千種区

日泰寺 日本で唯一の宗派を超えたお寺!【愛知県名古屋市千種区】


日泰寺は愛知県名古屋市千種区にあります。お寺巡りを趣味にしている人の中には、意外に宗派を気にしてしまう人もいるのではないでしょうか?日泰寺は日本で唯一の宗派を超えた寺院です。普通のお寺とどこが違うのか、その独特の歴史と日泰寺の見どころを紹介します。

スポンサードリンク

【日泰寺とはどんなお寺?】

名古屋市千種区の覚王山にある日泰寺は、日本で唯一の宗派を超えた寺院です。

日泰寺はどこの仏教の宗派にも属さず、日本の全ての仏教徒のためのお寺のため、お寺の運営は19ある宗派の管長が3年交代で住職を務めているという、少し変わった運営方法を取っています。

日泰寺は長い歴史のある古刹というものではありませんが、日本で唯一の超宗派のお寺には、実はあまり知られていない特有の歴史があります。

そもそも、なぜこのようなお寺ができたのか、そこには日本とタイ王国との繋がりが関係しています。

お寺の名前である、「日泰寺」の日は日本、「泰」はタイ王国のことを表しており、ふたつの国の強い繋がりがあることを思わせます。

日泰寺が建立されるきっかけとなったのは、明治31年(1898年)に英領インドで仏教の開祖であるお釈迦様の遺骨がイギリス人の研究家によって発見されたことに遡ります。

水晶でつくられた舎利容器(遺骨を入れるための器)に書かれていた古代文字を解読したところ、お釈迦様の骨であると判明しました。

その後、インド政庁へは舎利容器と若干の副葬品が呈出されますが、遺骨については仏教国であったシャム王国(現在のタイ王国)へと譲渡されます。

そしてシャム王国の国王であったラーマ五世が、周辺の仏教国であったセイロンとビルマへ遺骨の一部を譲渡したところ、当時の日本のシャム王国弁理公使であった稲垣満次郎が日本にも是非譲ってくれないかと懇願しました。

その結果、遺骨の一部が日本国民へも下賜されることが決まります

シャム王国より贈られることになった遺骨を安置する際、宗派を越えた寺を建立することを約束し、その候補地を探しました。

当初は様々な意見がぶつかり、まとまらなかった候補地選びも、名古屋の官民一致の誘致運動が功を奏し、現在の場所に建設されることとなります。

そして明治37年(1904年)、お釈迦様の遺骨と黄金の釈迦像を安置する覚王山日暹寺(にっせんじ)が建立されます。

後にシャム王国がタイ王国へ国名を変更した際に、それに合わせて寺の名前も「日泰寺」へ変更されました。

【覚王山の地名の由来】

地下鉄の駅名にもなっている「覚王山」という地名は、実はこの日泰寺の建立に由来しています。

覚王山の「覚王」とはお釈迦様のことを表し、日泰寺を建てる際にお寺につける山号を「覚王」として、覚王山日泰寺と名付けました。

そこから日泰寺を中心として開発された街に覚王山の地名がつけられ(現在残っている町名は覚王山通7・8・9丁目のみ)、地下鉄東山線の覚王山駅や、覚王山商店街などの名称で親しまれるようになりました。

【日泰寺の見どころ】

現在の本堂は昭和59年(1984年)に落成されたものです。

本堂には本尊として釈迦金銅仏が安置されています。

これはお釈迦様の遺骨と一緒に贈られたものです。

その両脇には日本画家の高山辰雄氏によって描かれたお釈迦様の大壁画があります。

遺骨を贈っていただいたラーマ五世の像が建てられ、その足元には国王を護るように2頭の像がお供しています。

タイでは象は特別な動物として扱われ、仏教では白い象がお釈迦様の化身であるとも言われています。

ラーマ五世の像は、昭和62年(1987年)に日タイ修好百周年記念として建てられました。

他にも注意して見れば、本堂の正面にはタイ王国の国旗も飾られており、日本とタイの友好関係を象徴しています。

日泰寺では毎月21日には縁日が開かれ、参道から境内まで多くの出店で賑わい、たくさんの参拝客が訪れます。

その他、3月15日には涅槃会、4月8日の花祭りなど年中行事も多く催されています。

日泰寺を訪れた人の口コミ・感想

日泰寺の魅力に関して、多くの口コミ情報をピックアップしています。ぜひ日泰寺に訪れる前に一度、情報を確認してみるようにすると良いでしょう。

「このお寺、とても有名なお寺だそうで、お釈迦様の骨が祀られているとの事で近くに旅行の際にお参りをしました。ちょうど縁日の日にあたったようで、お寺にしてはとても賑やか、いろんな屋台が出ていて楽しかったです。」

