移行7

五郎沼の見どころ!古代ハスと夜泣き石で有名な観光スポット!【岩手県紫波郡紫波町】


岩手県紫波(しわ)町にある五郎沼は平泉・藤原氏初代清衡の孫、桶爪太郎俊衡(ひづめたろうとしひら)、五郎季衡(ごろうとしひら)兄弟の館、樋爪館(樋爪太郎俊衡が建立した為、この名前)跡の南にある、自然を楽しめるスポットとなっています!

スポンサードリンク

五郎沼とは?

五郎沼の名前は、五郎季衡がこの沼で遊泳していたことからその名がつけられたといわれています。

春は満開の桜並木が水面に映え、夏には古代蓮(こだいはす)の池で蓮の花が色鮮やかに咲き競い、冬は白鳥の飛来する所として知られています。

春は桜、冬は白鳥が飛来し訪れる人を楽しませています。

7月には駐車場隣の蓮池で、中尊寺で泰衡の首桶から見つかった種を復活させた古代蓮(中尊寺ハス)が美しい花を咲かせます!

五郎沼の見どころ紹介

白鳥の訪れ

白鳥が越冬のため、毎年のように五郎沼に来ていることは有名でその数は100羽を超えます。

冬の五郎沼の朝は白鳥の鳴き声でいっぱいです。

白鳥を近くで見ることのできるスポットとして有名なため、こんな注意書きもあります。

古代蓮(中尊寺蓮・秀衡蓮)

1950年(昭和25年)に、四代泰衡公の首級がおさめられていた首桶から種が見つかり、その種が1998年(平成10年)7月に800年の眠りから目を覚まし、中尊寺にハスが一輪咲きました。

そして2002年(平成2年)5月、中尊寺から株分けされて五郎沼に移植されたそうです。

鮮やかな蓮をぜひご堪能ください。

スポンサーリンク

五郎沼・その付近の名所にまつわる歴史

樋爪館の跡

樋爪館は、平泉初代藤原清衡((ふじわらのきよひら)の四男清綱(きよつな)がこの地に派遣され、その子、太郎俊衡(たろうとしひら)、五郎季衡(ごろうすえひら)らが居を構えて樋爪の地の砂金等を支配したとされている館であり、現在はその跡地となっています。

館跡は紫波町南日詰の赤石小学校付近にあり、周辺に堀の跡や平泉と同時期の住居や井戸、倉庫などの跡が確認され、かわらけなどが出土しています。

かわらけとは、素焼きの粗末な土器のことであり、かわらけの器種は皿形から碗形をした直径13~16センチほどの大型のものと、小皿形の直径7~8センチ前後の小型のものがあります。

両者ともにろくろを用いて作ったものと、ろくろを用いず手づくねで作ったものがあります。

その他の器種では、まれに柱状高台(ちゅうじょうこうだい)と呼ばれるものも出土しています。

樋爪館にまつわる歴史

平安時代の終わり頃、東北地方全域は北の王者である平泉藤原氏が支配していました。

藤原氏の初代清衡(きよひら)から三男の清綱(きよつな)が受けつぎ、比爪館は清綱の子、俊衡・季衡(としひら・すえひら)の兄弟が比爪氏を名乗り始め、砂金と馬などで平泉藤原氏を支える重要な地方政庁としての役割を担っていました。

※比爪は樋爪とも書き、どちらも同じです。

樋爪館は奥大道(おくだいどう)、北上川が南北に走る交通の要衝にあり軍事と物流の拠点でもありました。

その規模は、東西 320m、南北 290m の平坦な土地です。

文治5年(1189年)源頼朝による奥州侵攻で、俊衡と李衡は館を焼いて逃亡しました。

その後一族は廚川に出て源頼朝に降伏し、樋爪俊衡は本領を安堵され、藤原泰衡の子秀安を扶養したとされています。

夜泣石

五郎沼には、樋爪(ひづめ)五郎が泳いだ伝説のほかに、幾つもの伝説が残されています。

東岸には昔、度重なる沼の堤防決壊を食い止めるために人柱にされた女性の泣き声がする、という伝説のある夜泣石と呼ばれる石碑があるのです。

五郎沼北側から100メートルほど南進した土手上に、この石があります。

地上に出ている部分だけでも2メートル以上の巨大な石でありますが、大部分が土中に埋まっているようで、深さ数メートルはあるといわれています。

この話の起源は五郎沼構築時にさかのぼります。

五郎沼は洪水調節の目的で作られた人工湖であったとされる説があり、この人工湖では自然の力に耐えきれず何度か決壊することがあったと言われています。

水神の怒りを鎮めるために人柱を立てることになり、付近に住む農家の娘が選ばれ土手に生き埋めにされ、娘が埋められた土手の上には巨大な石が供養碑として立てられました。

これによって大雨で堤防が決壊することはなくなりましたが、その後不思議なことが起こり始め、夜に石の近くを通ると、しくしくという悲しげな娘の泣き声が聞こえ、「誰かいるのか?」と振り返っても誰もいない。

