弘前市

弘前市立観光館は駐車場完備!お土産屋さんやレストランもあり観光拠点にぴったり【青森県弘前市】


青森県弘前市の弘前市立観光館は、弘前公園のすぐそば、追手門広場の一角に位置します。こちらでは観光コンシェルジュによる観光案内をはじめ、観光の目的に応じて様々なガイドマップを提供しています。観光に関する総合案内のインフォメーションカウンターがあり、ホテル旅館の空室情報も案内しています。また、館内には津軽の民工芸品の展示・大型ねぷたの展示などがあり、更にお土産の揃う物産販売コーナー・レストランがあり、大変便利に利用することができますよ。

スポンサードリンク

弘前市立観光館

弘前市立観光館は追手門広場内にあります。

観光コンシェルジュが在中しており、観光案内をはじめとする様々なガイドマップなどの提供を行っています。

他にも

  • 自転車のレンタルサービス
  • 長靴の無料貸し出し(冬期間)

なども行っており、弘前市の観光拠点として利用することができます。

山車展示館(別館)

現存する弘前市内各町会の山車と、弘前ねぷたまつりの際に出陣する、津軽剛情張大太鼓が展示されています。

弘前ねぷたまつりに訪れた際は、ねぷたまつりの前に見学されることをおすすめします。

ねぷたまつりの歴史や流れなどを理解でき、さらに楽しめるようになりますよ。

見学可能時間:9:00~18:00
休館日:年末年始(12月29日~1月3日)
入館料:無料

弘前市立観光館 1階

まず目に入るのは、夏の風物詩でもあるねぷたまつりの山車です。

そして散策プランなど、弘前市の観光に関する事がなんでも相談できるインフォメーションがあります。

お土産「さくらはうす」

さくらはうすは、弘前市のお土産が揃う物産販売コーナーです。

伝統工芸品である津軽塗や、ブナの木を使用したブナコ、りんごを使用した商品などが取り揃えられており、一見の価値があります。

郷土料理 レストラン追手門

60人が収容可能なお食事処で、弘前観光の休憩に立ち寄れます。

メニューには、津軽そばやけの汁など青森の郷土料理があり観光客の方が多いようですが、中には地元の方も訪れているようです。

弘前公園周辺にはあまり食事をするところがないため、訪れた際はこちらの利用がおすすめです。

営業時間:10:00~18:00(ラストオーダー:17:30)
定休日:不定休
問い合わせ先:0172-37-1002

▼弘前公園前でカフェ休憩を行う際は、スターバックスもあります。

弘前公園前店スターバックスは有形文化財!限定びいどろグラスも!【青森県弘前市】

弘前市立観光館 2階

2階の展示スペースには軽塗コーナー・民工芸品コーナーがあり、津軽の風土が生んだ伝統工芸品を見ることができます。

津軽塗は下地から完成までの48もの工程が分かりやすく展示されており、人気となっています。

津軽塗にご興味がわいた際は、近隣にある津軽藩ねぷた村がおすすめです。

ここでは、津軽塗の体験を行うことができるのです。

津軽三味線の演奏体験や民芸品の製作体験など種類は様々ですので、津軽塗以外にも気になるものがありましたらぜひ訪れてみてください。

▼津軽藩ねぷた村についてさらに詳しくは以下の記事をご覧ください。

津軽藩ねぷた村で三味線体験や絵付け!入場料や所要時間は?【青森県弘前市】

多目的ホール

弘前市立観光館には、有料の貸会場である多目的ホールがあります。

観光や物産、郷土などを目的とした講演会や研修会など、利用方法は実に様々です。

スポンサーリンク

弘前市立観光館の利用方法

インフォメーションでは観光に関する様々な相談に乗ってくれるとご説明しましたが、観光スポットをはじめとし、宿泊先についての相談をすることもできます

特産品の販売場所やレストラン、ねぷたの展示やねぷたまつりの歴史など、気になることがあればぜひ相談してみましょう。

  • お囃子の実演・体験
  • 津軽三味線の生演奏(時間が決まっています)

などもあり、観光について相談しながら、それと併せて弘前の観光を凝縮したような体験ができます。

弘前観光を行う際は、まずは弘前市立観光館から立ち寄ってみてください

弘前市観光館の基本情報

住所

青森県弘前市下白銀町2-1

営業時間

9:00~18:00
さくらまつり・弘前ねぷたまつり・雪灯篭まつり期間中は延長

アクセス

JR弘前駅より徒歩30分
JR弘前駅より弘南バス「駒越線」または「茂森新町線」乗車 15分、「市役所前」下車 徒歩1分
JR弘前駅より「土手町循環100円バス」乗車 15分、「市役所前」下車 徒歩1分

休館日

年末年始(12月29日~1月3日)

入館料

無料

地下駐車場

収容台数100台の大きな地下駐車場が完備されています。

利用時間:8:00~22:00(22:00以降は出庫不可)
最初の1時間は無料、以降30分毎に100円
夜間駐車:540円(22:00~8:00)

