愛媛県

一草庵は自由律の俳人・種田山頭火が最晩年を過ごした住処!【愛媛県松山市】


愛媛県松山市にある一草庵は、自由律の俳人・種田山頭火が放浪の果てに安住の地として選んだ草庵で、御幸寺が納屋として使っていた建物を住居として改造し、山頭火が亡くなるまでの10か月を過ごしました。一草庵の歴史を知ると、愛媛県松山市での観光や旅がより一層深く思い出深いものになること間違いなしですので、ぜひご一読ください!

スポンサードリンク

一草庵の歴史を知っておこう!

一草庵山頭火が亡くなるまでの10か月後以降も、何人かの人が住んでいましたが老朽化の為、昭和27年に当時の愛媛県知事・久松定武を会長とする「山頭火顕彰会」が浄財を集めて新たに庵を新築し、10月11日に落成式と山頭火の13回忌法要が行われました。

昭和55年には、一草庵が「山頭火顕彰会」から松山市に寄贈され、それ以来は松山市が管理する施設になっています。

平成19年10月から隣接する用地を取得して、山頭火に関する資料が展示された休息所等の建設が始まり、平成21年3月に完成し、その工事に合わせて一草庵の改修も行い、昭和27年の再建時の姿が蘇りました

また、敷地内には山頭火の4つの句碑が建立されています。庵の外観は1年を通して自由に見学できる他、休日には室内の見学も可能で、案内人から説明を聞くこともできます

趣ある庭の風景を望みながら憩いのひと時が過ごせます

一層庵は伊予鉄バスの護国神社前のバス停を降りてから徒歩5分のところにあります。なお、一草庵周辺には駐車場がありませんので、公共交通機関を利用することをお勧めします。

自由律の俳人・種田山頭火ってどんな人?

種田山頭火は、山口県防府市に大地主の長男「種田正一」として生まれました。彼の父は村の助役を務めていましたが、妾を持ち芸者遊びに夢中になり、これに苦しんだ母は山頭火が10歳の時に自宅の井戸に投身自殺しました。

この出来事が彼の人生に大きな衝撃を与え、行乞(ぎょうこつ)の人生の発端もここから始まりました。彼は私立周陽学舎(現・防府高校)を首席で卒業し、明治35年に早稲田大学文学部へ進学しましたが、その2年後に神経衰弱の為に中退

彼は帰郷して父と酒造業を営みましたが、やがてそれも倒産に追い込まれます。その後も弟の自殺や母親代わりの祖母の死、離婚、父の死、関東大震災と、彼の人生には次々と悪運が立ち込めます

不甲斐ない自分を忘れようと、酒におぼれ生活が乱れる毎日が続いた末、彼は路面電車の前に立ちはだかって急停車させる事件を起こしてしまいましたが、市内の報恩禅寺の住職・望月義庵に助けられ寺男となりました

翌年にはこれが縁で彼は出家して「耕畝(こうほ)」と改名し、味取(みとり)観音堂の堂守となり、その翌年には寺を出て雲水姿で西日本を中心に行乞の旅を始め、句作を行いました

昭和7年には郷里山口の小群町(現・山口市小群)に「其中庵(ごちゅうあん)」を住居とし、その後も彼はいくつかの地方を旅しては数々の作品を残しました。そして昭和14年には松山市へ移住して「一草庵」に住み、翌年に58年で生涯を閉じるまでこの庵で過ごしました

彼は14歳の頃から文学に親しんでおり当時の学友達と回覧雑誌を作っていたことからその萌芽を見ることができます。その後大正2年には、荻原井泉水に師事し、自由律俳句雑誌「層雲」に投句を始めました。「層雲」との関わりの中で、その句友達が彼を支えています

季語や五・七・五という俳句の約束事を無視し、自身のリズム感を重んじる前衛的な「自由律俳句」の代表として、山頭火は同じ井泉水門下の尾崎放哉と並び称されています

両者とも酒癖によって身を持ち崩し、師である井泉水支持者の援助によって生計を立てているところが似通っていますが、その作風は正反対で「静」の放哉に対して、山頭火の句は「動」という風になっています。

スポンサーリンク

一草庵施設のご紹介!

