北海道

北海道木古内町の更木岬沖に眠る軍艦咸臨丸のモニュメントとその歴史【北海道木古内町】


北海道木古内町の観光スポットでもある、更木岬沖にある軍艦のモニュメントの咸臨丸の歴史とは?木古内町に観光に行く際には咸臨丸のモニュメントと、その歴史に是非触れてください。木古内町にある咸臨丸のモニュメントですが、実物はオランダで製造され、幕末から明治にかけて活躍しました。呼び名は咸臨丸(かんりんまる)。日本人初の太平洋横断を成し遂げた軍艦でもあり、幕末からの様々なストーリーと日本の近代化とともに歩んできた歴史があります。

スポンサードリンク

黒船と鎖国時代の日本

江戸時代、鎖国政策がとられていた日本に事件が起きました。

その事件というのが、アメリカのペリー提督率いる「黒船」の来航でした。1853年当時の日本人は、巨大な蒸気船の軍艦に驚きました。

この事件を期に、日本は開国の道を進むこととなります。

日本初の蒸気軍艦「観光丸」

アメリカの蒸気軍艦の来航に慌てた日本は、当時より付き合いのあるオランダに軍艦の建造を依頼しました。

同時に、軍艦の乗組員を養成するため「長崎海軍伝習所」も設立されていきます。

この伝習所に入門した有名な日本人といえば、あの「勝海舟」です。

そして1855年に、オランダ国王ウィレム3世から13代将軍 徳川家定へ、念願の軍艦が贈呈されることとなります。

この軍艦は当時「スンビン号」という名でしたが、翌年に「観光丸」へと改名され、幕府海軍の練習艦として活躍します。

スンビン号の贈呈と日本の贈呈品

贈呈によって念願の軍艦を手に入れた当時の日本からは、

  • 「狩野雅信」
  • 「狩野永悳」

といった、当時の一流の御用絵師達が描いた、金屏風10双が贈呈されました。

狩野雅信が描いた「鷹狩図屏風」、狩野永悳が描いた「武者図屏風」などの贈呈品は、オランダの国立民族学博物館に現存しています。

オランダが、いかに当時の日本の外交や文化に、深く関わっていたことがわかりますね。

咸臨丸の登場

観光丸の贈呈から2年後の1857年8月、オランダより2隻目の軍艦「ヤパン号」(オランダ語でのjapan)が到着します。

「咸臨丸」と命名されたこの軍艦は、長崎海軍伝習所の練習軍艦となります。

その後の1860年、幕府は日米修好通商条約の批准書交換の為に、アメリカ軍艦ポーハタン号にて使節団をアメリカに派遣します。

この時、ポーハタン号の別船として咸臨丸も副使節団として派遣されることになります。

咸臨丸の乗組員

この時の咸臨丸には、日本の名だたる文化人が乗船していました。

  • 総督には「木村摂津守」
  • 艦長には「勝海舟」
  • 木村摂津守の従者には「福沢諭吉」
  • 通訳には「ジョン万次郎」

など、現在の日本の教科書に出てくる文化人達を含む日本人96名は、日本人初の太平洋横断に向けて、アメリカを目指すこととなります。

スポンサーリンク

アメリカ人船長「ブルック大尉」

咸臨丸は品川から浦賀港へと入港しました。この時、咸臨丸には日本人の他に、日本近海を測量中に難波したフェニモアクーパー号のブルック大尉と、他11名のアメリカ人も同船することとなります。