このようなことが度々起こり、いつしか夜泣石と呼ばれるようになったという言い伝えがあります。

娘の遺体はその後、大荘厳寺に移されて手厚く葬られたそうです。

その他にも、 紫波町には

  • 源義経が神として祀られている判官堂(義経神社)
  • 坂上田村麻呂が蝦夷を鎮めるために建立したと伝えられる白山神社

など歴史上、大きな意味をもつスポットがたくさんあります。

五郎沼の見どころ!古代ハスと夜泣き石で有名な観光スポット!【岩手県紫波郡紫波町】のまとめ 

蓮や白鳥など、季節によって全く異なった楽しみ方があり、どの時期に行っても楽しめるスポットが五郎沼だと実感しますね!また、五郎沼およびその周辺の様々な歴史上の逸話が隠されていることも、非常に興味深いですね!ぜひ、岩手県紫波町に訪れた際には立ち寄ってみてください!

 

関連コンテンツ

ピックアップ記事

  1. 三峡の秘湯 上畑温泉さわらびの魅力とは?【秋田県横手市】
  2. 横手やきそば四天王決定戦の見どころ情報【秋田県横手市】
  3. 美郷ラベンダー園で白いラベンダーが見られる?【秋田県美郷町】
  4. 角館武家屋敷通りの見どころ!紅葉がライトアップ!【秋田県仙北市】
  5. 秋田県大仙市の観光スポットは?大曲の花火に唐松神社など【秋田県大仙市】

関連記事

  1. 移行7

    静岡県駿東郡長泉町の厳選観光スポット!綺麗な緑や自然風景が魅力のまち【静岡県駿東郡長泉町】

    静岡県駿東郡長泉町は四季折々の自然風景がとても魅力で、日頃の疲れをゆっ…

  2. 移行6

    ミラージュランドの訪問レポート!富山随一の遊園地の見どころに迫る!【富山県魚津市】 

    富山県魚津市にあるミラージュランドは1982年4月にオープンした、富山…

  3. 移行7

    松山中央公園で心と身体の健康を育みながら楽しもう!【愛媛県松山市】

    愛媛県松山市の南部に位置する松山中央公園は、野球場や多目的競技場、武道…

  4. 秋田県 秋田市 竿灯まつり

    移行9

    秋田市民俗芸能伝承館(ねぶり流し館)で三大祭りを体験しよう!【秋田県秋田市】

    秋田県の秋田市民俗芸能伝承館(ねぶり流し館)では、秋田県に伝わる民俗行…

  5. 移行6

    「龍馬伝」幕末志士社中の見どころ!幕末へタイムスリップ!【高知県高知市】

    高知県高知市にある「龍馬伝」幕末志士社中は日本全国に「龍馬ブーム」を巻…

  6. 移行6

    冠纓神社の見どころをご紹介!香川では歴史的にも由緒ある縁結びの神社です!【香川県高松市】

    香川県高松市の冠纓神社(かんえいじんじゃ)は別名「かむろ八幡宮」と呼ば…

スポンサーリンク

  1. 移行4

    築上郡築上町の見どころ!1年を通してさまざまなイベントが開催されるまち【福岡県築…
  2. 移行6

    高松市立中央公園は市民の憩いの場!香川県の広大な自然公園の見どころ!【香川県高松…
  3. 秋田県 鹿角市 きりたんぽ

    移行9

    秋田県鹿角市は見どころいっぱい!鹿角市を色んな角度からご紹介!【秋田県鹿角市】
  4. 秋田県 大仙市 全国花火競技大会 大曲の花火 

    移行9

    秋田県大仙市の観光スポットは?大曲の花火に唐松神社など【秋田県大仙市】
  5. 移行7

    弘前城の歴史と紅葉!見どころと周辺の観光情報【青森県弘前市】
PAGE TOP