愛媛県

子規堂で正岡子規を感じる旅をしよう!【愛媛県松山市】


愛媛県松山市にある子規堂は、「正岡子規」が17歳まで暮らした家を復元した記念堂です。 堂内では、直筆原稿・遺品などを多数展示しており、彼にまつわる様々なエピソードに触れることが出来ます。それでは、子規堂について詳しくみていきましょう!

スポンサードリンク

子規堂のはじまりとは?

愛媛県松山市にある子規堂は、松山市湊町4丁目1番地に建てられていた「正岡家」旧居の一部を移して建てたことが始まりです。

その後、昭和8(1993)年に焼失、後に昭和10(1935)年に再建しますが、再び戦火により焼失してしまいます

現在の子規堂は昭和21(1946)年に子規の妹「律子」氏が遺した記録図と友人「柳原極堂」氏の記憶に基づき、当時の居宅の構造をそのまま再現したものとなります。

昭和23(1948)年10月28日、埋髪塔と同じく愛媛県の「記念物・史跡」に指定されています。 

正岡子規とその仲間達をご紹介!

正岡子規-まさおかしき

正岡子規は、慶応3年9月17日-明治35年9月19日 ご存じ、我らが「正岡子規」は伊予国温泉郡(現愛媛県松山市)で生まれ育ちました。

日本の近代文学に多大な影響を及ぼした明治時代を代表する文学者の一人です。

本名は常規(つねのり)、幼名は処之助(ところのすけ)で、のちに升(のぼる)と改名。俳句・短歌・新体詩・小説・評論・随筆など幅広い創作活動を行いました。

夏目漱石-なつめそうせき

松目漱石は、慶応3年1月5日-大正5年12月9日 本名は金之助(きんのすけ)、東京生まれで子規とは大学時代に知り合い共に俳句を学んだそうです。

帝国大学英文科卒業後、松山の中学校教師熊本高等学校(現熊本大学)教授として務めた後にイギリスへ留学し帰国後、東京帝国大学講師として英文学を講じながら雑誌「ホトトギス」で執筆活動を行いました

これが有名な「吾輩は猫である」であり、後に「坊っちゃん」「倫敦塔」などを書くこととなります。

柳原極堂-やなぎはらきょくどう

柳原極堂は、慶応3年2月11日-昭和32年10月7日 本名は正之(まさゆき)、幼名は喜久馬(きくま)。子規にとっては中学生の頃からの友人であり、彼と一緒に松山中学を中退し上京しました。

明治29年、子規から号を「極堂」とするよういわれ、 以後これに従い明治30年、子規と共に月間俳誌「ほととぎす」を創刊

その後、海南新聞の編集長になり松山市会議員にも四度も選ばれ彼の生涯は子規研究およびその顕彰に捧げられました。今の歴史と文化漂う松山市になくてはならない人物です。

スポンサーリンク

子規堂と合わせていきたい!正岡子規巡りスポット 

●旅立ちの像

旅立ちの像は子規が25歳のころに箱根の関所近くで撮った写真をもとに曽我光四郎(故)氏の古希に併せて平成10年9月19日に建立されました。

阿部誠一氏作で、「最も偉大な俳句の詩人、正岡子規が文学探究のために、まさに旅立とうとしている」と英文で書かれています。

●子規の勉強部屋

子規の勉強部屋は三畳の小部屋となっており、子規が松山中学に入ってから増築してもらった勉強部屋だそうで、天井もない粗末なものです。

この部屋で作った文章には、13歳の時には雅号を『櫻亭仙人』14歳では『老櫻漁夫』15歳では『香雲散人』と、庭の桜の老樹の影響で「櫻」にちなんだ雅号を用いていたそうで子規という雅号は明治22年からです。

●市民から愛されている坊っちゃん列車! 