○一草庵


現在の一草庵は、昭和27年に改装されたもので、平成20年からの整備でも改修されています。通常は外観見学のみで窓越しに室内の様子を伺えますが、室内見学ができる休日には県内外を問わず、多くの人々で賑わいます。案内人の説明を聞いたり、ゆったりとくつろぐことができる他、不定期でイベント等も開催されています。

○御幸寺

一草庵のすぐ背後にあるお寺で、御幸寺山の登山口の前に建っています。また、本堂を覗くと天狗様の像を見ることができます

○御幸寺山

御幸寺本堂の横には御幸寺山の登山口があります。そこから山頂までの登山コース内にはロッククライミングの練習に適した岩場がある他、山頂では岩が高々と積まれた祠や、遠く石鎚に向かって立てられた鳥居を背景に、松山の市街地を一望することができます。

○休憩所の展示

平成20年から平成21年にかけて新設された休憩所の壁には山頭火に関するパネル展示等が設置されており、休憩しながらパネルで山頭火の人生を学ぶことができます。

句碑

一草庵の庭には山頭火の句にちなんだ樹木が植えられ、4基の句碑が建立されています。なお、山頭火の句は短い句が多い為に色々な解説がされていますが、当時の彼の背景を考えながら自分なりの読み方をするのが最も味わい深い鑑賞方法だと言えるでしょう。

一草庵は自由律の俳人・種田山頭火が最晩年を過ごした住処!【愛媛県松山市】のまとめ

一草庵が種田山頭火の終(つい)の住処であることをご紹介しました。波乱の人生を歩んだ自由律の俳人として知られる山頭火が余生を過ごした舞台として、ぜひこの一草庵で前衛的な俳句の世界と触れ合う時間を体感してみましょう! きっと、これまでの俳句の常識を覆した俳人の凄さが実感できるはずです!

 

関連コンテンツ

ピックアップ記事

  1. 横手の雪まつり(かまくら・ぼんでん)の見どころ情報【秋田県横手市】
  2. ハチ公よさこい祭りの見どころ情報【秋田県大館市】
  3. 秋田県八峰町の観光スポットは?大自然の恵みに感謝!【秋田県山本郡八峰町】
  4. サルスベリ並木の見どころ!爽快にドライブを楽しもう!【秋田県南秋田郡井川町】
  5. 秋田県大仙市の観光スポットは?大曲の花火に唐松神社など【秋田県大仙市】

関連記事

  1. 愛媛県

    別子飴本舗は職人のこだわりが詰まった老舗飴屋!【愛媛県新居浜市】

    愛媛県新居浜市にある別子飴本舗は創業明治元年の老舗飴屋です。創業以来の…

  2. 今治市

    愛媛文華館の見どころ!近代的な外観が立派【愛媛県今治市】

    愛媛県今治市は愛媛文華館は国内外の美術工芸品を数多く所蔵した美術館です…

  3. 愛媛県

    愛媛県西予市の見どころ7選!海、里、山、自然を満喫できる観光名所は?【愛媛県西予市】

    愛媛県西予市は東に山、西に海を望む愛媛県の西部に位置し、東西に長い盆地…

  4. 四国中央市

    新宮あじさいの里は約2万株のあじさいが色とりどりに咲き誇る!【愛媛県四国中央市】

    愛媛県四国中央市にある新宮あじさいの里は、約4ヘクタールの広大な山里に…

  5. 愛媛県

    子規堂で正岡子規を感じる旅をしよう!【愛媛県松山市】

    愛媛県松山市にある子規堂は、「正岡子規」が17歳まで暮らした家を復元し…

  6. 今治市

    亀老山展望公園で瀬戸内海の雄大な絶景を拝もう!【愛媛県今治市】

    愛媛県今治市にある亀老山展望公園は、瀬戸内海中部に位置する大島の「亀老…

スポンサーリンク

カテゴリー

  1. 佐賀県

    ミレニアム大公孫樹は国の天然記念物!その特徴と周辺の観光イベント情報【佐賀県西松…
  2. 住吉区

    大阪市住吉区は万葉集にも登場する町!見どころスポットまとめ【大阪府大阪市住吉区】…
  3. 塩見縄手

    塩見縄手の訪問レポート!堀端の城下町通りは散策にピッタリ!【島根県松江市】
  4. 宿毛市

    沖の島の見どころ観光情報!オススメがたっぷり【高知県宿毛市】
  5. 青森県 平内町 浅所海岸 ハクチョウ

    平内町

    青森県平内町の観光スポット情報!絶品を堪能、絶景に感動するならココ!【青森県東津…
PAGE TOP