勝海舟を筆頭とした多くの日本人乗船員は「アメリカ人の力は必要ない」と、日本人だけの太平洋横断を目指していました。

しかし、日本人だけの航海を危惧していた木村提督の判断で、ブルック大尉達を「アメリカに送り届ける」という名目で同行させることとなります。

そして、この木村提督の判断が、後に咸臨丸と日本人一行の命を救うこととなるのです。

咸臨丸の太平洋横断

この年の太平洋は大荒れだったようで、38日間の航海の内34日間が荒天という状況でした。

そんな中、木村提督や勝海舟を含めた、ほとんどの日本人が大洋航海に慣れておらず、船酔いでダウンしてしまいます。

船酔いせずにいられたのはジョン万次郎と、後の咸臨丸船長となる小野友五郎くらいだったと言われています。

ブルック大尉の舵取り

乗船員の船酔いによって命令系統を失った咸臨丸は、大荒れの太平洋で危機的状況に陥ります。

この状況を救ったのがブルック大尉とアメリカ人乗船員、通訳を担ったジョン万次郎でした。

ブルック大尉はジョン万次郎と共に、咸臨丸の規律回復と危機的状況の回復に努めます。

その結果、先に出港していたポーハタン号より10日も早く、咸臨丸は無事にサンフランシスコへ到着するのでした。

ブルック大尉がいなければ、咸臨丸と乗船員の太平洋横断は叶わなかったでしょう。

咸臨丸と戊辰戦争

時代は明治時代に入り、1868年に旧幕府軍と新政府軍の衝突による「戊辰戦争」が起こり、咸臨丸は旧幕府軍の軍艦としての役目を担います。

旧幕府軍の海軍副総裁「榎本武揚」の指揮により、咸臨丸を含む8隻の艦隊を率いて、新政府軍に追われるように蝦夷(今の北海道)へと向かいます。

1868年8月23日

蝦夷へと向かっていた榎本艦隊8隻は、航海途中の房総沖で嵐に遭遇してしまいます。

この嵐によって咸臨丸が損傷し、さらに榎本艦隊とはぐれてしまいます。

そして、損傷を修理するため、咸臨丸と蟠竜丸の2隻は清水港へと避難することになります。

1868年9月11日

蟠竜丸は修理を終え、蝦夷へと先に出航します。

しかし、咸臨丸は修理が遅れたため、すぐに新政府軍艦隊に追いつかれることになり、戦闘となりました。

この戦闘によって咸臨丸の乗組員の多くが戦死し、新政府軍に敗北します。

そして、咸臨丸は新政府軍の手に渡ることになります。

咸臨丸の最期

新政府軍の勝利により終戦となった後、軍艦として活躍した咸臨丸は北海道開拓の為の輸送船として活躍することになります。

しかし1871年9月19日、仙台から小樽へと出航した後に、途中の木古内町泉沢沖にて暴風雨に見まわれ、遭難した後にサラキ岬にて座礁し沈没、咸臨丸の最期となってしまいました。

咸臨丸と錨

咸臨丸の沈没から100年以上経った1984年、驚きのニュースが駆け巡ります。

更木岬の沖合2キロ、水深20メートルの地点から船の錨が発見され、引き上げられました。

この事は、当時のニュースでも大きく取り上げられ、咸臨丸の錨だと言う意見と、咸臨丸の物ではないという意見が飛び交います。

錨の調査は東大にも依頼され、

  • 錨が欧州製の物であること
  • 引き上げた時にアンカーロープが付けられていたこと

などから、その後の2006年に「咸臨丸の錨」と結論付けられました。

咸臨丸のモニュメント

錨は発見されましたが、咸臨丸は今もなお更木岬沖に眠っています。

kikonaikanrinmaru03-min

現在、木古内町の更木岬には、咸臨丸のモニュメントが設置され、迫力の咸臨丸を見ることができます。

また、咸臨丸の故郷となるオランダにちなんだチューリップ花壇も設置されています。

木古内町の他の情報が気になる方はこちら⇒北海道木古内町のおすすめスポット!

木古内町の咸臨丸モニュメントとその歴史【更木岬沖に眠る軍艦】のまとめ

ちょっとした観光スポットなので車で走っていると見落とすかもしれません。道路わきに大きな看板がありますので、注意して見てください。咸臨丸のモニュメントは圧巻です。

 

関連コンテンツ

ピックアップ記事

  1. 山梨県南都留郡忍野村の見どころ!忍野村で忍者になろう!【山梨県南都留郡忍野村】
  2. 小林多喜二の碑を見て文学の歴史に浸る!【秋田県大館市】
  3. 秋田県大仙市の観光スポットは?大曲の花火に唐松神社など【秋田県大仙市】
  4. はまなす展望台から世界遺産を一望!【秋田県能代市】
  5. 大曲の花火大会の見どころ情報【秋田県大仙市】

関連記事

  1. 北海道

    沼ノ沢駅の今は?レストランも要チェック!【石勝線全駅制覇⑨】

    沼ノ沢駅は夕張市に位置しており、1905年に開業した駅です。炭鉱の歴史…

  2. 八幡坂

    北海道函館市の坂巡り!八幡坂は必須!【北海道函館市】

    北海道函館市の観光スポットといえば、坂巡りをイメージする方も多いのでは…

  3. 八軒駅

    八軒駅ってどんな駅?【学園都市線を北上するプチ旅行へ③】

    八軒駅は学園都市線の3番目の駅であり、学園都市線一路線だけが乗り入れる…

  4. 北海道

    北海道札幌市内でもラベンダーが楽しめる!おすすめスポット8選【北海道札幌市】

    北海道札幌市でラベンダーを見るなら幌見峠ラベンダー園や滝野すずらん丘陵…

  5. 北海道

    北海道札幌市内の観光客向けの定番観光スポット7選!【北海道札幌市】

    北海道札幌市にはテレビ塔、時計台、JRタワー、大通公園など、本州から見…

  6. 北海道

    清水沢駅と観光名所シューパロ湖とは?【石勝線全駅制覇⑪】

    清水沢駅は夕張市にある無人駅で、今は時刻表を見ても1日数本しか電車が来…

スポンサーリンク

カテゴリー

  1. 安芸郡

    高知県安芸郡田野町の見どころ満載!観光スポットまとめ【高知県安芸郡田野町】
  2. 大竹市

    大竹市のおすすめ8選!自然を体いっぱい満喫できる街【広島県大竹市】
  3. 奈良県 天川村 面不動鍾乳洞

    吉野郡

    天川村洞川エコミュージアムセンターの見どころ!豊かな自然に囲まれて体験学習!【奈…
  4. 青森県 弘前市 弘前城 

    弘前城

    弘前城のお勧め情報!桜と紅葉が素敵な日本七名城の一つ!【青森県弘前市】
  5. ベイサイドプレイス博多

    ベイサイドプレイス博多の見どころ!博多への海の玄関口!【福岡県福岡市博多区】
PAGE TOP