観光

浮殿の見どころ!かつてはその名の通り浮いていた!?【福岡県太宰府市】


福岡県太宰府市の浮殿を詳しくご紹介いたします!皆さんよくご存知の観光スポット、太宰府天満宮。その入り口の脇のスペースに、それほど知られていないスポット浮殿はあります。

スポンサードリンク

みんなと逆方向に歩くと見つかる穴場

浮殿は、太宰府天満宮の参道を西鉄太宰府駅から本殿の方向に歩いて行くとあります

しかしながら太宰府天満宮の本殿は、鳥居をくぐった後に観光案内所やトイレのところから左に曲がって進んでいくとあるのですが、この浮殿は逆に、鳥居をくぐった後、すぐに右へ歩いて行くとあるんですよ。

ほとんどの参拝客は本殿を目指して歩いていくので、なかなかこの浮殿の存在に気付かないことが多いのです

実際に私も太宰府天満宮には何度も行ったことがあるのですが、浮殿の存在は今回まで知りませんでした。

なので、この場所はあまり混雑することがない、天満宮の敷地内としては一息つける、数少ない場所のひとつなんです

ちょっと、目の付けどころを変えてみませんか?

移転して、現在の位置にあるんです

もともとこの浮殿は、先ほど出てきた鳥居の左側、本殿の方向に向かっていくとある心宇池の辺りにあったそうで、終戦後に現在の位置へ移されました。九州国立博物館の開館(2005年)に合わせ、周りにある庭園もリニューアルされています。

浮殿が心宇池の付近にあったことは、鎌倉時代の境内の様子を著した図でも確認できます

いつの時代から心宇池あたりに存在していたかは定かではないですが、現在でも毎年9月下旬に行われている神幸式大祭では、かつてはこの浮殿の前で神輿が一休みされる、という恒例の場所だったそうで。

同時に「御供上げ」の曲も演奏されていたそうですよ

名前が浮殿ですから、池のそばにあった時代はきっと、水に浮いているように見えたのでしょうね。

神聖な場所と、現代アートとの融合!?

太宰府天満宮で祀られている菅原道真公(天神さま)は、「学問の神様」のほか「文化の神様」としても古くから崇められてきました

実に1000年以上も前から、その時代時代の最新の芸術作品が奉納されてきた歴史があります。

その流れを汲んで、現在太宰府天満宮では

「境内美術館」

と称し、世界の第一線で活躍しているアーティストに来てもらって、太宰府天満宮という場所だからこそできるアート作品を創り出し、境内の様々な場所に(ひっそりと)展示しています

この浮殿にもアート作品があるんです。拝殿の中に、何やら金属片のようなものがびっしりとくっついた球体が展示してありますね。

これは1976年にイギリスで生まれた芸術家、ライアン・ガンダーによる2011年(平成23年)の作品です。これはどんな意味があると思われますか??

実はこの球体、大きな磁石の塊で、その磁力でまわりにたくさんの金属片がくっついているのだそうです

一見、金属片はキラキラ光り輝いていて、球体も大きいので存在感は大きいのですが、磁力は目に見えません。

目に見えない力で、この球体は成り立っていますそれはここ、太宰府天満宮も一緒ではないかと作者は考えたのではないでしょうか

神様は、本当はどんな姿をしておられるかわかりませんし、もちろん人の形をしているのかもわかりません。

しかし、毎日のように太宰府天満宮には、大勢の方々が神様を目指して参拝に来られます

参拝には来ますが、具体的にどんな様子をしておられる神様なのか、あるいはどれくらいのパワーをいただけるのか、誰も知りません。

スポンサーリンク

この金属の球体も、磁力…すなわちパワーを発していることは見ただけではわからないので、ここ太宰府天満宮の浮殿にあるからこそ、意味があるということではないでしょうか

浮殿以外にも、天満宮の敷地内にはたくさんのアート作品があります。

どの作品も目立つ場所にはないので、宝探しの感覚で見つけていくと面白いでしょうね。遊びやデートには最適かもしれません。

この境内美術館についてのパンフレットは、浮殿のそばにある観光案内所で配布されています。

浮殿の周りにも、見どころがいっぱい!

