秋田県

能代七夕「天空の不夜城」で灯籠が夜空を彩る!【秋田県能代市】


秋田県能代市の能代七夕「天空の不夜城」は、能代に古くから伝わる七夕の伝統行事を約1世紀ぶりに復活させたものです。江戸の後期から明治にかけて、能代夏になると運行されていた城郭灯籠が蘇り、能代の夏の夜を彩ります。能代七夕「天空の不夜城」の美しさは、間近でみると息をのむほどです。是非、実物の美しさを堪能して下さい。

スポンサードリンク

能代七夕「天空の不夜城」が一世紀ぶりの復活!その歴史とは?

能代に伝わる灯籠の行事のはじまりは、江戸の後期までさかのぼります。

その頃から明治にかけて、太鼓、笛、田楽と呼ばれる長方形の灯籠を頭に乗せた子供たちが、巨大な鯱を冠した城郭型の灯籠を引いて町中を練り歩くという行事がありました。これが、能代に古くから伝わる七夕の伝統行事です。

灯籠の設計図は残っていませんが、天保時代(1830年~1844年)に、名古屋城を模した城郭型の灯籠が作られたことがきっかけで、城郭型灯籠の大型化が進み、 なんと高さ五丈八尺(17.6m)もある灯籠も作られたと文献に記されています。

しかし、その後は電気の普及によって町中に電線が張り巡らされたことで、当時のような巨大な灯籠で練り歩くことは不可能になってしまいました。しかし、電線を通る際に灯籠を倒して歩くなど、形を変えて現在まで行事は引き継がれました。

そして、平成24年に能代市の101号線にある電線の地中化が完了したことで、当時のような五丈八尺の高さの灯籠が通ることが可能になりました。それをきっかけに大型の灯籠を復活させたのが、能代七夕「天空の不夜城」です。

能代七夕「天空の不夜城」の見どころは?

能代七夕「天空の不夜城」に登場する巨大城郭灯籠は二基あります。

pixta_11762340_s-min

2013年夏に完成した一基目は「嘉六(かろく)」という名の高さ5丈8尺(約17.6m)の大型城郭灯籠です。嘉六の名前の由来は、現在の城郭灯篭の原型を作ったとされる江戸時代後期の大工、宮腰屋嘉六の功績をたたえ、その名にちなんでつけられました。

2014年夏には、なんと高さ24.1mの超大型城郭灯籠「愛季(ちかすえ)」が完成しました。もちろんこの巨大な城郭灯籠は、日本一の大きさです。

愛季とは、能代の檜山城城主、安東愛李のことです。愛季には、安土桃山時代の織田信長と安東愛李の歴史が、絵巻物風に描かれています。

”巨大絵巻”でもある城郭灯篭には、7段にわたって、それぞれの段に戦国大名の物語が描かれています。紅白の幕や桜、牡丹の花と家紋など、それぞれの段に色鮮やかな絵と細部にわたる繊細な装飾が施されています。夏の夜空に煌々と光る鮮やかな巨大灯籠が練り歩く姿は、まさに圧巻の一言です。

当時の設計図はなく、文献や写真を基に現代によみがえらせました。

スポンサーリンク

おすすめポイントは?

能代七夕「天空の不夜城」は、毎年8月の上旬に行われます。

2016年は、8月3日(水)と4日(木)の2日間にわたって行われました。二基の大型城郭灯篭が太鼓やお囃子と共に市内を練り歩く姿は、大迫力で圧倒される眺めです。巨大な城郭灯篭が鮮やかに照らし出され、能代の夏の夜空を彩ります。

まるで闇夜に光の城が浮いているようで、とても幻想的な眺めです。

運行コースは、能代市役所から昭南町交差点の往復となっています。約2.3kmのコースですが、おすすめは燈籠が方向転換するシーンです。運行コースの途中で見るのも楽しめますが、一番迫力を感じたいなら、どちらかの地点で折り返しを待って観るのがおすすめです。

巨大灯籠が街中を練り歩くのは能代七夕「天空の不夜城」の開催される日だけですが、灯籠を見るだけなら、チャンスは他にもあります。

能代七夕「天空の不夜城」が開催される期間の大体前後一週間くらいの間、嘉六と愛季の二基の巨大灯籠が展示されます。天候によって展示期間が変更になる場合があるので、観光に行く場合は、事前にホームページなどの確認を!

実際に見た方の口コミは?

