アイキャッチ画像

移行4

××× 閉館 能美市立博物館の見どころ!能美市民の知恵と手作りに触れて楽しもう!【石川県能美市】


石川県能美市を知ることができる能美市立博物館は、昭和53年12月に開館しました。平成16年6月には全館リニューアルされ、より綺麗で楽しみやすい博物館となりました。能美市立博物館の魅力は「体験」です。

スポンサードリンク

石川県指定文化財を展示する博物館

絹本著色白山曼荼羅図

能美市立博物館には、石川県の指定文化財に登録されている「絹本著色白山曼荼羅図」が展示されています

白山一里野温泉から白山室堂に至る白山加賀禅定道を図示しています。図は3幅帯になっており、類似の白山曼荼羅図の中でもより繊細に描かれていることが特徴です。

寛政元年、1789年に奉納されたと裏書のある大変歴史のある文化財です

能美市立博物館の3つのテーマ

能美市立博物館では、

  • 「昭和の農家の暮らし」
  • 「川に生きる」
  • 「土の中からのメッセージ」

3つのテーマを基本として展示を行っています

昭和の農家の暮らし

「昭和の農家の暮らし」では昭和20年代から30年代にかけての農家の暮らしが再現されています

  • 台所
  • 作業場
  • 玄関

などが再現されており、昔の生活を感じることができます。

また、昭和時代の農家で使われていた道具も展示されています。若い世代にとっては昔を学ぶ良い機会となりますし、年配の方にとっては昔を懐かしむ場としても利用できます。

川に生きる

「川に生きる」では、能美市を流れる手取川について展示されています昭和9年の洪水と呼ばれた手取川の氾濫に関する資料も展示されています

この展示は、災害を後世に伝えていく重要な役割を担っています。能美市民にとって身近な存在である取手川をより深く知ることができます。

土の中からのメッセージ

「土の中からのメッセージ」では能美市の遺跡で発見された考古遺物を展示しています

  • 「石を割る」
  • 「土を焼く」
  • 「木を削る」

の3つのテーマに分けて展示されています。石川県内有数の遺跡がある能美市ならではの展示です。

手に触れて体験できる博物館

通常、博物館では展示物に触れることはできないことが多いですよね。しかし、能美市立博物館では展示物を見学するだけでなく実際に触れることができる魅力があります

見て、触って体験することでより深く能美市の歴史を知ることができるかと思います。日本人はもちろん、外国の方も日本の歴史を知り、体験することができる施設となっています。

能美電が当時のまま保存されている

のみでん広場

能美市立博物館の横にある「のみでん広場」では、北陸鉄道能美線で実際に活躍していた電車が保存されています

能美市民からは「のみでん」の愛称で親しまれています。北陸鉄道能美線は大正14年の開通から昭和55年の廃止まで、能美市の新寺井駅と白山市の鶴来駅間を結んでいました。

のみでん広場に保存されている電車は昭和26年に製造されたものです昭和55年に能美線が廃止となるまで市民の足として活躍してきました。

能美線廃止後に石川線で使用され、現役引退後はのみでん広場で展示されています。現代では自動車が多く普及し、北陸鉄道能美線を知らない世代も多くなっています。

そんな世代にとってのみでん広場に展示された電車は能美市の歴史を感じる大変貴重な資料となるはずです

電車は毎日博物館職員が掃除をしているため、製造から65年経った今も大変綺麗な姿で保存されています。

車内にはのみでんが現役で活躍していた当時の写真が展示されています写真を見ることでよりのみでんの魅力を知ることができます

のみでん広場は自由に見学することができるため、能美市立博物館を訪れた際にはぜひ立ち寄ってみましょう。

夏休みは工作体験に参加しよう

能美市立博物館では夏休みになると辰口地区公民館との共催で工作体験を開いています

工作体験では木を使ってものづくりを行う

  • 木工体験
  • 竹を使った竹細工教室

が行われています。

夏休みの自由研究にもぴったりですので、ぜひ工作体験に参加してみましょう。

能美市立博物館を訪れた人の口コミ・感想

能美市立博物館では、展示物を通して能美市の歴史を知ることができます。実際に能美市立博物館を見学した方の口コミはこちらです。

「土器や石器などの展示から、昭和時代の石川県の能美地域の人々の暮らしまでが分かる展示になってる博物館でした。博物館の近くを流れる手取川と共存して、発展してきたこの地域の人々の知恵などを知る事ができました。」

