愛媛県

旧広瀬邸は日本の美を感じられる国の重要文化財!【愛媛県新居浜市】


愛媛県新居浜市にある旧広瀬邸は日本の近代産業を育成し、住友グループの基礎を確立した広瀬宰平の旧邸で、国の重要文化財にも指定されています。併設された日本庭園の美しい佇まいには、時間が経つのを忘れてしまうほどです!今回は、愛媛県新居浜市にある、意匠を凝らした造りの旧広瀬邸をご紹介します!

スポンサードリンク

旧広瀬邸とは?

旧広瀬邸は、住友グループの初代総理人を務めた広瀬宰平の旧邸です。愛媛県新居浜市が設置した広瀬公園内にあり、広瀬宰平の人生をテーマごとに展示した広瀬歴史記念館(展示館)も併設されています。

母屋は明治10年に建築され、その後明治20年に現在の場所に移築され、新座敷と庭園は移築2年後の明治22年に建築・造園されました。

伝統的な日本建築の様式を持ちながらも、西洋から輸入された板ガラス、避雷針、暖炉、洋式便器などの進んだ技術を取り入れるなど、広瀬宰平の既成概念にとらわれない美的センスが要所に感じられる邸宅です!

旧広瀬邸は、敷地内の建物がほぼ全て当時のままで残っており、ほとんど改修もされていないため、明治期の近代建築の姿を今日に伝える貴重な文化財となっています。

別子銅山を支えた実業家の先駆け的な近代和風住宅」として、平成15年5月に、国の重要文化財に指定されました。指定にあたっての主な評価点は、以下となっています。

1.「敷地内の建築がほぼすべて残り、改造もほとんどなく、明治中期の大規模和風住宅の姿を今日に伝える遺構として貴重である。

2.「母屋及び新座敷は、いずれも数寄屋風の意匠を凝らした上質なつくりで、迎賓館としての役割を兼ね備えた構成も特徴的であり、高い価値がある。

どこを撮っても絵になる和モダンの邸宅は、日本の美しい伝統文化を再確認させてくれますよ!

広瀬宰平とは?

広瀬宰平は住友家の初代総理人を務め、文政11(1828)年5月5日北脇理三郎の次男として近江国野洲郡八夫村(現滋賀県野洲郡中主町)で生まれました。

幕末・明治の動乱期の、政府による接収や住友の経営難による売却から別子銅山を守り、その開発の近代化を推進し、日本の産業育成にも力を注いだ人物です。

28歳の時に住友家第10代当主「友視」の薦めで広瀬家の養子となり、38歳で別子銅山支配人となりました。また、日本の産業革命を起こした人物でもあり、フランス人鉱山技師ルイ・ラロックを雇い、その近代的な技術用いて設計図などを作ったそうです。

西洋と東洋の文化をバランスよく融合させた建物のベースの源がうかがえます。

旧広瀬邸1階

○母屋

母屋は明治10年に市内に建てられ、明治20年に現在の場所に移築されました。西側には増築された料理場があり、実際に使用されていた食器などが並び、当時の生活の様子がよくわかります。

北側と東側に縁手すりにモダンな洋風意匠を用いるほか、様式トイレ、暖炉、避雷針など実用面で洋風の導入が随所に見られます

○新座敷

新座敷は別子開坑200年祭の接待館として、明治22年に建築されました。15畳敷きの「新座敷」10畳の「次の間」北西の「茶室」があり、欄間や釘隠などの西洋技術が細かい箇所までほどこされています

欄間には、弓のデザインが繊細に施されており、「客人を守る」という意味が込められているそうですよ!

○離れ

離れは1階に釜屋、風呂場などがあり、2階には縁と床を備える「指翠楼」隠し部屋などがあります。

○金物蔵・米蔵

金物蔵・米蔵は明治20年に現在の場所に移築されました。江戸時代末の建築で、米蔵には天保10年の祈祷札が残されており、現在はその一部を事務所として使用しています。

スポンサーリンク

旧広瀬邸2階

○書斎

書斎には広瀬宰平が使っていた机が、当時のままに再現されています。実際に座ってみると、細かい格子窓から日本庭園の緑が見え、とても穏やかな気分になります。

西洋から取り寄せたトランクや小物を収納する小棚なども、どれも美しいデザインなかりで、広瀬宰平の美意識の高さが伺えます

○望遠楼

広瀬宰平が眺望用に作った「望遠楼」は書斎の左側に大きな窓があり新居浜市内を一望できる眺めとなっております。春には庭園一面に咲く桜が見え、遠くには穏やかな瀬戸内海まで見晴らせます

