神奈川県 横浜市 横浜スタジアム 空撮

中区

横浜スタジアムは古くて新しい?!グルメも楽しめるハマスタの魅力!【神奈川県横浜市西区】


横浜スタジアムは、1977年に日本初の多目的スタジアムとして開業して以来、野球に限らず様々なイベントの会場として利用され続けてきました。近年ますます盛り上がりを見せる日本プロ野球。今も昔も、プロ野球が感動の宝庫であることには変わりがありません。横浜スタジアムは「横浜DeNAベイスターズ」の本拠地でもあり、ファンの方とともに日々新たな物語をつむぎ続けています。日本各地にあるドーム球場やスタジアムと比べて抜群にアクセスが良く、さらに周辺には中華街や山下公園などの横浜を代表する観光スポットがひしめいていることから、ベイスターズファン以外にも愛されるスタジアムとなっています。今回はそんな横浜スタジアムの魅力やアクセス方法について、より詳しく見ていくことにしましょう。

スポンサードリンク

横浜スタジアムとはどんなスポット?

横浜スタジアムは、ベイスターズがまだ大洋ホエールズだった1977年に開場しました。

長い歴史の中で何度か改修が行われ、

  • 横浜の「Y」の字をモチーフにした照明塔
  • 天然芝に限りなく近い質感の人工芝
  • よりフィールドに近い場所で野球を楽しめるエキサイティングシート

など、ファンも選手も気持ちよく野球を見られる、また野球ができるように進化を遂げてきました。

横浜ベイスターズの本拠地としてはもちろんのこと、

  • 高校野球の神奈川県大会
  • 関東地区大学野球選手権大会

など、神奈川県内で行われる大規模な野球の大会はほとんどがこのスタジアムで行われます。

他の球場と比べて、観客席の傾斜が少し急になっている分、上段の方でもフィールドを見通すことができるのもメリットです。

晴れた日の外野席上段からの見晴らしは非常に良いものとなっています。

また、エキサイティングシートでは、迫力あるプレーを間近で見ることができ、試合終了後には選手とハイタッチができることも魅力です。

横浜スタジアムの場所・アクセス方法とは?

横浜スタジアムは

  • みなとみらい線・日本大通り駅
  • 根岸線・関内駅

を最寄り駅としており、どちらの駅からも徒歩3分程度で到着できるため、日本に数あるプロ野球の本拠地の中でもトップレベルにアクセスが良いスタジアムとなっています。

試合が延長戦になって、22時を過ぎてしまうことがあっても終電の心配はほとんどありません。

神奈川県 横浜市 横浜スタジアム ナイター

横浜市内からのアクセスだけでなく、東京都内からのアクセスの際にも終電を気にせず観戦できることは大きなメリットとなっています。

車によるアクセスをする場合には、県道13号線を首都高速沿いに南下して、横浜公園ICまで出ればすぐに到着できます。

試合開催時は周辺駐車場が満車になってしまうことも多いので、できるだけ公共交通機関を利用した方がよいでしょう。

開放的な雰囲気の中で心ゆくまで野球を楽しむ!

ドーム球場と違い、横浜スタジアムは屋外であることから抜群の開放感を楽しむことができます。

晴れた日のデイゲームは、真っ直ぐに降り注ぐ陽の光と相まって思い出深いものになることでしょう。

ナイトゲームにはまた違った良さがあり、特に暑い季節になると夜風に吹かれながら選手たちの全力プレーを眺めつつ、売り子さんから買ったビールを飲み干す至福の時間を楽しむことができます。

スポンサーリンク

ハマスタの定番グルメは?

夏場になると、横浜スタジアムでは定番のスイーツが販売されます。

それが、かき氷の上に缶詰のみかんが山盛りになった「みかん氷」です。

甘酸っぱいみかんとかき氷の冷たさが絶妙にマッチしていて、暑い夏の日の観戦には欠かせないお供となっています。

夏場のデイゲームには売店に長蛇の列ができていることもしばしばです。

他にもベイスターズの若手が生活する青星寮の”青星寮カレー”も定番メニューとして親しまれています。

舌鼓を打ちながらの野球観戦、最高ですよ!

野球以外のイベントにも利用される多目的スタジアム!

前述したとおり、横浜スタジアムは野球だけではなく様々なイベントに利用される多目的スタジアムであり、野球以外にも利用できるように

  • マウンド
  • スタンド座席

可動式となっているのが大きな特徴となっています。

特に、ベイスターズの試合がない場合には大規模なライブやコンサートの会場として利用されることが多く、特に毎年8月にTUBEが行うコンサートは、横浜の夏の風物詩のひとつとなっています。

近年では横浜アリーナや日産スタジアムができたことでライブやコンサートの開催は以前より減ってきてはいますが、2014年には「リアル脱出ゲーム」の会場となるなど、広い敷地を生かした大規模イベントが定期的に開催されています。

横浜スタジアムは、今後がらりと姿を変えるかも?

