鹿児島県鹿児島市あげたてや

鹿児島市

揚立屋の秘密に迫る!旨さよし、品質よし、姿よし!【鹿児島県鹿児島市】


鹿児島県鹿児島市と言えば忘れてはならない郷土料理はさつまあげですね。さつま揚げは鹿児島では「つけあげ」と呼ばれていますが、これは琉球料理の「チキアーゲ」に由来しているそうです。エソ、ハモなどの近海魚をすり身にして地酒などで味付けし、菜種油で揚げます。大きさや形、ニンジンやゴボfウ入りなど、お店や家庭によってさまざまなさつまあげがあります。揚げたてのアツアツをわさび醤油でいただくのが通の食べ方です!さて、そんなさつまあげをお土産に!おつまみに!と思ったらこの「揚立屋」で手に入れられます!それでは、この揚立屋について詳しくみていきましょう!

スポンサードリンク

さつまあげの「揚立屋」

「揚立屋」は「保存料・酸化防止剤不使用」をポリシーに、安心・安全でおいしいさつまあげを作っている鹿児島の老舗です。

もちろん素材にもこだわり、無リンのすり身と厳選した旬野菜を使用し、人気の定番商品から、季節を感じる限定品まで豊富に取り揃えているお店です。

ご飯のお供やお酒のおつまみなど、どんなシーンにも寄り添う美味しさです。

お客の目の前で揚げるアツアツの揚げたてはもちろん、種類豊富なお土産セットも購入することができます。

さつまあげの由来

さつまあげは弘化3年(1846年)頃に、琉球より伝わったとされています。

当時、琉球には「チキアーギ」と呼ばれる魚肉のすり身を油で揚げた食べ物がありました。

それを薩摩に持ち帰り、独特の製法で造り上げたのがさつまあげの起源といわれています。

鹿児島では、「チキアーギ」の語源から「つけあげ」と呼ばれています。

また、薩摩の名藩主と呼ばれた島津斉彬公が、江戸のはんぺんやかまぼこの技術を導入して改良させたのが、さつまあげであるという説もあります。

スポンサーリンク

揚立屋のさつまあげの特徴

さつまあげは原料の魚や味付けなど地域ごとに特徴があり、その種類も豊富です。

形状は短い棒状のもののほか、小判形や丸形、球状などがあり、中にごぼうや人参、さつま芋を入れたものなどがあります。

「揚立屋」のさつまあげは、昔ながらのプレーンな「棒天」をはじめ

  • 「いわし入り」
  • 「きくらげ入り」
  • 「チーズ入り」

などのオリジナル商品があります。

旬の食材を使った季節限定のさつまあげまで豊富に揃っています。

そして、創業以来守り続けている素材の旨味を生かしたほのかな甘味と、さくっとした柔らかな歯ごたえが特徴です。

造りと味を守りつつも、新しいさつまあげづくりにも積極的に取り組む姿勢は、昔も今も変わらないそうです。

「揚立屋」金生町本店の周辺にある観光スポットは?

鹿児島市立美術館

「鹿児島市立美術館」は、薩摩藩主島津氏の居城であった鶴丸城二の丸跡にあります。

城山の山麓に位置するこの地は、政治や文化の中心地として発展してきたところです。

「鹿児島市立美術館」は、昭和29年に歴史資料館としての性格を合わせ持つ美術館として開館しました。

そして県内唯一の公立美術館として独自のコレクションを行い、展示その他の美術館事業を通して地域の芸術文化の振興に寄与してきました。

しかし、多様化する美術活動と市民の要望に対応するため旧美術館を解体し、昭和60年10月29日に新しい美術館として開館しました。

この新美術館は地元関係作家を中心としながら、19世紀末葉以降の西洋美術の作品も収集、保存、展示しています。

  • 住所 鹿児島県鹿児島市城山町4-36
  • アクセス カゴシマシティビューバス「西郷銅像前」下車、徒歩1分
  • 駐車場7台 無料
  • 料金 一般300円 高大生200円 小中生150円

