アイキャッチ画像

古河市

古河歴史博物館の見どころ・イベント情報!【茨城県古河市】


茨城県古河市の古河歴史博物館は、平成2年に旧古河城出城跡に建設されたもので、周辺の環境を考慮して造られました。建物は、地下1階と地上2階建ての鉄筋コンクリート造で、白壁に瓦屋根の土蔵風建築物です。古河歴史博物館は、平成4年に日本建築学会賞受賞し、同年6年には公共建築賞を受賞した博物館で、古河の歴史を中心に展示しています。館内は、展示スペースと収蔵施設それに研修スペースと管理スペースの4部門の構成となっているのです。

スポンサードリンク

【古河歴史博物館内の見どころ】

オランダ製のストリートオルガン

古河歴史博物館本館入口近くにある展示ホールには、古河藩主土井利位と家老であった鷹見泉石がオランダからの知識を得た証として、オランダ製のストリートオルガンが置かれています

そして、常設展示場には家老が収集記録した蘭学関係資料や原始古代から近代歴史の概観を記したものから、奥原晴湖や河鍋暁斎らの書画作品が紹介されているのです。

雪華図説

又、江戸時代の天保3年(西暦1832年)に時の城主土井利位が雪の結晶観察図鑑である「雪華図説」を記したとされる刊行物が展示されています

【古河歴史博物館!第1展示室の見どころ】

古河歴史博物館の第1展示室には、古河藩家老の鷹見泉石が遺したとされる資料が展示されていて、当時のオランダ地図や日本地図それに古河藩領内図があり、当時の世界地図もあります。

これ以外には、

  • 古地図
  • 古書
  • 絵画
  • 版画類

があり、別に当時の輸入陶器やガラス瓶類それに織物や温度計も揃っているのです

製図器等の理化学機器も展示されています。

日光駅路里数之表

中でも「日光駅路里数之表」は宿駅間距離の一覧を記したもので、日本初の距離早見表です。「大塩平八郎召捕棒」も距離計測器材として展示されています。

【古河歴史博物館!第2展示室の見どころ】

古河歴史博物館の第2展示室では、中世の古河公方の武具の展示や近世(江戸時代)の古河藩の資料それに明治時代の田中正造が始めたとされる製糸工業を物語る織機が展示されています。

そして、城跡が全く存在しない古河城ですが、350分の1の寸法の模型が展示されているのです

【古河歴史博物館!第3展示室の見どころ】

古河歴史博物館の第3展示室は、幕末から明治にかけて活躍した文化人とその作品が展示されています。

中国の南宗画に由来する、画風の女流南画家である奥原晴湖が描いた伝統的な絵画の展示から、浮世絵・戯画・新聞の挿絵を手掛けた河鍋暁斎の絵画も展示されているのです

そして、これらの画家を育てた師として、古河画界の先駆けとなった画家の枚田水石や書家である小山霞外などが作品と共に紹介されています。

スポンサーリンク

【古河歴史博物館!文化財の見どころ】

鷹見泉石

古河藩の家老だった鷹見泉石は、蘭学者でもありました

地理学や理化学などに関する収集品も数多くあり、幕末の政治や外交そして文化の流れを伝承する資料群としての価値は重要で、多くの資料のうち3,151点が平成16年(平成2004年)に国の重要文化財(歴史資料)として指定されています。

【古河歴史博物館でのイベント】

古河歴史博物館の展示スペースでは年間を通じて展示物の内容にコンセプトを設け変更しています

  • 3月18日から5月5日までは「雪の殿さま土井利位」
  • 5月28日から7月3日までは「近代医学のさきがけ河口家の人びと」
  • 7月23日から9月4日までは「なつかしの写真館」

で、8月14日と15日の夜間は「夢あんどん夕涼み」が敷地内の旧古河城出城の堀で行われるのです。

9月17日から9月25日までは「浅野恭司・WIT、STUDIO原画展」が開催され、10月22日から11月27日までは「赤羽刀と日本刀名品展」が開かれます

そして、1月4日から3月12日までは「日本近代洋画への道」と題して、山岡コレクションを中心に展示されるのです。これは博物館側の予定で、この通り実施されるか否かは分りません。