現代に復活した豪快な祭りである能代七夕「天空の不夜城」は、能代の夏の風物詩です。訪れた人の口コミや感想を参考に、一番楽しめる穴場ポイントなど、楽しみ方を探してみるのもおすすめです。

「すごく綺麗なおまつりです。これ以上に素晴らしいものを見たことがありません。極彩色に輝く山車が忘れられません。一生に一度と言わず何度でも見たい絶景です。ぜひとも、一回は見ておいて欲しいと思いました。とてもおすすめします。」

「この七夕祭りを見るために、遠くから足を運びましたが本当に来てよかったと思っています。もう、これに勝るお祭りは二度と見られないかも?とまで思っています。本当に来て良かったです。ぜひともまた訪れたいです。」

「すごくきれいな祭りが見られて、本当に来てよかったと思いました。人も沢山いて、とても賑やかで活気があって、最初から最後までとても楽しめました。お祭りとしては最高です。一回行っておいて損は無いと思いますよ。」

などがありました。

能代七夕「天空の不夜城」の基本情報

  • 名称:能代七夕「天空の不夜城」
  • 住所:秋田県能代市元町11-7
  • 電話番号:0185-52-6344
  • アクセス方法:JR能代駅からタクシーで5分 能代南ICから車で10分

能代七夕「天空の不夜城」で灯籠が夜空を彩る!【秋田県能代市】のまとめ

一世紀もの時を経て蘇った能代七夕「天空の不夜城」は、江戸時代から続く能代の夏の風物詩です。巨大な城郭灯籠の美しさは訪れる人の目を釘付けにします。まさに、現代によみがえった芸術作品です。巨大な城郭灯籠が夏の夜空を眩しく鮮やかに彩りながら練り歩く姿を見られるのは、この能代七夕「天空の不夜城」だけ!一生に一度は見ておきたい、そんな素晴らしい行事です。

 

関連コンテンツ

ピックアップ記事

  1. 秋田駒ヶ岳の見どころ!美しい山の風景を楽しもう!【秋田県山本郡藤里町】
  2. 大曲の花火大会の見どころ情報【秋田県大仙市】
  3. 上桧木内の紙風船上げとは?【秋田県仙北市】
  4. 秋田県大潟村は日本最大の干拓地!大潟村の観光スポットをご紹介【秋田県大潟村】
  5. 八郎湖は釣りの名所!ブラックバスや鯉、ワカサギを釣ろう!【秋田県南秋田郡八郎潟町…

関連記事

  1. 秋田県 上小阿仁村 コブ杉

    コブ杉

    コブ杉の見どころ!神秘的な森を堪能しよう!【秋田県北秋田郡上小阿仁村】

    コブ杉は秋田県上小阿仁村にある神秘的な森でみられる、人気の観光スポット…

  2. ゴジラ岩

    ゴジラ岩で写真を撮ってみよう!【秋田県男鹿市】

    秋田県男鹿市にはゴジラ岩という岩礁地帯にそびえるゴジラ形をした岩があり…

  3. 秋田県 大潟村 八郎潟 夜明け

    大潟村

    秋田県大潟村は日本最大の干拓地!大潟村の観光スポットをご紹介【秋田県大潟村】

    秋田県の大潟村は日本で2番目の面積を誇る湖沼であった八郎潟を干拓して造…

  4. 大館市

    真田幸村の墓で伝説に思いを馳せる!【秋田県大館市】

    秋田県大館市にある真田幸村の墓は歴史好き人たちを中心に人気のあるスポッ…

  5. 千秋公園

    千秋公園で久保田城など歴史に触れる!【秋田県秋田市】

    秋田県秋田市の千秋公園は、JR秋田駅から歩いて約10分の距離にある緑豊…

  6. かまくら・ぼんでん

    横手の雪まつり(かまくら・ぼんでん)の見どころ情報【秋田県横手市】

    横手の雪まつり(かまくら・ぼんでん)は、秋田県横手市で行われている伝統…

スポンサーリンク

カテゴリー

  1. 中山千枚田

    中山千枚田の見どころ!美しい棚田の風景!【香川県小豆島町】
  2. 北宇和郡

    愛媛県北宇和郡鬼北町の見どころ7選!豊かな自然と歴史を満喫しよう!【愛媛県北宇和…
  3. 結城市

    茨城県結城市の見どころ7選!歴史ある町並みが特徴!【茨城県結城市】
  4. 北海道

    北海道木古内町の更木岬沖に眠る軍艦咸臨丸のモニュメントとその歴史【北海道木古内町…
  5. 天童市 若松寺

    天童市

    山形県天童市の見どころ10選!自然や歴史が楽しめる将棋の町の観光スポット【山形県…
PAGE TOP