天文館商店街

「天文館商店街」は鹿児島の中心にある商店街です。

その特徴はアーケードで、鹿児島は桜島の火山灰が毎日降るため、このアーケードは必要不可欠な存在だそうです。

全長2kmもあるこの商店街では、おいしいものを食べることも、鹿児島らしいお土産を買うこともできます。

鹿児島最大の繁華街である「天文館通り」の名前は、天文観測や暦の作成などを行う施設「明時館(別名天文館)」を建てた場所にちなんでいるそうです。

郷土料理店やみやげもの店をはじめ、カフェやレストランなども立ち並び、南九州一の繁華街として人気のスポットとなっています。

鹿児島県立博物館

動植物や岩石等の実物資料など、鹿児島の豊かな自然を紹介する博物館です。

「鹿児島の自然」をテーマとした自然総合展示や、農業などに活かされた人間の知恵と自然エネルギーの恵みを紹介する自然史応用展示があり、入場無料で楽しめます。

県文化センター4階にある別館では、プラネタリウムと恐竜化石展示があり、四季折々の投影番組や月替りで天文教室が行われています。

  • 開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 住所 鹿児島県鹿児島市城山町1-1
  • 休館日 毎週月曜(祝休日は開館し、翌火曜が休館)、毎月25日(土日祝休日の場合は第4火曜)
  • 料金 入館無料 プラネタリウム有料
  • 問い合わせ 099-223-6050

鹿児島市の観光・お出かけスポット

鹿児島市の他の見どころをまとめました。

鹿児島県鹿児島市の観光スポット7選!鹿児島の広大さを味わえる!【鹿児島県鹿児島市】

揚立屋の秘密に迫る!旨さよし、品質よし、姿よし!【鹿児島県鹿児島市】のまとめ

今回は鹿児島県の郷土料理「さつまあげ」の老舗「揚立屋」をご紹介してきました。「揚立屋」の本店がある金生町にはほかにも魅力的な観光スポットがあり、鹿児島市を訪れた際には立ち寄るべき観光スポットとなっています。鹿児島土産をお探しなら、ぜひ「揚立屋」のさつまあげを選んでみてはいかがでしょうか?

 

関連コンテンツ

ピックアップ記事

  1. 美郷ラベンダー園で白いラベンダーが見られる?【秋田県美郷町】
  2. 伝統的な行事「なまはげ柴灯まつり」とは?【秋田県男鹿市】
  3. 秋田県にかほ市が誇る名勝!有名人!にかほ市の厳選観光スポット!【秋田県にかほ市】…
  4. 忠犬ハチ公像は渋谷だけじゃない!【秋田県大館市】
  5. 石田ローズガーデンでバラの香りに包まれる!【秋田県大館市】

関連記事

  1. 鹿児島市

    徳永屋本店はさつま揚げが美味しい!鹿児島県の名店に迫る!【鹿児島県鹿児島市】

    鹿児島県鹿児島市にある徳永屋本店は、みんながこぞってってオススメします…

  2. 鹿児島県鹿児島市かるかん元祖明石家本店

    鹿児島市

    かるかん元祖明石屋本店のご紹介!鹿児島県の誇る郷土の和菓子軽羹!【鹿児島県鹿児島市】

    鹿児島県鹿児島市にかるかん元祖明石屋本店があります。ここは、銘菓軽羹(…

  3. 指宿市

    指宿市の観光スポット紹介!大自然と触れ合える絶好スポット満載【鹿児島県指宿市】

    鹿児島県指宿市は湖や山など、広大な自然を目の当たりにすることができるの…

  4. 肝属郡

    鹿児島県肝属郡錦江町でおすすめの観光スポット!家族連れも楽しめる!【鹿児島県肝属郡錦江町】

    肝属郡錦江町には小さい子供から大人までみんなが一緒に楽しめるスポットが…

  5. 十島村

    鹿児島県鹿児島郡十島村のおすすめ観光スポット!火山が織りなす自然美を満喫【鹿児島県鹿児島郡十島村】

    鹿児島県十島(としま)村は鹿児島県の有人7島と無人島を合わせた島々で構…

  6. さつま町

    鹿児島県薩摩郡さつま町の見どころ厳選!のどかで自然豊かな町!【鹿児島県薩摩郡さつま町】

    鹿児島県薩摩郡さつま町はのどかで爽やかな環境が素敵な町です。昔ながらの…

スポンサーリンク

カテゴリー

  1. 下仁田町

    群馬県甘楽郡下仁田町の見どころ!群馬のグルメが満喫できる町!【群馬県甘楽郡下仁田…
  2. どんぶり会館

    岐阜県土岐市のどんぶり会館!岐阜の特産品がたっぷり!【岐阜県土岐市】
  3. しんとうふるさと公園

    しんとうふるさと公園の見どころ!ミニSLが走る公園!【群馬県北群馬郡榛東村】
  4. 新潟市

    新潟市美術館の見どころ!空間演出とコンセプトが粋!【新潟県新潟市】
  5. 佐賀市

    高伝寺の見どころ!由緒正しき鍋島家の菩提寺【佐賀県佐賀市】
PAGE TOP