古河歴史博物館を訪れた人の口コミ・感想

実際に古河歴史博物館へ行ったことがある方の口コミを紹介しましょう。

古河の歴史がよくわかる博物館です。正直、古河の歴史にはあまり興味がなかったのですが、古河市を散策されるなら、先に行って知識を蓄えてから散策するとより楽しめるかもしれません。ここは古河城の城跡に建てられたそうです。土塁などもしっかり残っていますよ。」

「古河城は現在ほとんど姿が残っていませんが、古河城の歴史や、古河市の成り立ち、出土物、古河藩の家老だった鷹見泉石の資料などが丁寧に展示されています。歴史好きな方ならじっくり見学すれば時間を忘れて見入ってしまうかも。」

「古河藩家老で幕末の洋学者鷹見泉石に関する資料を主に展示している博物館で、時間があるときにフラッと立ち寄ります。個性的な外観で、普段の生活から切り離された感じが好きですね。お盆時期に開催される「夕涼み会」は敷地内の堀がほんのりとした灯りで彩られますよ。」

基本情報

  • 名称:古河歴史博物館
  • 住所:〒306-0033 茨城県古河市中央町3丁目10-56
  • 電話番号:0280-22-5211

茨城県古河市の見どころ観光スポット7選!群馬県と隣接する市【茨城県古河市】

古河歴史博物館の見どころ・イベント情報!【茨城県古河市】のまとめ

古河歴史博物館の館内には喫茶コーナーがありますので、見学の途中で休息も取れるのです。館内の展示物を見終えたら、古河歴史博物館の道路を隔てた所にある古河藩家老であった、鷹見泉石の居宅(鷹見泉石記念館)と南画家奥原晴湖が晩年に用いた画室(繍水草堂)が復元されていますので、無料ですからこれらも見学してください。

 

関連コンテンツ

ピックアップ記事

  1. 秋田県にかほ市が誇る名勝!有名人!にかほ市の厳選観光スポット!【秋田県にかほ市】…
  2. おおもりケヤキ並木イルミネーションとは?【秋田県横手市】
  3. 天王グリーンランドで遊びから食まで楽しみ尽くそう!【秋田県潟上市】
  4. 秋田県八峰町の観光スポットは?大自然の恵みに感謝!【秋田県山本郡八峰町】
  5. 南清水沢駅とその周辺スポットとは?【石勝線全駅制覇⑩】

関連記事

  1. アイキャッチ画像

    イトヨの里泉が森公園

    『イトヨの里泉が森公園』の見どころ!めったに見られない珍魚が泳ぐ公園【茨城県日立市】

    茨城県日立市にはイトヨの里泉が森公園があります。日本には珍しい生態系を…

  2. 花火大会

    茨城県の花火大会情報2018年版!開催日程順に掲載しています【茨城県花火大会】

    茨城県の2018年の花火大会情報です。ここでご紹介しているところ以外に…

  3. アイキャッチ画像

    常陸太田市

    茨城県常陸太田市の見どころ!竜神峡でおなじみ!【茨城県常陸太田市】

    茨城県常陸太田市をご紹介します!茨城でも1・2を争う観光スポット、竜神…

  4. 東海村

    阿漕ヶ浦公園の見どころ!春の桜に夏の花火!魅力いっぱい!【茨城県那珂郡東海村】

    茨城県東那珂郡東海村にある阿漕ヶ浦公園。整備された運動公園ですが、桜の…

  5. アイキャッチ画像

    取手市

    茨城県取手市の観光スポット7選!由緒正しきお寺がある街の見どころ!【茨城県取手市】

    茨城県取手市には長禅寺や龍禅寺三仏堂といった、由緒正しきお寺が数多く存…

スポンサーリンク

カテゴリー

  1. 岩手県

    プラザおでっての見どころ!イベントももりだくさんの市民の憩いの場【岩手県盛岡市】…
  2. 奈良県

    宝山寺の見どころ、おすすめポイント!【奈良県生駒市】
  3. アイキャッチ画像

    宇部市

    山口県宇部市の見どころ10選!落着いた景観が楽しめる!【山口県宇部市】
  4. 八幡東区

    福岡県北九州市八幡東区の見どころ観光スポット10選!北九州経済と文化の中心地【福…
  5. 秋田県

    秋田県仙北郡美郷町の見どころ観光スポット7選をご紹介【秋田県仙北郡美郷町】
PAGE TOP