ご褒美型わくわくダイエットアプリ!

ダイエットBOXは、今までの「ツラい」「キツい」「楽しくない」「我慢」といったダイエットをもっともっと楽しくするためのアプリです。

招待コード:goobaを使って登録すると、ナント100ポイントもらえます!

観光

福岡アジア美術館の見どころ!アジアとの交流拠点として機能!【福岡県福岡市博多区】


福岡県福岡市の福岡アジア美術館を紹介したいと思います。福岡は古来より、日本のアジア地域との玄関口としての役割を果たしてきました。そんな福岡には、その現代アートを幅広く集め、展示する美術館があります。

スポンサードリンク

福岡アジア美術館とは?

福岡アジア美術館は、アジアの近現代の美術作品を系統的に収集し展示する、世界的に類をみない美術館として、1999年に開館しました

所在地は福岡市博多区下川端町にある

複合施設「博多リバレイン」の、リバレインセンタービル7~8階

にあります。

この近辺は博多で最初に栄えた商業の街でもあり、博多祇園山笠で有名な櫛田神社もこの近くにあります。

櫛田神社についてはこちら⇒櫛田神社の見どころ!

交通の便もよく、福岡市営地下鉄、中洲川端からすぐの場所です。

福岡の中心地・天神からは、西鉄バスの福岡都心100円バスもあり、徒歩でも15分程度と徒歩圏内であり、都市型の美術館といえます。

この美術館ならではの魅力 

福岡アジア美術館は、その地域の近現代の美術作品を集め、各地で美術分野で活躍する作家や研究者を招き、滞在制作や研究活動など様々な交流もおこない、理解を深める場所として機能しています

さらに、

  • 福岡(那珂川以西、江戸時代は武家の町。天神は福岡エリアに入ります)
  • 博多(那珂川以東、古来より商業の町)

の街のエネルギーがうずまく都心に位置し、美術館を通して「アジアの今」へアクセスできる、都心型の美術館でもあります

企画ギャラリーでは、幅広いテーマの特別企画展を開催します。

特定の地域という切り口で迫り、著名なアーティストの展示から、ひとつのコンセプトを定め、それをベースにさまざまな企画展を開催しています。

常設のギャラリーでも、数多くの収蔵コレクションからセレクトし、1つのコンセプトを定め、展覧会を行っています

そのため、訪れる人に新しい提案を常に披露し、本格的な美術作品に触れるタイミングを広げています。

立ち寄りたい工夫が一杯の、都市型美術館

福岡の中心地に位置し、アクセスしやすい立地だけではなく、訪れる人に開かれた場所になっています

交流スタジオ

まず、館内8階にある「交流スタジオ」は、滞在中のアーティストが実際に、作品を作成したり、ワークショップを開催する場所になっています

作品を仕上げているアーティストの表情を、間近にする機会になりそうです。

あじびホール

また、「あじびホール」は、

  • 講演会
  • ワークショップ

など、その場で表現し伝えるジャンルのイベントに適した場所です。

その時でなければ出会えない演出などは、子供から大人まで楽しめる内容になっています

彫刻ラウンジ

館内7階にある「彫刻ラウンジ」は、

  • 大型作品
  • インスタレーション(作品を展示する場所や空間をそのまま作品として体験させる方法)

として展示を行ったり、トークなどのイベントも開かれるオープンスペースとなっています。

ミュージアムショップ 「ロンホァ」

ミュージアムショップ 「ロンホァ」は、美術関連書籍をはじめ、館内で行われる企画展示に併せてた、グッズも展開しています

また、日本が誇る現代美術アーティストのグッズも置かれており、来場者の必見です。

インディーズブランド商品も取り扱い、こちらはかなり個性的なラインナップになっています他では手に入らないような商品とも出会えそうです

開館時間は、午前10時から午後8時までで、福岡市内の他の美術館・博物館より夜の閉館時間が遅いのも特徴のひとつです。

仕事帰りに、「ちょっと、寄ってみようかな。」

と、一人でも気軽に美術館に立ち寄って欲しいという狙いがあります

ミュージアムカフェ

「ミュージアムカフェ」(7階)では、17時からは、

  • ビール
  • カクテル

など、アルコール類も提供も行っており、作品を鑑賞してからのリラックスにうってつけ場所となっています

また、市内の他の公共施設は月曜閉館が多いのですが、水曜日が閉館日となっており、2泊3日などの週末旅行で、福岡に訪れた方でも、足を運びやすいかもしれません。

スポンサーリンク

3年に一度の「とっておき」のイベント!?

福岡アジア美術トリエンナーレ

主要なイベントとして、「福岡アジア美術トリエンナーレ」を開催しています

「トリエンナーレ」とはイタリア語が元になっており、

「3年ごとに開かれる国際現代美術展」という意味

です。

英語では、「トライエニアル」となるそうです。

日本各地でも様々な美術の催しで取り入れられている単語なので、耳にされたことがある方も多いことでしょう。

福岡市美術館が開催してきた「アジア現代美術展」を前身とし、「アジアに現代美術があるの?」と受け止められていた、1980年からスタートし、現在も開催されています

前回の2014年度の開催では、地域21か国から作品が集まり、それぞれの地域の美術の新傾向を紹介する内容となりました。

また、美術館開館15年の節目でもあったため、「福岡初・福岡発」と銘打ち、国内外より多くの来館者を集めました

また、長年培った各地とのネットワークにより、自国の外で発表した経験が、ほとんどない作家も紹介するため、その独自の視点により「他にないトリエンナーレ」として新鮮に受け止められています。

「新しい美術と出会いたい」

という、美術ファンの気持ちも刺激し、アジアという地域について、美術作品を通して深く理解するという視点も、斬新ではないでしょうか。

作品を展示以外の「美術館の役割」とは?=美術に関わる人を増やすこと?

