約40分、南国インターチェンジからは約30分
  • JRの場合:ごめん・なはり線でお越しの方。JR高知駅よりごめん・なはり線あかおか駅まで約40分、あかおか駅より徒歩5分
  • 飛行機の場合:高知龍馬空港よりタクシーで約10分

絵金蔵のあらまし

赤岡町(香南市)の住民は長らく自主的な住民参加型のワークショップを運営してきましたが、8年の運営を経て、2005年に郷土ゆかりの絵師、広瀬金蔵の屏風絵を保管・展示する

絵金蔵

開館させました。

ワークショップを営んできた住民たちの想いは、こんなところにも現れています。

絵金蔵の建物は米蔵を改造しました。薄暗い展示室には、提灯を手にして入ります

古い布をキルトにして街並みを再現しました。街の奥さん連中は黒衣の人形を手作りしました。

どんなお客が絵金蔵を訪れる?

子どもから大人まで幅広い層のお客様が絵金蔵を訪れますが、毒々しい芝居絵・浮世絵が好みのコアな美術ファンが多いです

訪れる観光客も年々増加中です。

土佐赤岡絵金祭りの時期をおすすめいたします

毎年の7月の第3土曜日、日曜日には土佐赤岡絵金祭りが開かれます。場所は赤岡町本町・横町商店街で、午後6時から午後9時までです。

「絵金」こと弘瀬金蔵の生涯について学ぼう!