「毎月21日には縁日があるので、それにあわせて毎回お参りしに来ます。最近は夏祭りや大きなお祭りでしか見られない縁日が毎月見られるのでとても楽しませてもらっています。お寺も由緒ある大きなお寺なので、ぜひ足を運んでみてください。」

「立派な本堂と、とても長い参道のお寺でとても広々としています。ネパールの国から譲り受けたお釈迦様の骨が祀られているそうで、私が行った時も沢山の人がお参りしていました。そのあとはのんびり散策、自然を楽しめるしいいと思います。」

<基本情報>

  • 名称:覚王山日泰寺
  • 住所:〒464-0057 愛知県名古屋市千種区法王町1-1
  • 電話番号:052-751-2121
  • アクセス:名古屋市営地下鉄東山線 覚王山駅1番出口より徒歩10分

日泰寺 日本で唯一の宗派を超えたお寺!【愛知県名古屋市千種区】のまとめ

日泰寺は日本とタイの親密な繋がりによってできたお寺です。お寺の中でタイ王国との友好の証を探してみるのも良いでしょう。毎月21日の日には朝9時より縁日が行われ、参道には出店が並びたくさんの人が訪れます。縁日の日を狙っていくのも良いですね。

スポンサーリンク


ピックアップ記事

  1. なまはげ館で伝説に触れよう!【秋田県男鹿市】
  2. フェライト子供科学館は子供も大人も楽しい施設あり!【秋田県にかほ市】
  3. 三峡の秘湯 上畑温泉さわらびの魅力とは?【秋田県横手市】
  4. ハチ公よさこい祭りの見どころ情報【秋田県大館市】
  5. わかつぎ釣りでしのつ湖へ!その釣果は?2017年1月【北海道新篠津村】

関連記事

  1. 愛知県

    知多郡武豊町でおすすめしたい観光スポット9選【愛知県知多郡武豊町】

    知多郡武豊町に行ったら是非足を運んで欲しい、おすすめスポットを紹介しま…

  2. 中区

    名古屋テレビ塔は名古屋のシンボル!【愛知県名古屋市中区】

    名古屋テレビ塔は愛知県名古屋市中区にあります。東京タワーのような知名度…

  3. 幡豆町

    幡豆郡幡豆町の遊覧情報!観光スポット7選【愛知県幡豆郡幡豆町】

    幡豆町はもともと愛知県の南の町であったが、今では西尾市の一部として認識…

  4. 博物館明治村

    博物館明治村の見どころ!帝国ホテル中央玄関など、文化財や近代化遺産の宝庫!【愛知県犬山市】

    愛知県犬山市の博物館明治村には多くの展示物があります。明治に使われたも…

  5. 刈谷市

    一躍有名になった街、刈谷市のおすすめ観光スポット【愛知県刈谷市】

    刈谷市には日本の年間入場者数第三位に輝いた刈谷ハイウェイオアシスがあり…

  6. 愛知県

    愛知県飛島村の厳選観光スポット!昔ながらの自然風景が広がる村の見どころ!【愛知県海部郡飛島村】

    愛知県飛島(とびしま)村は昔からずっと変わらない自然風景に囲まれており…

スポンサーリンク

カテゴリー

  1. 大分県

    旧臼杵藩主稲葉家下屋敷の見どころ!総面積1,000坪の敷地に建つ幕藩期のお屋敷!…
  2. 南区

    熊本県熊本市南区の旧富合町の観光スポット10選!町に息づく歴史のロマン!【熊本県…
  3. 今治市

    糸山公園展望台はしまなみの王道的な絶景を望める!【愛媛県今治市】
  4. おみやげ処富山

    おみやげ処富山は営業時間の長さも魅力!富山県のお土産を買うならここ!【富山県富山…
  5. 水俣市

    湯の児海岸は一度観光すべきスポット!静かな入り江の温泉地!【熊本県水俣市】
PAGE TOP