鹿児島県鹿児島市かるかん元祖明石家本店

鹿児島市

かるかん元祖明石屋本店のご紹介!鹿児島県の誇る郷土の和菓子軽羹!【鹿児島県鹿児島市】


鹿児島県鹿児島市かるかん元祖明石屋本店があります。ここは、銘菓軽羹(かるかん)で知られています。明石屋は、島津斉彬のお声がかりで1854年(安政元年)に生まれたお菓子屋です。こんなかるかん元祖明石屋本店をご紹介します。

スポンサードリンク

かるかんの魅力とは?

かるかんは、鹿児島の風味豊かな自然薯の独特の香りと柔らかな口あたり、しっとりとしたほのかな甘味、素朴な味わいを守り続けてきたお菓子です。

鹿児島県鹿児島市かるかん元祖明石家本店

そこには薩摩の心が込められています。

軽羹以外にも

  • 軽羹饅頭
  • 春駒
  • 一黙
  • 大黒餅
  • 高麗餅
  • 煎粉餅
  • 木目羹
  • さくらさくら
  • どら焼き
  • 黎明
  • 黎明(林檎)
  • ようこそようこそ

といったお菓子があります

鹿児島県鹿児島市かるかん元祖明石家本店

オンラインで買うこともできます。

ふんわりと柔らかく、しかしコクのある味わいです。

色が際立って白いのが特徴のひとつです。

自然薯はいわゆる山芋で、薩摩の特産品なのは言うまでもありません。

かるかんが最初に記録に登場するのは、元禄時代に島津家20代目当主・綱貴の50歳の祝いの席に供されたときです。

婚礼や年始などのお祝い事にかるかんは出されていることから、格式高いお菓子だったことがわかります。

その由来を探ると、中国料理にその源があるそうです。

かるかんについてもっと詳しく!

かるかんは薩摩以外の藩でも、ここぞというときには供されていたらしいです。

1723年の岩国藩吉川家6代目の経永の結納の献立や、1738年の豊後岡藩のモノと思しき菓子値段帳や、1778年の堺様菓子値段帳に記録が残っています。

また、江戸の菓子司紅谷志妻津摩の寛政の頃の目録、1860年の熊本藩細川家の家督祝儀などにも記録が残っています。

つまり、一生のうちに何度もあるわけではない「ハレ」の日に出される貴重なお菓子だったというわけです。

かるかんの一番古い記録は1699年の鹿児島で、やはり島津家と深い関わりがあることは事実ですが、他の藩でもかるかんは作られていたのですね。

その後、島津斉彬が江戸で菓子屋を営んでいた八島六兵衛(兵庫県明石出身)を薩摩へ招き入れました。

そこで、かるかんを作らせ、それが評判になって明石屋菓子として有名になり、今日の明石屋本店のかるかんへとつながっていったというわけです。

スポンサーリンク

周辺、客層、お薦めの季節・層は?

鹿児島市立美術館

かるかん元祖明石屋本店の近くには鹿児島市立美術館があり、県内画家の作品を中心としながら、19世紀末以降の西洋絵画を中心に所蔵、展示を行っています。

かるかん元祖明石屋本店を訪れる客層としては、中年・高年層が多いようです。

お薦めの季節はやはり気候のよい春がよいでしょう。温暖な鹿児島の地ならではの暖かさを堪能なさってください。

是非お薦めしたい、年齢層は若い層です。若者は洋菓子に奔る傾向がありますが、和菓子の良さを若い人たちに知ってほしいと思います。

近年、和の文化、とりわけ和食離れが進んでいるのは由々しき傾向といってよく、これを食い止めなければ、和の文化は滅んでしまう可能性があるのです。

食文化をはじめとして和の文化を守って発展させていく必要があります。

かるかん元祖明石屋本店の訪れた方の感想

かるかん元祖明石屋本店を訪れた方は、美味しそうなモノが多く、どれを買うか目移りしてしまったそうです。

名物のかるかん以外にもかるかん饅頭などもあり、さらには季節限定の商品もあるのでどれを買うか迷うのはわかりますね。

例えば5月でいうと、小豆こしあんで煉切で藤の花を表現した藤浪やつつじを表現した岩根つつじ、蛤の形の上用生地で小豆皮むきあんを包んだ汐干狩などがあります。

丹波大納言粒あんを包んだ山路(きんとん)、同じく丹波大納言粒あんを包んだ青葉(小倉)、白こしあんを包んだ唐衣、丹波大納言粒あんを包んだ深山などもあります。

かるかん元祖明石屋本店の基本情報・アクセス

  • 名称:かるかん元祖明石屋本店
  • 住所:鹿児島市金生町4-16
  • 電話番号:099-226-0431
  • アクセス:鹿児島市電「朝日通」停留所から徒歩2分