弘前市観光館の周辺の観光お祭り情報

弘前城「弘前さくらまつり」

日本七名城のうちの一つとも言われているのが弘前城です。

弘前公園で行われる「弘前さくらまつり」は、日本全国から観光客が訪れるほどの人気となっています

花びらが弘前城の堀、水面を流れていく「花筏(はないかだ)」や、堀を埋め尽くす「桜の絨毯」など、圧倒される桜の景色が広がります。

以下にも選ばれた弘前公園の桜を、ぜひご自身の目で見て確かめてくださいね。

  • 日本さくら名所100選
  • 人と自然が織りなす日本の風景百選

弘前城のお勧め情報!桜と紅葉が素敵な日本七名城の一つ!【青森県弘前市】

弘前城「雪燈籠まつり」

桜の名所である弘前城は、冬もまた格別です。

みちのく五大雪まつりの一つである「雪燈籠まつり」では、弘前公園内に200基にも及ぶ燈籠や雪像が配置されます。

灯りがともされた、

  • ミニカマクラ群
  • 雪像

は、照明に浮かぶ弘前城とあいまって、幽玄の世界へ誘います

本丸から岩木山に向かって望む蓮池の周りにはローソクを灯したミニカマクラがおよそ300基ほど並び、あたりは雪と光のファンタジーに包まれます

メイン会場の「四の丸」には、大雪像の他にもお子さんが喜ぶ大きな滑り台なども作られることから、ご家族連れにも人気のお祭りとなっています。

弘前市立観光館は駐車場完備!お土産屋さんやレストランもあり観光拠点にぴったり【青森県弘前市】のまとめ

弘前市立観光館は、観光に関する様々な相談に乗ってもらえるだけでなく、広い弘前公園を周遊するのにもぴったりなレンタルサイクルなども取り扱っています。お土産やレストランなどもそろっていますので、弘前観光の拠点としてぜひ利用してみてください。

 

関連コンテンツ

ピックアップ記事

  1. コブ杉の見どころ!神秘的な森を堪能しよう!【秋田県北秋田郡上小阿仁村】
  2. 比内とりの市ってどんなイベント?【秋田県大館市】
  3. 横手やきそば四天王決定戦の見どころ情報【秋田県横手市】
  4. 角館武家屋敷通りの見どころ!紅葉がライトアップ!【秋田県仙北市】
  5. 廃止された十三里駅・楓駅・登川駅の歴史とは?【石勝線全駅制覇⑧】

関連記事

  1. 弘前市

    最勝院五重塔「大円寺の宵宮」は弘前市で一番大きく人気【青森県弘前市】

    青森県弘前市にある金剛山最勝院の五重塔は、国指定重要文化財です。全国で…

  2. 青森県 三沢市 青森県立三沢航空科学館

    三沢市

    三沢市の観光スポット情報!アメリカ人も多く住む町!【青森県三沢市】

    三沢市は、青森県の東に位置している市です。米軍の三沢基地があり、ここに…

  3. 五所川原市

    音次郎温泉は市民に愛され続ける温泉!営業時間は早朝の5時から!【青森県五所川原市】

    青森県五所川原市の音次郎温泉は、街中にある昔ながらの銭湯のような雰囲気…

  4. 弘前市

    旭松堂はバナナ最中やエンゼルケーキが人気!大正5年創業の実績でお土産にもおすすめ【青森県弘前市】

    青森県弘前市にある旭松堂は、大正5年創業の、青森県の南西にあるお菓子屋…

  5. 棟方志功記念館

    棟方志功記念館の油絵と版画を見る!バス&駐車場情報も!【青森県青森市】

    青森県青森市にある棟方志功記念館は、青森が生んだ世界に誇る板画家、棟方…

  6. 青森県 黒石市 中町こみせ通り 

    中町こみせ通り

    中町こみせ通りは日本の道百選!黒石の歴史が感じられる観光名所!【青森県黒石市】

    青森県黒石市にある中町こみせ通りは、日本の道百選にも選ばれている観光ス…

スポンサーリンク

カテゴリー

  1. 岡山市

    下石井ラーメンストリートの見どころ!ラーメンの激戦区!【岡山県岡山市】
  2. 山形県 大江町 大朝日岳 雲滝

    大江町

    山形県大江町は自然と調和した町!大江町のおすすめ観光スポット7選【山形県西村山郡…
  3. 広島市

    ブルーベリー祭りも開催中!若者向けショッピングモール!サンモール【広島県広島市】…
  4. アイキャッチ画像

    奥日立きららの里

    「奥日立きららの里」の見どころ!超長いスライダーが魅力!【茨城県日立市】
  5. 中区

    名古屋市中区の都会と歴史的風景が共存する厳選観光スポット【愛知県】
PAGE TOP