照の恵

浮殿から道を挟んで右隣には、照の恵という風情たっぷりの甘味処があります

太宰府名物の梅ヶ枝餅はもちろん

  • お抹茶
  • お食事

が手軽にゆっくり楽しめます。

水月庵

その向かいには、お食事処の水月庵があります本格的なお料理を、日本庭園を見ながら味わうことができます

2つのお店の近くにある光明禅寺にも、本格的な日本庭園がありますよ。

九州国立博物館

そのエリアから東の山手のほうに目を向けると、大きくて青い、特徴的な屋根が見えてきます。

九州国立博物館です住宅街を縫って国博通りを上っていくと、博物館へと続く階段や回廊のふもとに着きます

車椅子や足の不自由な方のために、専用のリフトもございます。(天満宮から【だざいふ遊園地】の入り口方面に行くと、誰でも乗れるエスカレーターと動く歩道で博物館へ行けるので、こちらも便利ですよ)

このように、周辺にも多くの観光スポットがあるので、いろいろなところを見て回るのも楽しいかもしれません!

浮殿の見どころ!かつてはその名の通り浮いていた!?【福岡県太宰府市】のまとめ

太宰府天満宮の敷地内にある穴場スポット浮殿と、その周辺についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?境内美術館の試み、大変面白い企画だと思いました。道真公にあやかって、新しい芸術・文化に触れるのも、また一味違った太宰府観光の楽しみ方かもしれないですね。皆さんも太宰府天満宮を訪れた際は、ぜひ浮殿にもお立ち寄りくださいね!

 

関連コンテンツ

ピックアップ記事

  1. 川端駅は由仁町にある小さな駅!【石勝線全駅制覇⑤】
  2. 沼ノ沢駅の今は?レストランも要チェック!【石勝線全駅制覇⑨】
  3. 上桧木内の紙風船上げとは?【秋田県仙北市】
  4. 日本国花苑バラ園の見どころ!魅力を満喫できるおすすめの時期は?【秋田県南秋田郡井…
  5. 秋田県藤里町は世界遺産白神山地の守り神!藤里町の観光名所をご紹介!【秋田県山本郡…

関連記事

  1. 観光

    高知市立自由民権記念館の見どころ!自由民権運動を模型やパネル展示で紹介!【高知県高知市】

    高知県高知市にある高知市立自由民権記念館は、近代日本の歴史に大きな役割…

  2. 観光

    鳥羽キャンプセンターの見どころ情報!森林浴と海水浴が一度に楽しめる!【三重県鳥羽市】

    三重県鳥羽市の鳥羽キャンプセンターは、周囲を山林と竹林で囲まれたオート…

  3. 日本

    飯豊町の見どころ・おすすめスポット7選!自然にどっぷりと浸るならココ【山形県西置賜郡飯豊町】

    飯豊町は山形県の南西部に位置し、飯豊連峰と朝日連峰を望み、町の多くを森…

  4. 観光

    伊丹十三記念館の見どころ!伊丹十三は日本を代表する映画監督!【愛媛県松山市】

    愛媛県松山市にある「伊丹十三記念館」は日本を代表する映画監督、伊丹十三…

  5. 観光

    若狭国吉城歴史資料館の見どころ!国吉城の歴史に触れよう!【福井県三方郡美浜町】

    福井県三方郡美浜町に若狭国吉城歴史資料館はあります。福井県には多くの観…

  6. 観光

    錦帯橋は岩国市No1の観光名所!270年間岩国の人々を助けた橋の見どころは?【山口県岩国市】

    山口県岩国市にある錦帯橋といえばすぐに橋のイメージは思いつくでしょう。…

スポンサーリンク

カテゴリー

  1. 観光

    会津新撰組記念館の見どころ!新撰組が大好きなあなたへ【福島県会津若松市】
  2. 観光

    大阪市西区の見どころスポット9選!緑あふれるおしゃれな街【大阪府大阪市西区】
  3. 日本

    青森県おいらせ町の観光情報!グルメに癒しの温泉も!【青森県上北郡おいらせ町】
  4. 観光

    龍頭が滝は島根県雲南市の滝のなかでもとりわけ雄大な夫婦滝!【島根県雲南市】
  5. 観光

    萩焼窯元泉流山の見どころ!伝統工芸の萩焼のすべてを堪能できる!【山口県萩市】
PAGE TOP