鹿児島市の観光・お出かけスポット

鹿児島市の他の見どころをまとめました。

鹿児島県鹿児島市の観光スポット7選!鹿児島の広大さを味わえる!【鹿児島県鹿児島市】

かるかん元祖明石屋本店のご紹介!鹿児島県の誇る郷土の和菓子軽羹!【鹿児島県鹿児島市】のまとめ

かるかん元祖明石屋本店について書いてきました。かるかんは非常にメジャーな和菓子なので、一度は食べたことがあるというかたは多いでしょう。しかしその歴史は意外と一般の方はご存じないのではないかと思います。知ってみると奥の深い、かるかんと明石屋の歴史に思わず唸ってしまう方もいらっしゃることでしょう。現代は様々なお菓子が食べられる時代ですから、由緒正しき古いお菓子だけに操を立ててはいられないというかたも多いでしょうが、老舗の歴史のこもったお菓子を是非あなたも口にしてみてください。近年、和の文化の後継者不足が由々しき傾向といってよく、これを食い止めなければ、和の文化は滅んでしまう可能性があるのです。もちろん食に限らず、伝統技術の世界の存続が非常に難しい状況があります。筝、三味線、尺八を用いた長唄、小唄、端唄、清本などの世界も昨今は元気がないようです。皆さんで、和の技術の凄さを普及させましょう。人間は美味しいものを食べているときが一番幸せだと思います。元祖明石屋本店を是非訪れてみてください。現代ではオンラインでもお菓子は購入できますが、実際に店舗へ行って買うのは格別です。他の観光スポットにも立ち寄ると、よりよいでしょう!

 

関連コンテンツ

ピックアップ記事

  1. 清水沢駅と観光名所シューパロ湖とは?【石勝線全駅制覇⑪】
  2. 秋田県羽後町は癒しとくつろぎの町!羽後町の歴史や自然に触れる厳選おすすめスポット…
  3. 上桧木内の紙風船上げとは?【秋田県仙北市】
  4. 八軒駅ってどんな駅?【学園都市線を北上するプチ旅行へ③】
  5. 忠犬ハチ公像は渋谷だけじゃない!【秋田県大館市】

関連記事

  1. 鹿児島県鹿児島市桜島

    鹿児島市

    桜島は噴火の絶えない活火山!風光明媚な見どころは?【鹿児島県鹿児島市】

    鹿児島県鹿児島市にある桜島は言わずと知れた名所です。桜島は現在も火山活…

  2. 肝属郡

    鹿児島県肝属郡錦江町でおすすめの観光スポット!家族連れも楽しめる!【鹿児島県肝属郡錦江町】

    肝属郡錦江町には小さい子供から大人までみんなが一緒に楽しめるスポットが…

  3. 阿久根市

    阿久根市の見どころ観光スポット7選!自然とリゾートを満喫できるまち【鹿児島県阿久根市】

    鹿児島県阿久根市は自然豊かな場所となっていますが、観光スポットはどこも…

  4. 鹿児島県鹿児島市火の島

    鹿児島市

    道の駅桜島 火の島めぐみ館の見どころ!桜島の魅力の発信スポット!【鹿児島県鹿児島市】

    鹿児島県鹿児島市にある火の島めぐみ館は、鹿児島県鹿児島市のシンボルであ…

  5. 屋久島 白谷雲水峡

    屋久島町

    鹿児島県熊毛郡屋久島町の観光名所9選!世界遺産の島の見どころをご紹介【鹿児島県熊毛郡屋久島町】

    鹿児島県熊毛郡屋久島町といえば、世界自然遺産にも登録された、国内のみな…

  6. 大和村

    鹿児島県大島郡大和村でおすすめしたい人気スポット8選!【鹿児島県大島郡大和村】

    鹿児島県大島郡大和村には地元の人にも愛されるスポットがあります。観光ス…

スポンサーリンク

カテゴリー

  1. 青森市

    青森市森林博物館の営業時間や駐車場は?映画”八甲田山”のロケ地【青森県青森市】
  2. 青森県 平川市 国道102号線

    平川市

    温川渓流は文豪吉川英治も愛した名勝!紅葉の名所としても知られています【青森県平川…
  3. 吾妻郡

    群馬県吾妻郡長野原町の見どころ!温かい雰囲気と自然が魅力!【群馬県吾妻郡長野原町…
  4. 北松浦郡

    長崎県小値賀町は赤い砂浜と青い海!不思議を楽しめる自然が見どころ【長崎県北松浦郡…
  5. 和気町

    和気神社の見どころ!イケメンの和気清麻呂に会いに行こう!【岡山県和気郡和気町】
PAGE TOP