「地上三階、地下一階の構造となっている能美市立博物館は、階ごとに展示テーマが違いました。2階と3階が常設展示のようで、2階は考古展示室として、石器や土器などの展示がみられました。3階は昭和時代のこの地域の農家の暮らしが展示されてあり懐かしさを感じるような展示でした。」

土器や石器などの展示から、昭和の時代を感じさせる展示がされている博物館でした。博物館の外には、配線になった北陸鉄道能美線の車両が展示されてあり、車両の中を見る事もできました。歴史好きから電車好きまで楽しめる場所でした。」

能美市立博物館の基本情報

  • 名称:能美市立博物館
  • 住所:石川県能美市倉重町戌80番地
  • 電話番号:0761-52-8050
  • アクセス方法:北陸自動車道小松ICから車で20分

※残念ながら平成29年8月31日で閉館したようです。

能美市立博物館の見どころ!能美市民の知恵と手作りに触れて楽しもう!【石川県能美市】のまとめ

能美市立博物館は実際に触れて体験することに力を入れている博物館です。そのため、大人だけでなく子供でも楽しむことができます。長年能美市民に愛されてきた「のみでん」を間近で見ることもできるため、電車好きな方にもおすすめですよ。

 

関連コンテンツ

ピックアップ記事

  1. 秋田県上小阿仁村の観光スポットは?山深い自然を活かした森林浴がおすすめ!【秋田県…
  2. 秋田竿燈まつりの日程と見どころは?【秋田県秋田市】
  3. 男鹿半島を遊覧船で島めぐり!【秋田県男鹿市】
  4. 能代七夕「天空の不夜城」で灯籠が夜空を彩る!【秋田県能代市】
  5. 小林多喜二の碑を見て文学の歴史に浸る!【秋田県大館市】

関連記事

  1. 移行4

    五色塚古墳の見どころは大量の埴輪?兵庫県最大の歴史あふれる地!【兵庫県神戸市垂水区】

    兵庫県神戸市垂水区の五色塚古墳は兵庫県でも最大を規模を誇る古墳です。こ…

  2. 移行2

    広島県安芸太田町の観光名所8選!山に囲まれた町【広島県山県郡安芸太田町】

    広島県安芸太田町は面積に比して、人口の少ないのどかな地域です。その分手…

  3. 移行2

    あわら温泉屋台村湯けむり横丁の見どころ!無料の足湯もあります!【福井県あわら市】

    福井県あわら市にあるあわら温泉屋台村湯けむり横丁は、あわら温泉近くにあ…

  4. 移行3

    白浜フラワーパークの見どころ!関東最南端の観光施設!【千葉県南房総市】

    白浜フラワーパークは千葉県南房総市にあります。日本全国どこにでも、何か…

  5. アイキャッチ画像

    移行1

    徳川ミュージアムの見どころ!歴史とアートの街【茨城県水戸市】

    茨城県水戸市の徳川ミュージアムをご紹介いたします。水戸市には美術館や博…

  6. 東京都 千代田区 日比谷公園 

    移行8

    日比谷公園は近現代史の生き証人?社会的事件やデモの舞台になった【東京都千代田区】

    日比谷公園は東京都千代田区にある都立公園で、日比谷公園という名称は町名…

スポンサーリンク

  1. 神奈川県 川崎市 麻生区 王禅寺公園 

    移行8

    神奈川県川崎市麻生区の観光スポット7選!偉大な人は皆訪れる地区!【神奈川県川崎市…
  2. 佐賀県佐賀市佐賀城跡

    移行7

    佐賀城跡の見どころ!明治期の戦乱の痕跡が生々しい【佐賀県佐賀市】
  3. アイキャッチ画像

    移行1

    茨城県龍ヶ崎市の見どころ!龍が付く街ってどんな街?!【茨城県龍ヶ崎市】
  4. 移行2

    奈良県の2018年の花火大会情報!開催日程順に掲載しています【奈良県花火大会】
  5. 移行2

    明谷梅林の魅力と見どころ!徳島県最大級の梅の名所へ出かけよう【徳島県阿南市】
PAGE TOP