弘瀬金蔵江戸時代の末から明治期にかけて活躍した浮世絵師です10回以上改名をしていて、さまざまな名前で呼ばれることがありますが通称は

弘瀬金蔵

として知られており、特に高知県地方では

絵金

愛称で呼ばれています別号としては

  • 「雀七」
  • 「友竹」
  • 「友竹斎」
  • 「雀翁」

と呼ばれています。

弘瀬金蔵こと絵金蔵は土佐藩の高知城下の髪結いの家に生まれました。当初の姓は木村氏でしたが、医家の養子となって弘瀬の姓となりました。

子どもの頃から絵画の才能が周囲に高く評価されたので、16歳の時に江戸へのぼり土佐藩の江戸藩邸の御用絵師の前田洞和に師事をしました

また、幕府お抱えの御用絵師、駿河台狩野家の洞益にも師事したらしいの説もあります。短くても10年以上かかる絵師としての修業を3年で納めて、高知に戻りました。

その時の名は林洞意といいました。わずか20歳の時に土佐藩の家老の桐間家のお抱え絵師になりました

しかし、思わぬ試練が金蔵を襲います。狩野探幽の贋作を描いたというえん罪をかけられたのです。

この結果、御用絵師の職を解かれて、高知城下を追放され、入門した狩野派からは破門されました。この時に、金蔵の描いた水墨画は破却されました

金蔵こと林洞意が実際が贋作を描いたことはないでのですが、習作としての狩野派の大家を模写した作品を古物商が入手して高知城下の収集家の間に出回ったようです。

わずか20歳で町人から御用絵師に出世した金蔵は周辺の画家から妬まれて、贋作えん罪をでっち上げられたというのが経緯のようです

金蔵は城下を離れざるを得ませんでした。医家から弘瀬の姓を買い取りましたが、その後の生涯は謎に包まれています。

幕末の慶応の年間に赤岡町(現在の香南市)に住み着いて、町絵師の金蔵を名乗るようになりました

金蔵は町の人々から「絵金」として親しまれて、数多くの絵を描きました。たとえば、それらの作品は

  • 芝居絵
  • 台提灯絵
  • 絵馬
  • 凧絵

などがあります。

「絵金」は、血みどろな風俗画であった芝居絵は現在に至るまで高い人気を得ています。その作品の特徴をなすのは、

  • 「奔放な墨線の濃淡」
  • 「泥絵具を駆使した強烈な色彩」

です。

明治維新後は、赤岡町から高知市内に戻りましたが、晩年は右手の障害を生じて、左手で絵を描くようになりました

1876年3月に65歳で没しました。墓は、3年後に妻が金蔵の後を追って没した後で、市内の薊野の浄土真宗寺院に立てられています。

晩年に至るまでに数百人の弟子を擁していたと言われていますが、今日まで名前が伝わっているのはわずかに10名ほどです

金蔵自身の作品は現在のところ200点程度が確認されており、個人蔵の作品の他に高知県立美術館や香南市の収蔵館「絵金蔵」にコレクションされています。

スポンサーリンク

極彩色の血みどろの芝居絵の魅力

絵金蔵の芝居絵の魅力をここで改めて顧みてみましょう。

金蔵はごく極彩色の血みどろ色の絵の具を用いて荒々しい筆致で1.8メートル(六尺)四方の二曲一隻の屏風絵を描きました。描き出されたのは芝居絵の修羅場の情景です。

絵を見る者は今日でも、蝋燭の火影で揺らめき今にも動き出さんばかりの迫力に圧倒されてしまいます。金蔵の主な作品は屏風絵です。

蝋燭灯りの闇の中で神秘的な感じすら観者に催させるのです。絵金蔵では常設展示では展示室を薄暗くしています。

常設展示の芝居絵は、展示替えが行われています。薄暗く照明された常設展示室内で毒々しい屏風絵と向き合う時に聞こえてくるのは、赤岡海岸の波の音のみです

文化を守るための日常の活動

香南市内には、23枚の屏風絵が残されていていましたが、それらは市内の各所にプライベートコレクションとして保存されてきました

市内の商家に私蔵されてきたこれらの屏風絵には経年劣化による痛みが見られるようになりました。

そのために、赤岡町(香南市)の文化財を後世に伝え残していく収蔵庫としての役割を果たすべく「絵金蔵」が設けられました

収蔵庫の中のレプリカではなくて本物を見て頂くために、壁に穴を設けて見ることができるようにいたしました。

常設の展示は1回に2枚の屏風絵の展示で、ひと月に1回の展示替えを行います

絵金蔵が生誕してから200年後の2012年には新しい展示ケースが完成しました。

企画展示のコーナーも誕生して、絵金蔵の作品の魅力をじっくりと堪能できるようになりました随時展示替えが行われます

香南市の観光・お出かけスポット

香南市の他の見どころをまとめました。

高知県香南市の見どころスポット7選!南国の海と山をとことん味わおう【高知県香南市】

絵金蔵の見どころ!生々しい芝居屏風絵をいまに伝える美術館!【高知県香南市】のまとめ

幕末から明治期にかけて活躍した「絵金蔵」を肌で感じていただきたいと切実に思います。高知県高知市には、絵金蔵の他にもたくさんの魅力ある観光スポットがありますので、是非高知県へ観光にお越しいただき、あなただけの有意義な時間を過ごしてくださいね!

 

関連コンテンツ

ピックアップ記事

  1. 秋田県美郷町は温暖な気候に恵まれた湧水の町!豊かな自然と共に生きる美郷町の観光ス…
  2. 横手やきそば四天王決定戦の見どころ情報【秋田県横手市】
  3. 秋田県東成瀬村の観光スポットは?赤滝や大柳沼で自然満喫!【秋田県雄勝郡東成瀬村】…
  4. 秋田県にかほ市が誇る名勝!有名人!にかほ市の厳選観光スポット!【秋田県にかほ市】…
  5. 五輪坂スポーツガーデンの見どころ!家族でスポーツを楽しもう!【秋田県雄勝郡羽後町…

関連記事

  1. ヤ・シィパーク

    ヤ・シィパークの見どころ!海浜公園と道の駅!【高知県香南市】

    高知県香南市のヤ・シィパークは高知県の東部に位置する海浜公園です。こち…

  2. 室戸市

    高知県室戸市の見どころスポット7選!自然の宝庫、ジオパークを堪能【高知県室戸市】

    室戸市はあ日本八景のひとつ室戸岬を中心として、南北に山々、東西にのびる…

  3. 高知県四万十市 一條神社

    一條神社

    一條神社の見どころ情報!由緒正しい歴史的な雰囲気【高知県四万十市】

    高知県四万十市にある一條神社は、歴史感のある神社です。周囲も自然に溢れ…

  4. 三原村

    三原村の見どころ観光スポット情報!硯とどぶろくの村【高知県幡多郡三原村】

    三原村には米やお茶などの特産品があり、中でも米を使って作るどぶろくが有…

  5. 高知市

    龍馬の生まれたまち記念館の見どころをご紹介!龍馬の歴史を追ってみよう!【高知県高知市】

    高知県高知市にある龍馬の生まれたまち記念館は、龍馬の人間形成の基盤とな…

  6. 四万十市

    高知県四万十市にはどんな見どころがある?おススメ観光スポット!【高知県四万十市】

    四万十市は高知県の南西部にあります。市の面積の多くを山林が占めており、…

スポンサーリンク

カテゴリー

  1. 群馬県

    群馬県館林市の見どころ10選!関東一暑い!?【群馬県館林市】
  2. 佐賀県佐賀市佐賀城跡

    佐賀城跡

    佐賀城跡の見どころ!明治期の戦乱の痕跡が生々しい【佐賀県佐賀市】
  3. 富士吉田市

    山梨県富士吉田市の見どころ!道の駅 富士吉田はグルメも充実!【山梨県富士吉田市】…
  4. 中央区

    千葉市科学館で子供と一緒に学ぶ!知的好奇心を満たせる見どころスポット!【千葉県千…
  5. 久世郡

    京都府久御山町の見どころ情報!四季折々の変化を肌で感じられる【京都府久世郡久御山…
PAGE TOP