松山市が誇る「坊っちゃん列車」は明治21年から昭和29年までの67年間(昭和29年まで)にわたり運行してきたものを再現しました。

駅員さんの制服も魅力的で日本最古の軽便鉄道です。夏目漱石の小説「坊っちゃん」の主人公「坊っちゃん」が乗った事から坊っちゃん列車と呼ばれ市民から愛されています。

●埋髪塔

埋髪塔は明治37年(1904年)に亡くなった子規の遺髪を埋葬した石塔です。子規の3周忌に正宗寺の住職「仏海」氏によりたてられ拝石に彫られた子規像と文字は「下村為山」氏の手によって書かれたものです。

子規堂の基本情報

  • 〒790-0023 愛媛県松山市末広町16-3正宗寺内
  • Tel: 089-945-0400 Fax:089-947-0495
  • info@shikido.ehime.jp
  • 入館受付:8:30~17:00 ※最終入館16:40
  • 入館料:大人50円
  • 休館日:年中無休
  • 駐車場:バス有料 ※隣接100円パーキングは違います
  • 車:松山自動車道松山インターから国道33号を3キロメートル走った天山交差点を左折、松山環状線を800メートル走った朝生田西交差点を右折、1.5キロメートル
  • 最寄駅:伊予鉄道松山市駅から徒歩3分

子規堂で正岡子規を感じる旅をしよう!【愛媛県松山市】のまとめ

今回は愛媛県松山市の子規堂をご紹介しました!愛媛、というより日本を代表する「俳聖:正岡子規」の存在を少しでも身近に感じてもらえたでしょうか。歴史や文化を肌で感じられる旅は、なかなか味わえるものではありませんよね。もっと知りたい!そんな方は是非、子規堂までお越しください!時を超えた魅力がお待ちしています!

 

関連コンテンツ

ピックアップ記事

  1. 男鹿半島を遊覧船で島めぐり!【秋田県男鹿市】
  2. レゴランドではこどもが主役!大人も楽しめる!【愛知県名古屋市港区】
  3. 沼ノ沢駅の今は?レストランも要チェック!【石勝線全駅制覇⑨】
  4. 秋田県北秋田市は山や川の恩恵が豊か!北秋田市の魅力的な観光スポットは?【秋田県北…
  5. 八坂神社の見どころ!神社巡りが好きな方におススメ!【秋田県山本郡藤里町】

関連記事

  1. 愛媛県

    松山総合公園の楽しみ方は?展望塔からの眺めと夜景とドッグラン!【愛媛県松山市】

    愛媛県松山市にある松山総合公園は中心部から少し西寄りの、山の上にある公…

  2. 愛媛県

    マイントピア別子は東洋のマチュピチュ!【愛媛県新居浜市】

    愛媛県新居浜市にあるマイントピア別子は、日本三大銅山のひとつであった別…

  3. 四国中央市

    愛媛県四国中央市の見どころ!自然を感じ、歴史を見る!【愛媛県四国中央市】

    愛媛県の四国中央市には魅力的な観光スポットがたくさんあります。お寺や神…

  4. 八幡浜市

    明治の街並みの見どころ!明治ロマンに浸ろう!【愛媛県八幡浜市】

    愛媛県八幡浜市にある明治の街並みは当時の日本人の生活や風景などを再現し…

  5. 愛媛県

    鉄道歴史パークinSAIJOの見どころをご紹介!鉄道の歴史を堪能しよう!【愛媛県西条市】

    愛媛県西条市の「鉄道歴史パークinSAIJO」はJR伊予西条駅の東側に…

  6. 愛媛県

    湯神社の見どころ!道後温泉の守護神社!【愛媛県松山市】

    愛媛県松山市の湯神社とはその名のとおり湯つまり道後温泉を守護する神社で…

スポンサーリンク

カテゴリー

  1. 備中高松城

    備中高松城跡公園の見どころ!戦国時代の激戦地!【岡山県岡山市北区】
  2. 岐阜県

    岐阜県飛騨市の見どころ9選!里山と古き良き日本の原風景を感じる!【岐阜県飛騨市】…
  3. 奄美市

    鹿児島県奄美市のおすすめ観光スポットまとめ!大自然が美しい街【鹿児島県奄美市】
  4. 徳島市

    新町川水際公園の見どころをご紹介!阿波踊り期間は特に必見!【徳島県徳島市】
  5. 与謝郡

    京都府伊根町の見どころ8選!舟屋と新鮮な魚介類があふれるまち【京都府与謝郡伊根町…
PAGE TOP