レジデンス・プログラム

また、プログラムとして、各地からアーティストや研究者を招いて行う、「レジデンス・プログラム」を積極的に行っています

毎年、数人のアーティストや研究者が行う、

  • 滞在制作
  • 調査
  • 研究

を支援しています。

また、滞在中のアーティストの

  • トークショー
  • 企画展の関連イベント

なども併せて行い、普段なかなか知ることのできない、アートの裏側を垣間見ることもできます

また、美術館の運営には、多くのボランティアが関わり、その活動に重きを置いています。

  • 作品の解説・案内をおこなうギャラリーツアーの進行
  • 図書や資料などの広報活動
  • 普段は立ち入ることができないバックヤードツアーの実施

等、随時催されています。

また、館内でアーティストのガイド役や様々なサポートも行っています。

さらに、アーティストと一緒に、パフォーマンスに出演するといった役割も担い、欠かせない存在となっています

ボランティアとして活動するために、独自の養成プログラムも準備されています。

月1回の研修を一定の回数を出席し、レポートを提出し、研修を修了して始めてボランティアとして活動することができます

開館時より、ボランティア研修を修了された方は、530人に上っています。

アートやカルチャーに興味のある人や、アーティストに出会いたい人等、20歳以上であれば、申し込みができます。

この機会に、生活にアートと関わる体験を取り入れてみてはいかがでしょうか

※価格は平成29年6月現在の情報です。

福岡市博多区の他の見どころはこちら⇒福岡市博多区の観光スポット10選!

福岡アジア美術館の見どころ!アジアとの交流拠点として機能!【福岡県福岡市博多区】のまとめ

このように、近現代の美術作品を収集し展示するだけではなく、福岡という土地を生かし、アジア地域に特化した美術作品の魅力をアピールする場所でもあります。併せて、美術館を訪れる、アーティストや旅行者などと、福岡に暮らすボランティアスタッフとが、お互いに交流するきっかけも作っています。「アジアのゲートウェイ都市」を目指す、福岡市を象徴する美術館であると思います。福岡にお越しの際は、この美術館で、その息吹や出会いを感じてみませんか。

 

関連コンテンツ

ピックアップ記事

  1. 日本国花苑バラ園の見どころ!魅力を満喫できるおすすめの時期は?【秋田県南秋田郡井…
  2. 山梨県南都留郡忍野村の見どころ!忍野村で忍者になろう!【山梨県南都留郡忍野村】
  3. 南千歳駅からスタートします!【石勝線全駅制覇②】
  4. 鹿ノ谷駅の周辺には幸福の黄色いハンカチ想い出ひろばがある!【石勝線全駅制覇⑫】
  5. 横手やきそば四天王決定戦の見どころ情報【秋田県横手市】

関連記事

  1. 観光

    東牟婁郡太地町の観光スポット!大迫力のくじらに会おう!【和歌山県東牟婁郡太地町】

    東牟婁郡太地町は、くじらの町と呼ばれていますが、太地町は捕鯨発祥の地だ…

  2. 観光

    長崎県壱岐市の魅力をぐるっと観光♪潮騒が香る島の見どころスポット8選!【長崎県壱岐市】

    長崎県壱岐市は、長崎の西に浮かぶ壱岐島です。壱岐島では、海に囲まれた豊…

  3. 観光

    大自然を散策するならここ!元宇品【広島県広島市】

    元宇品は、広島県広島市南区に位置する陸繫島のことです。島内にはホテル、…

  4. 神奈川県 横浜市 中区 港の見える丘公園 

    観光

    神奈川県横浜市中区の観光スポット10選!横浜観光のランドマーク!【神奈川県横浜市中区】

    横浜市中区には山下公園、マリンタワー、氷川丸、赤レンガ倉庫など、横浜の…

  5. 観光

    新夕張駅は紅葉山駅?【石勝線全駅制覇⑦】

    新夕張駅は、石勝線のターミナル駅で、石勝線の前身である国鉄夕張線の時代…

  6. 観光

    飛騨の里で文化、歴史を知ろう!どんな見どころがある?【岐阜県高山市】

    岐阜県高山市の飛騨の里は、まるで昔にタイムスリップしたかのような昔なが…

スポンサーリンク

カテゴリー

  1. 観光

    北海道木古内町の更木岬沖に眠る軍艦咸臨丸のモニュメントとその歴史【北海道木古内町…
  2. 観光

    カナダの趣 ミササガパーク(猿渡公園)という地にあるもの【愛知県刈谷市】
  3. 観光

    五大堂の見どころ!松島のシンボルを観に行こう!【宮城県宮城郡松島町】
  4. 日本

    夢二郷土美術館の見どころをご案内!!竹久夢二の世界へようこそ!!【岡山県岡山市中…
  5. 観光

    石鎚山の観光情報!日帰り登山で西日本最高峰の百名山を堪能!【愛媛県西条市】
PAGE TOP