神奈川県 横浜市 横浜開港資料館

中区

横浜開港資料館は港町ヨコハマの生き証人!港町ヨコハマの歴史を学ぶ!【神奈川県横浜市中区】


横浜開港資料館は1859年に開港して以来、外国文化とともに、日本の他の都市以上に早い近代化とハイカラな文化を形成し続けてきた横浜の歩みを知ることができる資料館です。港町ヨコハマが積み重ねてきた歴史は、他の都市以上に濃密かつ重厚なものとなっているのです。名前はいかめしいですが、敷居の高い施設ではありませんから、子供さんから大人まで、横浜の歴史や文化に興味があるならばどんな方でも楽しめる場所になっています。今回は、そんな横浜開港資料館について、その魅力やアクセス方法などについて、より詳しく見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

横浜開港資料館はどんなスポット?

横浜開港資料館は、1981年に開館した比較的新しい施設です。しかし、その建物自体には非常に長い歴史が刻まれており、横浜の歴史上においても最も重要な場所のひとつとなっています。

横浜開港資料館の建物は元々「イギリス総領事館」として使われており、1931年から1972年まではイギリスの日本における外交に重要な役割を果たし続けていました。

1972年に領事館が移転したことで長らく空き家の状態となっていたこの建物は、横浜の歴史を証言する資料館として新たな使命を受け、現在までその使命を全うし続けています。

幕末から明治大正、そして昭和初期に至る横浜の歴史的な展示物をおよそ25万点以上所蔵しており、この場所に来れば横浜の歴史に関してはほとんど分かってしまうと言える場所になっているのが特徴です。

横浜開港資料館の場所・アクセス方法

横浜開港資料館は、山下公園のすぐ近くに位置しています。そのため、山下公園へのアクセス方法と同じようにアクセスすることで、問題なく到着することができるでしょう。

アクセスの際には、みなとみらい線を利用するのが便利です。

横浜駅からみなとみらい線に乗って元町・中華街駅で下車し、徒歩で横浜開港資料館までアクセスします。駅構内から数多くの案内板が立っていますので、問題なくアクセスすることができるでしょう。

車によるアクセスの際には、横浜駅から県道13号線を首都高速に沿って南下していき、横浜スタジアムが見えた場所あたりで左折します。

山下公園が見えて来たら、すぐ近くに横浜開港資料館があります。周辺には様々な有料駐車場がありますので、車を停めて徒歩でアクセスしましょう。

横浜だけでなく、日本の近代史にも重要な展示物がいっぱい!

横浜開港資料館には、横浜だけでなく日本の近代史を学ぶうえでも重要な展示物が数多く存在しています。

明治から昭和初期にかけての新聞や雑誌、さらに行政が発行する文書なども数多く所蔵されており、見ごたえのあるものが多くなっています。

さらに、こちらの資料館では

瓦版や浮世絵から写真へと記録媒体が変化していくさま

を見ていくことができ、時代の移り変わりを直に見て楽しむことができます。

記録の技術がどのように進歩していったのかということが良く分かるようになっているのも、特筆すべき点だと言えるでしょう。

こちらには

  • 相原良一
  • 五味亀太郎
  • ポール・ブルーム

などの収集家が個人的に収集したコレクションも数多く所蔵されています。個人の小回りの利く収集活動でしか手に入らないものも多く、収集品の多さには驚かされるばかりです。

イギリスの雰囲気あふれる建物は、それ自体が歴史の証人!

こちらは、建物自体も歴史の生き証人となっていることが特徴です。

建物内はイギリスの伝統的な内装が施されており、異国の文化を手軽に体験することができる場所にもなっています。建物自体の歴史的価値も非常に高いのです。

1階中央の階記念ホールは、英国総領事館だったころは待合室として利用されていた場所です。

資料館をひととおり閲覧したら、館内のカフェでひと休みするのがおすすめです。

コーヒーやサンドイッチなどを楽しみながら、おもむきのある建物の中をゆったりと見て過ごすことができますよ。

スポンサーリンク

建物の前の広場「開港記念広場」も歴史的に重要な場所!