初夏には涼しい風が入り、ほどよいやわらかさの畳の心地よさも相まって、思わずお昼寝してしまいそうなゆったりとした雰囲気です。

○美しい日本庭園

日本庭園は多くの木が植えられどれも美しく、手入れが行き届いており、池には色とりどりの鯉が泳いでいます初夏には涼やかな風の中で若葉が揺れ、秋には赤や黄色の紅葉が楽しめます

日本庭園の大きな特徴は、「曲線で構成された形と左右非対称」というポイントがあり、西洋の庭園では見られないものです。日本庭園は、土地の起伏や四季の景観を活かしながら作られているので、とても情緒深く赴きがあるのです。

母屋からも庭園を眺めることができ、午後には室内の暗さと日本庭園の明るいコントラストが、王道的な日本の美を映し出してくれます

旧広瀬邸の基本情報

  • 住所:新居浜市上原2-10-52
  • 新居浜駅から車で15分
  • 新居浜ICから車で15分
  • 休館日:月曜日、祝日の翌日、年末年始。
  • 公開時間:9時30分から17時30分(入場は17時まで)。
  • 観覧料(展示館・旧広瀬邸):大人520円、中学生・小学生無料

新居浜市の観光・お出かけスポット

新居浜市の他の見どころをまとめました。

愛媛県新居浜市の見どころ9選!歴史ある自然豊かなまちの観光情報!【愛媛県新居浜市】

旧広瀬邸は日本の美を感じられる国の重要文化財!【愛媛県新居浜市】まとめ

今回は旧広瀬邸の魅力をお伝えいたしました。愛媛県新居浜市にある旧広瀬邸は、意匠を凝らした上品な造の邸宅と美しい自然景観に、時間の経過を思わず忘れてしまうほどです!ゆっくりした穏やかな時間が流れ、“日本の美”をしみじみと感じることができます。明治期の大規模和風住宅の姿を今日に伝える貴重な旧広瀬邸、一見の価値ありですよ!

 

関連コンテンツ

ピックアップ記事

  1. 秋田竿燈まつりの日程と見どころは?【秋田県秋田市】
  2. 廃止された十三里駅・楓駅・登川駅の歴史とは?【石勝線全駅制覇⑧】
  3. レゴランドではこどもが主役!大人も楽しめる!【愛知県名古屋市港区】
  4. 千秋公園で久保田城など歴史に触れる!【秋田県秋田市】
  5. 男鹿半島を遊覧船で島めぐり!【秋田県男鹿市】

関連記事

  1. 愛媛県

    笹々峰は伊予の三名山!日帰り登山を楽しもう!【愛媛県西条市】

    愛媛県西条市にある笹々峰 日帰り登山は、日本二百名山にも選ばれた伊予の…

  2. ポコペン横丁

    ポコペン横丁の見どころをご案内!!昭和レトロの世界へようこそ!【愛媛県大洲市】

    愛媛県大洲市の「ポコペン横丁」は松山自動車道 大洲北只ICから5分また…

  3. 今治市

    糸山公園展望台はしまなみの王道的な絶景を望める!【愛媛県今治市】

    愛媛県今治市にある糸山公園展望台は、来島海峡大橋のたもとにある糸山に整…

  4. 愛媛県

    一草庵は自由律の俳人・種田山頭火が最晩年を過ごした住処!【愛媛県松山市】

    愛媛県松山市にある一草庵は、自由律の俳人・種田山頭火が放浪の果てに安住…

  5. 北宇和郡

    愛媛県北宇和郡松野町の見どころ7選!森の王国の住人になろう!【愛媛県北宇和郡松野町】

    愛媛県北宇和郡松野町は愛媛県の西南部の山間地域に位置する県内で一番小さ…

  6. 広瀬歴史記念館

    広瀬歴史記念館の見どころ!偉人広瀬宰平の功績を代々に伝える広瀬歴史記念館!【愛媛県新居浜市】

    広島県新居浜市にある広瀬歴史記念館は、日本の産業産業に大きな貢献をした…

スポンサーリンク

カテゴリー

  1. 三豊市

    蔦島の見どころ!無人島体験を楽しもう! 【香川県三豊市】
  2. 三重県

    尾鷲市の観光スポット情報!昔ながらの自然と豊かな環境が魅力いっぱい!【三重県尾鷲…
  3. ベイサイドプレイス博多

    ベイサイドプレイス博多の見どころ!博多への海の玄関口!【福岡県福岡市博多区】
  4. 佐賀県

    ミレニアム大公孫樹は国の天然記念物!その特徴と周辺の観光イベント情報【佐賀県西松…
  5. 岡山県

    泉山の見どころ!独立峰からの展望は最高!【岡山県苫田郡鏡野町】
PAGE TOP