アイキャッチ画像

移行4

へぐら愛らんどタワーの見どころ!舳倉島の定期船に揺られて冒険気分!【石川県輪島市】


石川県輪島市のへぐら愛らんどタワーは交通アクセスは舳倉島への定期便のみ、されど施設名は「へぐら愛らんどタワー」と今風と、そのアンバランスに冒険心をくすぐられる通好みのスポットです。一味違う石川県輪島方面の1人旅の旅程に組み込まれれば、必ず忘れられない訪問となるに違いありません。

スポンサードリンク

少年時代の冒険心を思い出す舳倉島探検にトライ

へぐら愛らんどタワーなる名称から、皆さんはどのような観光施設をイメージされるでしょうか

最寄駅近くからシャトルバスが往復し、近隣には大型ショッピングモールなどの商業施設が充実している、多くの人気観光スポットの「タワー」のイメージが先行されて当然かと思いますが、へぐら愛らんどタワーはそうした先入観を見事過ぎる程に良い意味で裏切ってくれます。

私達が大人になって忘れがちな少年時代の素直な冒険心を掻き立ててくれる、そんな超個性的スポットとして熱い視線を集めています

まずは気になるロケーションですが、輪島市すなわち本土とは陸続きではありません。

「舳倉(へぐら)島」から命名された「へぐら愛らんど」の通り、舳倉島なる離島の簡易水道のタワー形状の高架水槽の下の部分を利用する施設で、来訪者は1階から5階の展示スペースと、最上階の展望台への立ち入りが可能な施設です

すなわち観光客向けに建設された施設では無く、島民の生活に欠かせぬ水道水を確保供給する上で不可欠な、大変重要な設備というのが元来の位置付けなのです。

舳倉島についてご紹介します

舳倉島は輪島市の輪島湾のから50kmほど行った場所にある周囲5キロほどの小さな島です

島へ行く唯一の方法はフェリーの定期便「ニューへぐら号」ですが、一日に1往復しかしないので天気が悪ければ欠航になることがありますし、帰りの便が欠航になると宿泊しなければいけないので注意が必要です。

島に売店やレストランなどはありませんが「民宿つかさ」と「民宿つき」の2軒の民宿施設があります

海女の島

昔から「海女の島」として有名です

野鳥

日本有数の渡り鳥の中継地としても有名で、300種類以上の野鳥が観察されています

ここでしか見れない鳥も多いので、季節を問わず多くのバードウオッチャー達が訪れます。

釣り

また、釣りのスポットとしても人気

  • マダイ
  • イシダイ
  • クロダイ
  • ヒラメ
  • メバル

などの色々な魚が釣れます。

定期便に揺られて舳倉島上陸からいざ探検開始

へぐら愛らんどタワーへの交通アクセスは唯一、定期便すなわち船しか手段がありません

都会の陸上交通機関と同じ感覚で同地を目指すと、大きな時間のロスからその後の旅程にも影響してしまうます。必ず直前情報を確認の上、キチンと計画を見据えて訪問される事をお薦めします。

島に到着から目的地を目指せば、良く似た白いシルエットがこちらも印象的な灯台と仲良く並んで立つ、へぐら愛らんどタワーの姿が確認出来ます

空の青と島の深い緑、そして眼下に煌めく海面と2つの塔の白のコントラストが見事ですが、同時に「他に何も見当たらない」この島を生活拠点とされている方々の日常生活にもまた、特に大都会で暮らしておられる皆様からすれば、自ずと興味が向く事でしょう。

タワー内部の展示スペースも極めてシンプルながら、

  • 島で遭遇出来る渡り鳥などの野鳥達を紹介するコーナー
  • 輪島市の伝統芸能を紹介するコーナー

など、地元愛溢れる写真や説明文が並んでいます。

小さなお子様には退屈な空間に感じられるかも知れませんが、昔少年だった世代の方々にとっては、タイムスリップと非日常感をダブルで確かめる、何とも不思議な時間を過ごせる事でしょう

館内の観賞を終えて再び外に出てみれば、あらためて周囲の風景に、まるで名作アニメのワンシーンに自身が迷い込んだかのような錯覚を覚えます。

既に同地を訪問された方々が撮影した風景写真がネット上でも配信されていますので、事前にチェックされるのも一案です

「先に目にしてしまうと感動が半減するのでは?」とのご指摘も聴こえて来そうですが、そのような懸念は無用のスポットです。

スポンサーリンク

最新の海水浄化設備と観光スポットが共存するユニークさ

へぐら愛らんどタワーは元来、島民の方々の水道水を確保供給する目的で建設された施設である事は先にご紹介した通りですが、同時に観光スポットとしての役割を担っている、実は極めてユニークな施設にも違いありません。