2012年にDeNAがベイスターズのオーナー企業となったことで、横浜スタジアムの観客動員数は1.6倍に増加しました。

このこともあって、DeNAは横浜スタジアムをより市民に親しまれるように「ボールパーク」にする計画を進行させています。

簡単に言うと、アメリカ・メジャーリーグのような球場に横浜スタジアムを大規模改修する計画が現在進められているのです。

2017年以降、段階的に改修していくことが計画されており、今後横浜スタジアムはがらりとその姿を変えるかもしれませんね。

横浜市西区の観光・お出かけスポット

横浜市西区の他の見どころをまとめました。

神奈川県横浜市西区の観光スポット10選!まさに横浜のランドマーク!【神奈川県横浜市西区】

横浜スタジアムは古くて新しい?!グルメも楽しめるハマスタの魅力!【神奈川県横浜市西区】のまとめ

横浜スタジアムは1977年のオープン以来、プロ野球の試合球場として、また様々なイベントの会場として長きにわたって多くの人から愛されてきました。周りには観光名所もたくさんあります。横浜に遊びに来たら、ぜひ、横浜スタジアムへも足を運んでくださいね!

 

関連コンテンツ

ピックアップ記事

  1. 秋田県潟上市の観光スポットは?天王グリーンランドや梅の里など【秋田県潟上市】
  2. 横手やきそば四天王決定戦の見どころ情報【秋田県横手市】
  3. 秋田県大仙市の観光スポットは?大曲の花火に唐松神社など【秋田県大仙市】
  4. サルスベリ並木の見どころ!爽快にドライブを楽しもう!【秋田県南秋田郡井川町】
  5. 三峡の秘湯 上畑温泉さわらびの魅力とは?【秋田県横手市】

関連記事

  1. 神奈川県 小田原市 小田原城

    小田原城

    小田原城のおすすめ情報!戦国時代から江戸時代まで活躍した城!【神奈川県小田原市】

    神奈川小田原市の小田原城は、現在では観光スポットとして大人気の場所であ…

  2. アイキャッチ画像(4回使用)

    神奈川県

    神奈川県鎌倉市・逗子市の日帰り温泉情報!駅徒歩3分の温泉も!【神奈川県鎌倉市・逗子市】

    神奈川県鎌倉市・逗子市の日帰り温泉情報をご紹介します。鎌倉市は有数の観…

  3. 神奈川県 川崎市 幸区 ラゾーナ川崎

    ラゾーナ川崎

    ラゾーナ川崎のおすすめ情報!いろんなお店が集まる場所!【神奈川県川崎市幸区】

    神奈川県川崎市のラゾーナ川崎は2006年に出来た大型ショッピングモール…

  4. 神奈川県 鎌倉市 江ノ電

    江ノ電

    江ノ電のおすすめ情報!ゆっくりと古きよき街鎌倉を巡る旅!【神奈川県鎌倉市】

    神奈川県鎌倉市の江ノ電のおすすめ情報!1902年に「江之島電氣鐵道」と…

  5. アイキャッチ画像(4回使用済)

    南足柄市

    神奈川県湯河原町・小田原市・南足柄市・山北町の日帰り温泉情報【神奈川県湯河原町・小田原市・南足柄市・…

    神奈川県湯河原町・小田原市・南足柄市・山北町の日帰り温泉情報をご紹介し…

  6. アイキャッチ画像2

    日帰り温泉

    神奈川県横浜市栄区・港南区・金沢区の日帰り温泉情報【神奈川県横浜市栄区・港南区・金沢区】

    神奈川県横浜市栄区・港南区・金沢区の日帰り温泉情報をご紹介します。多く…

スポンサーリンク

カテゴリー

  1. 鹿児島県鹿児島市旅の駅桜島ドライブイン

    鹿児島市

    旅の駅 桜島ドライブインと周辺施設のご紹介!展望レストランで舌鼓!【鹿児島県…
  2. AER展望テラス

    AER(アエル)展望テラスの見どころ!宮城県内随一の夜景スポット!【宮城県仙台市…
  3. 佐賀県伊万里市鍋島藩窯公園

    伊万里市

    鍋島藩窯公園の見どころ・イベント情報!伊万里焼の歴史が見えます!【佐賀県伊万里市…
  4. 仙台市

    陸奥国分寺薬師堂は最北端の国分寺!市内最古の木造建築の見どころ!【宮城県仙台市若…
  5. 長崎市

    長崎市べっ甲工芸館の見どころ!貴重なべっ甲の製造過程に触れる!【長崎県長崎市】
PAGE TOP