建物の前にある「開港記念広場」も、歴史的に重要な意味を持っている場所のひとつです。

こちらでは、1854年にあの日米和親条約が締結され、日本が開国へと舵を切ることになった場所となっています。

神奈川県 横浜市 横浜開港資料館 開港記念広場

周辺の歴史的な建物と相まって、重厚な雰囲気を持っているスポットだと言えるでしょう。

また、館内の中庭は「ペリーの庭」と呼ばれており、こちらにたたずんでいるタブノキは「たまくすの木」として親しまれています。

たまくすの木は「ペリー提督横浜上陸の図」という絵でも描かれている木であり、開港から150年という歴史の荘厳さを感じさせてくれるものとなっています。

たまくすの木は今後も、横浜の街を静かに見守り続けてくれることでしょう。

横浜市中区の観光・お出かけスポット

横浜市中区の他の見どころをまとめました。

神奈川県横浜市中区の観光スポット10選!横浜観光のランドマーク!【神奈川県横浜市中区】

横浜開港資料館は港町ヨコハマの生き証人!港町ヨコハマの歴史を学ぶ!【神奈川県横浜市中区】のまとめ

横浜の歴史をより深く学びたいと思っている方は、ぜひとも「横浜開港資料館」を訪れてみてはいかがでしょうか。横浜の文化や歴史について様々な展示とともに解説しているこの資料館は、建物自体が横浜の歴史を物語る場所にもなっており、単なる資料館や博物館以上に重厚な雰囲気を漂わせています。賑やかなイメージのあるヨコハマにも、こんな落ち着いたスポットがあるんですよ!

 

関連コンテンツ

ピックアップ記事

  1. 七座神社の歴史と場所は?【秋田県能代市】
  2. 忠犬ハチ公像は渋谷だけじゃない!【秋田県大館市】
  3. 秋田県大仙市の観光スポットは?大曲の花火に唐松神社など【秋田県大仙市】
  4. 秋田県三種町の見どころ!じゅんさい生産量日本一を誇る、歴史遺産と温泉の町!【秋田…
  5. 横手の雪まつり(かまくら・ぼんでん)の見どころ情報【秋田県横手市】

関連記事

  1. 神奈川縣 平塚市 湘南平

    平塚市

    湘南平展望台のおすすめ情報!神奈川県で最も有名な展望台【神奈川県平塚市】

    神奈川県平塚市の湘南平展望台は、高麗山公園の頂上にある神奈川県で夜景が…

  2. アイキャッチ画像(5回使用)

    日帰り温泉

    神奈川県横浜市神奈川区の日帰り温泉!無料シャトルバスあり!【神奈川県横浜市神奈川区】

    神奈川県横浜市神奈川区の日帰り温泉情報をご紹介します。横浜駅東口のシー…

  3. ダイビング
  4. 神奈川県 横浜市 海の公園 砂浜

    横浜市

    海の公園でマリンアウトドア!潮干狩りに海水浴、バーベキューも!【神奈川県横浜市金沢区】

    神奈川県横浜市金沢区にある海の公園は海水浴をしたり海辺で存分に遊んだり…

  5. 横浜アンパンマンこどもミュージアム

    横浜アンパンマンこどもミュージアムで親子水入らず!【神奈川県横浜市西区】

    横浜アンパンマンこどもミュージアムは、アンパンマンに関する遊具やショー…

  6. 神奈川県 横浜市 象の鼻パーク 

    中区

    象の鼻パークで最高のひとときを!夜景は恋人たちのためにある?【神奈川県横浜市中区】

    象の鼻パークは横浜港の発祥の地ともいえる「象の鼻」地区を、賑わいの交流…

スポンサーリンク

カテゴリー

  1. 京都府

    舞鶴赤レンガパークの見どころ情報!旧海軍舞鶴鎮守府【京都府舞鶴市】
  2. 千葉県

    成田国際空港の魅力に触れよう!見どころ満載!!【千葉県成田市】
  3. 太宰府市

    大宰府政庁跡の見どころ!九州全体を治めていた役所のご紹介!【福岡県太宰府市】
  4. 山形市

    山形郷土館 文翔館の見どころ!100年もの歴史を持つ旧県庁舎・旧県会議事堂!【山…
  5. 浜北区

    静岡県浜松市浜北区の観光スポット10選!歴史好きなら外せない場所!【静岡県浜松市…
PAGE TOP