私達にとっての浄水場は基本、浄水設備内は金網などで覆われ、一般人の観光客は立入禁止が基本です

一部施設内の地下水槽上を開放したり、テニスコートとして活用するなどの工夫こそ見られますが、これだけコンパクトな共存が叶うのもまた、小さな離島ならではの特徴です。

党内には中学校の分校が1校だけ、他の施設と言っても神社が1つと、都会暮らしに慣れた方々からすれば「何も無い」舳倉島ですが、この島独特の時間の流れが確かに存在しており、地元を愛され今日も同所を生活の拠点とされる方々にとっては、何より心地良い「故郷」に違いありません

へぐら愛らんどタワーを訪れた人の口コミ・感想

海を越えた秘境の人口スポットへ向かうに際してのドキドキ感や、施設の詳細を興味深く伝えるコメントが、私達の冒険心をくすぐります。

「輪島沖に浮かぶ舳倉島の中心にある、5階建てのタワーです。5階は展望テラスになっていて、360度の景色を楽しめます。あまり民家がないため、島の風景と日本海が独り占めできるような気分になります。ぜひ上ってみてください。」

「舳倉島のシンボル的なタワーですが、本当は舳倉島の飲用水を浄化するため作られた配水塔だそうです。中には舳倉島や輪島の名所の紹介展示があったり、舳倉島に訪れる鳥の写真などが飾られています。5階から見られる景色は絶景です。」

「輪島から1日1便のフェリーで行ける舳倉島にあるタワーです。5階部分が展望できるようになっていて、外に出ることができます。舳倉島だけでなく、日本海とその先にある能登半島が一望できる、必見のスポットです。」

へぐら愛らんどタワーの基本情報

  • 名称:へぐら愛らんどタワー
  • 住所:〒無し 石川県輪島市舳倉島
  • 電話番号:0768-23-8200
  • アクセス方法:定期船で所用90分

へぐら愛らんどタワーの見どころ!舳倉島の定期船に揺られて冒険気分!【石川県輪島市】のまとめ

その白い円柱形が鮮烈なへぐら愛らんどタワーは静かに海を身守りつつ、島民の方々に不可欠な水道水の供給なる責務を全うし続けています。全てが私達にとって非日常と言える空間で過ごす限られた時間もまた、皆さんだけの旅の醍醐味に他なりません。忘れかけていた冒険心を呼び戻してみましょう。

 

関連コンテンツ

ピックアップ記事

  1. 秋田県潟上市の観光スポットは?天王グリーンランドや梅の里など【秋田県潟上市】
  2. 上桧木内の紙風船上げとは?【秋田県仙北市】
  3. 川端駅は由仁町にある小さな駅!【石勝線全駅制覇⑤】
  4. 秋田県仙北市はみちのくの小京都!歴史を感じさせる仙北市の厳選された観光名所8選!…
  5. 五輪坂スポーツガーデンの見どころ!家族でスポーツを楽しもう!【秋田県雄勝郡羽後町…

関連記事

  1. 移行4

    赤穂市立海洋科学館の見どころ!塩の国赤穂を学ぼう【兵庫県赤穂市】

    兵庫県赤穂市の赤穂市立海洋科学館は、瀬戸内と塩と赤穂について総合的に学…

  2. 移行3

    東金ぶどう郷は隠れた名所!ぶどう狩りをするならココ!【千葉県東金市】

    東金ぶどう郷は千葉県東金市にあります。果物狩りは季節に応じて様々な農園…

  3. 移行7

    岩手県公会堂は文化芸術活動を見せる場!重厚なイメージの大正建築!【岩手県盛岡市】

    岩手県盛岡市にある岩手県公会堂は、岩手県の文化芸術活動を支援しているス…

  4. 移行3

    遠賀郡水巻町の見どころ!オランダと交流がある街!観光スポット7選【福岡県遠賀郡水巻町】

    遠賀郡水巻町はかつて戦争中にオランダ軍の捕虜などが収容されていたことか…

  5. 移行7

    もりおか歴史文化館で盛岡の歴史と文化を学ぼう!ミュージアムショップでお土産も買える!【岩手県盛岡市】…

    岩手県盛岡市にあるもりおか歴史文化館は城下町盛岡の歴史と文化を紹介する…

  6. 移行2

    岐阜県美濃加茂市の見どころ10選!太古の伝説が今も生きる街【岐阜県美濃加茂市】

    岐阜県美濃加茂市は岐阜県の南部に位置する街です。かつての宿場町で賑わい…

スポンサーリンク

  1. 神奈川県 小田原市 わんぱくらんど

    移行8

    わんぱくらんどのおすすめ情報!子供の遊ぶ場所がたくさん!【神奈川県小田原市】
  2. 移行2

    青森県東通村を観光!ヒラメや東通牛のグルメと日本最大の砂丘【青森県下北郡東通村】…
  3. アイキャッチ画像

    移行4

    石川ルーツ交流館の見どころ!日本海を臨む石川県のルーツを知ろう!【石川県白山市】…
  4. 移行7

    浦霞 酒ギャラリーの見どころ!「浦霞発の日本酒文化の発信」がテーマの観光スポット…
  5. 移行4

    山梨県甲府市の観光スポット10選の見どころ!おすすめのグルメもご紹介!【山梨県甲…
PAGE TOP